「十二単衣を着た悪魔」内館牧子

a0079948_20341264.jpg
「十二単衣を着た悪魔」内館牧子
あまりにも主人公やヒロインがきらびやかすぎると、
その影にまわされる脇役や敵役に肩入れして小説や映画を
味わってしまうことが時々ある。そうすると、ハッピーエンドや
悪役の失脚に胸がモヤモヤしちゃったり。
かの名作「源氏物語」についても、わりとそうだった。紫上や
藤壺みたいに、源氏に最も愛された部類の女君の気持ち
なんて考えたこと、ほとんどなくて。と同時に、地方出身で
軽く見られがちな明石とか、もののけになっちゃう六条御息所
なんかは、その葛藤やプライドの傷んでいく有様にはしみじみ、させられてしまう。
そのポジション、しんどいよねー、私でも正気じゃやってらんないよ、みたいにね。

しかし、あまりにも「あさきゆめみし」などでの描かれ方が「ただの嫉妬深い
いじわるおばさん」って感じだったこともあり、弘徽殿女御についてあれこれ
考えたことは、なかった。弘徽殿女御というのは、光源氏の父・桐壺帝の正妻。
皇子も産んで、そのブレーンとして後宮では並ぶもののないザ・女王様。
ところが、桐壺帝が、「いとやむごとなき際にはあらぬが」(あまり高い身分では
なかったけれど)愛してしまった桐壺更衣という割と格下の恋人に夢中になり
本妻そっちのけで毎晩彼女の部屋ばかり行くようになってしまい、しかも
更衣に第2皇子(源氏)まで生まれてしまい、かなり焦るわけです。

当時は、今みたいに「長男の皇子が次期天皇」という皇室典範的定めはまだなくて、
天皇が気に入った方を東宮(次期天皇となる皇子。ほかの皇子とは違う特別な存在)に
しようと思えばできた。それゆえ「自分の息子を次の天皇に!」という弘徽殿女御&その
一族の野望が危うくなるわけです。お気に入りの恋人の産んだ皇子の方を跡目に
指名されたらどうしたものかと。しかも、その皇子はものすごい美少年で「光君」なんて
呼ばれちゃうほど華があり(当時の貴族社会ではルックスも結構大事だったのかも)
更に頭のできもよいのですから。で、主人公の光源氏の失脚を誰より願っているのが
弘徽殿女御なのです。

なので、光源氏のピンチとなるとイキイキして「ほら見たことか」的リアクションを取る。
そんな出番が多いんですね。素直な読者なら「なんて嫌な女なんだろう! 邪魔者!」
みたいに思って読むわけです、たぶん。

ところが、内館さんは、この「寵愛を格下の女にもっていかれ、自分の息子を東宮に
するために邪魔な源氏排斥に燃える」というバイタリティのある弘徽殿女御の
宮廷での政治家ぶり、頭の良さに惚れ込んで、ついに彼女をヒロインにした小説を
書いちゃったのです。これがすごく面白くて! 私も今「源氏物語の女性キャラで
誰に魅力を感じる?」と聞かれたら、うっかり、弘徽殿女御って言っちゃいそうな勢い。
かなり、クレバーでワイルドな女性なんだぜぇ~。

そんな弘徽殿女御のもとに未来からタイムトリップしてきたのは、就職試験に落ちまくり
二流大学を出てそのあとの人生どうしたものかと行き詰まりがちなフリーアルバイターの
平成を生きる男の子・雷くん。弟は現役で国立大の医学部合格・インターハイ出場経験アリ・
モデルのようなスタイルとルックス、と、平成版光源氏みたいなのに、俺は平凡だなー、
でも弟の大学の合格祝いは言ってあげたいな、と思ってる優しい奴なのですが。ところが
弟の大学合格の日になぜか巨大な火の玉に家の前で襲われて気を失い、気づくと、
「源氏物語」の物語の中にトリップしているのでした。タイムトリップじゃないんですよね、
これって。お話の中に入り込んじゃったんですよね、要は。バイトで「源氏物語の世界展」
の展示の仕事をしてたので、手元にパンフレットを持っていたため、なんとかアドリブで
いろんな人と話をしているうちに、これは、敵役の弘徽殿女御の自宅だとわかる雷。

でも、彼女の家にお世話になって、いろいろ話をしているうちに「悪い人ではなくて、
この時代に生きるには積極的で頭が寄すぎるんだ、この人」と雷くんは気づくのです。
現代社会のキャリアウーマンとしてだったら、かなりいい線行くんじゃないか。
結婚した桐壺帝よりも、その間に成した息子(第一皇子)より、もっとずっと聡明な女性。
それゆえに、自分の立ち位置のややこしさ、実家の思惑なんかも分かりすぎるほど
分かっていて、ほかの姫君キャラより全然面白い女なんだけど、幸せではなさそう。
※キャリアウーマンタイプが天皇家ってやっぱり難しいのかなぁ

弘徽殿女御に仕える身となり、なんと、雷は、陰陽師待遇でこの時代の一員となります。
数日のタイムスリップではなく、20歳そこそこだった彼が、中年の男性になるまで、
何十年もこの世界で生きて、貴族たちの喜怒哀楽を目にする、というこの設定が
絶妙でした。主人公の雷も、ただの現代人の視点を持つ者としてではなく「源氏物語」の
当事者の一員として色々な登場人物と会い、話をして、関わっていくのです。

雷の目を通してみると、源氏物語のキャラクターたちは、今までのイメージと全然
ちがってて、でもそれぞれ魅力的なのです。雷は、できの良い弟を持った長男、として
第一皇子に肩入れして、源氏に対しては最初は複雑な感情を抱くのですが、彼とも
不思議な絆が生まれていくのが面白いところです。

好きな小説や映画の登場人物と恋愛したり友達になったりしてみたいな、という妄想を
したことがある人は少なくないと思いますが、この小説は、その「源氏物語バージョン」を
満喫できます。惟光(源氏の従者)と酒を飲んだり、弘徽殿女御の本音にびっくりしたり、
そんな、等身大の源氏物語、文字通り、寝食忘れて一気読みしちゃいました。

ちなみに私、主人公の光源氏って、普通のイケメンキャラだしなぁ、とあまり好きでは
なかったんですが、内館さんが描く源氏は、なんとも愛嬌があって魅力的で、ちょっと
好きかも…と思っちゃいました。

とにかく「あさきゆめみし」程度の源氏知識があれば、ものすごく面白く読める元気の出る
エンタテイメント小説です。
[PR]
by tohko_h | 2012-05-18 23:32 | reading