人気ブログランキング |

野中ともそ野中ともそ「宇宙でいちばんあかるい屋根」

「宇宙でいちばんあかるい屋根」野中ともそ
a0079948_2335592.jpg
本の装丁につられる「ジャケ買い」もしますが
今回は、タイトルの美しさに負けて手にとった
「宇宙でいちばんあかるい屋根」。
宇宙、いちばん、あかるい、屋根、と
単語単語は明るいイメージの言葉が
並んでるのに、開けた明るさと同時に
どこか、突き抜けた悲しみも感じるタイトル。

最近、森絵都さんや豊島ミホさんがよく描いている「中学生女子」が
ヒロインの物語なんですが、野中さんの文章の美しさは、それより
1ランク高い位置にあるように思う。初期の吉本ばなな的な
悪く言うと少女漫画のネーム的、よく言うととてもリリカルで詩的。
かつて少女だった人が読むとツボに来るような感じ。

14歳のつばめは、父と、血の繋がってないママとの3人暮らし。
実のママは恋をして出て行ってしまったのだ。タペストリーを織り上げて
いくように、優しいパパと、優しいママと、まじめなつばめは、3人家族、を
作り上げようと努力しているように見える。ママは、パパの好物とつばめの
好物を両方食卓に乗せたり、そういうところがある。近所に住んでいる
憧れの幼馴染のお兄さんで大学生の亨くんへ、誕生日カードを出してから後悔して
「ああ、取り戻したい」と思ってじたばたするつばめ(14歳だったら、これで
一生終わった、くらいの気分になるよね、これ)。そんなときにあるビルの屋上で
であったおばあさんは、派手な身なりでキックボードに乗ってたりして
しかもすっごく意地悪。だけど、食べ物を差し入れしてくれれば、カードを
取り戻してくれる、という話になる。取引成立…こうして、つばめと、謎の
おばあさん(星ばあ、とあだ名を勝手につけた)は、屋上で会い、色々な
話をするようになる。つばめの恋や家族の話、そして星ばあの孫を探す話に…。
とにかく、このままシナリオも書けるんでは?というくらい会話のシーンがうまい。
でも、地の文もうまい。星ばあとつばめの、かみ合わないようでだんだんうちとけて
いく楽しい会話の雰囲気、ちょっとたまにずれるつばめの家族の会話、
学校で時には残酷、時には無責任にかわされる友達同士の会話、ご近所の
憧れの亨くんやその家族の会話、など、どのシーンも「ムリに書いたようなセリフ」が
無いので、とてもするする読めます。そして、その場の状況を説明したり
つばめの感情を語る無駄の無い地の文。テンポのいい会話でポップに進むから
悲しいシーンは本当に悲しい。そして、つばめの一途な片想いも、そういえば
10代のときってこういう風に人を好きだったかも、と胸がキュンとしたのでした。

…実はどこか印象的なところを引用してみようかとも思ったのですが、しぼりきれずに断念。
by tohko_h | 2006-09-04 23:07 | reading