「むかつく二人」三谷幸喜・清水ミチコ

先日読んだピーコと阿川佐和子の対談本が当たりだったので「対談本なんか
ないかな」と書店で手をつけた三谷幸喜と清水ミチコの対談集は、あまり
面白くなかった。

でもその中で三谷さんがしゃべってた「古畑のシナリオ書いてた時は
殺人トリック考えるのが大変だった」というエピソードはちょっと
なるほどって感じでした。

スポンサーへの配慮で
車で撥ね殺す⇒自動車メーカーが入ってたらNG

食べ物に毒を入れて殺す⇒食品メーカー的にNG

って感じで、殴るか首しめるかくらいしかなくなっちゃうんですって。
なるほどなーって思いました。

そういえば昔、やはりシナリオライターの北川江吏子が、ドラマの中で
携帯電話をかなり遠い距離までぶん投げるシーンを書くときに、ちゃんと
携帯の会社にお伺い立てましたってどこかで言ってたなぁ。

それくらいかな、印象に残った話って。

でもまた懲りずにしばらく対談モノを探したい気分です。
人のおしゃべりも好きなタイプのおしゃべりなんですよね、私って結局。
[PR]
by tohko_h | 2011-08-17 23:38 | reading