表参道グルメの旅①初戦篇

8月も終わりのある日、甘いものが食べたくなり、妹に「キルフェボン行きたいね」と
メールしてみました。
キルフェボン、というのは、都内だと銀座、代官山、二子玉川にあるケーキ屋さん。
クッキーとか焼き菓子も売ってるけど、なんといってもここの売りはタルト。
静岡が発祥の地だそうですが、現在全国に10店舗展開しているのだとか。
10年ほど前に、グルメな友達につれていってもらってからお気に入り♪
ただし、代官山店に行くときは、ほぼ斜め前に、やはりタルトが美味しい
行列店ママタルトがあるので、すごく悩みます…
斎藤くんと田中くんのどっちが好きか、と問い詰められるくらい(ついにこんな
たとえにまでさらりと彼らの名前を書くところまで来てしまっている・・・(笑))。

というわけで、大好きなキルフェボンに妹を誘おうと「表参道でも銀座の
方でもいいよー」と声をかけたところ、返事来ました。「表参道のお店にしない? 
私、この間王様のブランチ見てて、行きたいお店があったんだよね、あのへんに」と
言われたので、珍しく表参道でご飯とお茶をダブルで楽しむことに。
まるで、斎藤くんの先発と田中くんのリリーフを堪能するような贅沢…(って、
さらりと書いているんですが、ここ数日でどれだけハマったんだ自分!)。
その、妹が行きたい、と言い出した店は東京純豆腐という韓国系の
お店。ヌーベルコリア、とでも呼ぶべきかもしれない新しいスタイルのお料理。
ponchanさんや、55aiaiさんの記事で見せていただいたあそこね、と思い当たって楽しみに♪

本来は、純豆腐を食べてからタルト屋さんでお茶、というのが素敵なはずですが、
閉店時間が20時とキルフェボンは早いので、先にそちらに突撃いたしました。
こちら、相変わらず、初めて来たその日から、並ばずに食べられたこと、ありません。
今日は、20分待ち…まあ、19時前ならましかな、という感じなので、名前を言う。
精神的に余裕があるときだと、ここで、好きなタレントさんの苗字とかをサラッと
使ってみたりというオトナゲない遊びをしたりして、それで呼ばれる事を楽しんだり
してるんですが、普通につい自分の姓(結婚後のほう)を言ってしまいました。
それはそれで、結婚して変わった苗字、いまだになじんでないので、人の苗字を
借りて言ってる感があるのは否めないです・・・(会社で1日の大半、旧姓で働いて
ますから当然そうなるんですよね。別に旧姓に愛着ないですよ、むしろあんまり…)。
待っている間、店内のガラスケースで「どのタルトを食べるか」熱く物色をする
たくさんの席を待つお客たち…私たち姉妹もそこに加わりました。

その中で、可愛らしいお嬢さんがひとり「明日はもう出ないですか?」と
おとなしげなのに激しく店員さんに詰め寄っているところを発見。何かお目当てが
売り切れてたらしい…売り切れ自体は、ここのお店にしては珍しくないよね~、と
思ったのですが、そのお嬢さんの情熱的な聞き方に「そこまでして、彼女は何を
食べたいのか」と、つい聞き耳を立ててしまいました。彼女が熱く求めているのは、
「明日いっぱいで終了する桃とチーズのタルト」というのだそうです。
ショーケースの中には、桃のババロアっぽいケーキとか、ずんだと組み合わせた
タルトとか、桃を使ったものがいくつかありましたが、桃とチーズ…異常に美味しそう。
私も、食べたい!! と聞き耳を更に続けると、彼女は、明日2ピースキープして
もらうことにした模様。そのキープをおおせつかった店員さんがあいたところで
すかさず「…すみません、私も桃とチーズのタルトを2ピース明日取りに
うかがいたいのですが」とすべりこむようにお願いして、翌日の18時半に取りに来る
ことにした。実家で食べることにしよう、と妹と相談して速攻で…しかし、明日桃と
チーズのタルトを買うにしても、今日は今日で何か食べたい。ランチもお互い抜いたし…
というわけで、妹が選んだのは、ニルギリ紅茶のタルト
ニルギリっていうのは、現地(インドのある地域)の言葉で「青い山」という意味だそう。
紅茶のブルーマウンテン!ですね。その芳醇な味が軽やかにタルトにハマってます。
a0079948_2384510.jpg


私は、くるみのタルトと悩んだけど、今日はシンプルにいちじくのタルト
カスタードクリームの色とイチジクの紅色だけで絶対美味しそうに見える。そして、
見た目より美味しいので、嬉しすぎです・・・イマイチなタルトやケーキにありがちな、
フルーツの味はいいけどケーキと合ってない、なんてことはなく、完璧な一体感☆
a0079948_2394228.jpg


というわけで、タルトを堪能して、しかもちゃっかり明日の分までキープして
向かった先は、東京純豆腐・青山店です(新宿、渋谷にもあるみたい)。
a0079948_315511.jpg

純豆腐、というのは、お店のサイトによるとニガリで固まる寸前の
フワフワの状態の豆腐と一緒に野菜、肉、海老、アサリなどの魚介類と
様々な具を、トウガラシベースの調味料(タテギ)で味付けをしたもの
だそうです。
辛さは3段階で選べるということで、辛いもの好きな姉妹は最も辛いべりーホットで。
更にご飯も一緒にオーダーいたしました(ランチだとライスはセットらしいのですが
夜は別売りになってるんです)。
私がオーダーしたのは、味噌バタースンドゥブ
あさり・ねぎ・貝柱・小エビ・シイタケ・油揚げ・ねぎ・豚肉・バターが入ってます。
バターも、全然くどくないんです。辛くて、肉と魚介のだしが両方感じられる、
洗練されていてすっきり辛くてでも甘味やコクのあるスープにぴったり。
a0079948_2541070.jpg

妹が頼んだのは、定番のポークスンドゥブです。ホントは季節限定の
冷製スンドゥブって言うのが食べたかったみたいですが、売り切れで残念!
だけど、これはこれで、定番の力強さがあって、癖になる、とテンションあげて
食べてました…おしゃべりな私たち姉妹の会話が途切れるほど黙々と(笑)。
a0079948_2591315.jpg


各自、スープ豆腐に、ご飯とナムルを投入して、混ぜながら食べるとすごい汗。
この日は熱帯夜で、生きているだけで汗だくな日でした。でもそういう時にたべる
辛いものって、ガマン大会みたいだけど実はすごくおいしくて爽快なのです…
ハンカチ片手に完食しました。キルフェボンの濃くてしっかりと
おなかにたまるタルト食べたあとだったのに。ちなみにナムルの器もかわいいんです。
a0079948_312663.jpg

もともと、ビビンバとかテグタンとか大好きで、しかも豆腐がふんわりたっぷり
入っているので、すっかり気に入りました。ひとりご飯にも活用できそうです。

という感じで、美味しい表参道グルメを2軒も楽しみながら、次の日には
「他のお客さんがすごくほしがっているのを見て、すごく美味しい気がした」という
なんだか意地汚い(しかも盗み聞き)理由でキルフェボンでキープすることに急遽した
桃とチーズのタルト」との再試合が、待ち受けているのでした…
(②再試合篇につづく)。
[PR]
by tohko_h | 2006-09-06 03:05 | eating&drinking