人気ブログランキング |

「パパがも一度恋をした」 阿部潤

a0079948_8502990.jpg

「パパがも一度恋をした」
(ビッグコミックスピリッツ連載中・コミックス現在1~4巻)

最近、すっかり青年誌を読まなくなってたんだけど、スピリッツを読まないで
いたことを大後悔。こんな問題作…かもだけど、大傑作やってたなんて
知らなかった。ネットで最近面白い漫画として名前が挙がってるのを見かけて
しばらく忘れたんだけど、書店で見かけて「これかー」と思いだし、
ついでに、あまりにもヒマだったので手にとってみたのです。

妻を愛する男・吾郎は、妻の多恵子を愛しすぎて、彼女が死んだあとまる3年自宅に
引きこもり、女子高生の娘の心配などをよそに暗く生きていた。
しかしある日、多恵子は帰ってきた…ただし、ハゲててメタボで加齢臭ただよう
見知らぬおっさんの姿で!

最初は「誰?このおっさん」と、ニュー多恵子を受け入れられない父娘だが、
みそしるの味が、不安なときにかけてくれる言葉が、はにかんだ表情が…
亡き多恵子そのもので、信じざるをえなくなる。

そして、吾郎は、多恵子を(外見がおっさんでも)いとおしく思い始める、
以前のように…。

という、おかしなホームドラマであり、夫婦のラブストーリーです。
基本的にはギャグマンガであり、おっさん多恵子を受け入れるために吾郎は
思い切ってデートをしようとするんだけど、世間の目を意識して「おっさんと
一緒でも変じゃないところ!」と新橋を選んだり、逆に、おっさん姿なのに
多恵子が可愛く見えてきて「俺にとってかわいいって…」と地の果てまで
「かわいいもの」を探す旅に出たり、一生懸命な吾郎の必死ぶりが笑えます。

おっさんにお弁当を作ってもらったり授業参観にこられる娘・トモも、
最初は「やだーこんなの」って感じだったのが、うっかり「ママ」と呼んで
しまうくらいおっさんになじんでいきます。

おっさんの描かれ方が、汗だくなところとかほんとににおいそうに描かれて
いたり、最初読み始めたときは「これ無理かも…」と思ったのですが、
おっさん姿の多恵子がだんだん可愛く見えてくるのが恐い漫画でもあります。

そして、ギャグ漫画のはずなのに私、2回くらい泣いてしまいました。
姿が変わっても家族のそばに帰ってきて幸せそうにつつましく微笑みながら
かいがいしく主婦したりパートに出るおっさん多恵子の可愛さや一途さに。

個人的には、ためしに読んでみようかな、ともし思われたら、最初は2冊
手にするのをお勧め。1巻は、おっさん多恵子の受け入れがたい部分(外見の
キツさとか)がこれでもか、と描かれ、吾郎のうじうじっぷりにも多少
イライラするので…それが2巻以降、吾郎はけなげに(その100倍くらいあほ
だけど)、多恵子はあいらしく(おっさんなのに)見えてくるあたりから
いきなりものすごく面白くなるので。
今一番、ゆくえが気になるラブストーリーです。
by tohko_h | 2011-08-01 08:45 | reading