人気ブログランキング |

「マークスの山」 高村薫

最近、書店で「照柿」の文庫版が平積みになっているのをよく見るので、
読んでみようかな、と思いました。だけど、ちょっと調べてみたら、「照柿」に出てくる
合田刑事というキャラのシリーズだと「マークスの山」という作品が先らしいのです。
というわけで、「マークスの山」(上)から読み始めたのですが…最後まで
のめりこめないまま、下巻のラストまで読んじゃいました。
密度の高い硬質な文章は、執拗な描写のたたみかけにしか思えず、物語が
自分の頭の中に立ち上がってこないのである。テキストを読んでるだけ状態、で
長編小説(しかもフクザツなミステリー)を読むって、疲れるものです。
文章との相性が悪いんだろうなぁ…。
しかも、みんな男っぽくて濃くて息苦しい…登場人物が全員松崎しげるみたいな
世界観に私には思えて、読んでいてどんどん肩が凝りました。
組織の中でもがく人物を描く、という警察小説としては、横山秀夫とか読んでるから
もっと面白がってもおかしくないのに、私の中の「ハマりました」スイッチは最後まで
OFFで読了しちゃいました、せつない!
割と、気になる本をまとめ買いするクセ、これからはやめよう、と思いました。
でもでも、とりあえず「照柿」、読んでみます。

マークスの山、というのは、殺人犯・マークスの連続殺人事件を、合田刑事が
上司や同僚と縄張り争いや権力や圧力にあえぎながら捜査する物語。
マークスの愉快犯的な側面と合田の緊迫感ある捜査が交互に語られる。
合田と、別れた妻の兄(かつての義兄)との交流(電話とか手紙とか映画館で
こっそり情報交換とか←もと義兄は検事なので色々事件の情報とかもわかる人なの)の
場面が唯一人間ドラマっぽい。三浦しをんさんが高村ファンだと聞いていたので
読んだっていうのもあるんだけど、この兄×合田にはかなり萌えるんだろうな(って
いうか、そこだけよむとプラトニックなホモ小説のようでありました)。

部数も出ていて評判も良くて人気もある、と知っている上で読んで、自分には
なんか合わなかったのって、ちょっとショックっていうか凹みます。
自分の感性に何か欠けてるみたいで・・・芸能人の好き嫌いなんかとちがって
ドキッとする。
by tohko_h | 2006-08-19 23:50 | reading