人気ブログランキング |

映画「源氏物語 ~千年の謎」

a0079948_1345711.jpg

久々に映画館に行ってきました。
生田斗真主演の「源氏物語」です。とりあえず「あさきゆめみし」と
瀬戸内寂聴や田辺聖子のエッセイなどで一通りの知識は一応あるよ、
くらいの源氏ビギナーの私ですが、映画館のお客さんも、そんな感じの
もっともっと若い娘さんたちから、美熟女的マダムまで。おそらく斗真君ファンから
原作ファンまで、いろいろな人が観に来ていたのだと思われます。

感想としては「源氏物語」のPVだと思って観る映画って感じかな。
若く美しい源氏の青春時代と女たちとのあれこれ、という「源氏物語」のお話が
あって、それを書いている紫式部(中谷美紀。なんとなく、式部ってちょっと
ルックス悪めで妄想好きそうってイメージなのであんな正しい美女式部って
どうなの?と思ったんだけど)と藤原道長(平安装束が神がかり的に似合う東山紀之)、
道長の友人の陰陽師・安倍清明(窪塚洋介)というリアルにいた人たちの生きる
現実のお話と交互に進んでいきます。
源氏に寄せる女たちの思いは、実は紫式部が道長に送り続けたあてのない恋文の
発露でした、みたいな割と普通の展開でした。

ストーリー的には結構端折ってるので、マンガとかで前知識がないと、よくわからないと
思います。特に源氏→藤壺宮(真木よう子。品がない宮様でガッカリ。自分から
源氏を誘うプロの女性みたいだった・・・)への思慕の描写が雑なので、ある夜に
いきなり父親の奥さんを襲った風の素っ頓狂な感じで切なさが来なかったんですよね。
逆に、監督の贔屓なのか、田中麗奈演じる六条御息所が、嫉妬で生霊になった
シーンがとても長く、途中で寝そうになりました。

他にも何人か女性が出てくるんだけど、紫式部以上の美しさや存在感を与えられてる
キャラがいないところが物足りなくて(でも、あとで考えたら、式部が生み出した分身キャラ
なんだから、式部以上の女性じゃなくてもいいってことなのかな、と思いなおしてみた)、
恋愛ドラマとしてはかなり、薄いと思います。

ただ、当時の装束を身につけた生田君とか、部屋の調度とか、舞いや音楽や
行事などがこんな感じだったのかな、という豪華けんらんなあれこれの再現っぷりは
堪能できました。なので、美しい平安時代の空気を吸うための映画としてはこんなのも
ありなのかもしれません。ドラマじゃなくてね。
by tohko_h | 2011-12-15 13:41 | watching