名古屋こーちゃんの旅 その⑥ アップグレード&トラベル→トラブル

今回、名古屋マリオットアソシアホテルを申し込んだのは
インターネットで、でした。もちろん、スタンダードツインで(笑)。
ところが、フロントの女性がにこやかに「本日、お部屋のほう空きがございましたので、
アップグレードさせていただきまして、デラックスツインのほうにご案内させて
いただきます」とおっしゃるではありませんか。
ロビーの雰囲気だけでビクビク村娘モードだった私たちはますます恐縮して
「あああ、アップグレードですか、ありがとうございます」と嬉しさ半分、ビビリ半分で
お部屋へ・・・23Fの窓の大きなお部屋は、今まで泊まったホテルのどれよりも
きれいで、あれこれ張り切って撮影してみました。

a0079948_2253390.jpg

a0079948_2261885.jpg

a0079948_226333.jpg

a0079948_2272838.jpg

a0079948_2275460.jpg

a0079948_2281389.jpg


※パジャマとバスローブ両方がある
※新聞をサービスしてもらえるのはよくあるけど、好きな銘柄を聞いてくれる
※コーヒー、紅茶、緑茶のパックがあって、既にチェックインしたときにはお湯が沸いてる
状態にセッティングしてくれていてすぐにひといきつけた
などなど、前の日がビジネスホテルだったせいもあり、とにかくゆったりたっぷりと
余裕を感じさせるお部屋でくつろぐことに。

松坂屋で買ったてんむすは、塩気がちょうどようてまだ少し温かくて美味しかった。
a0079948_22193431.jpg


くしあげは、とんとろとサツマイモ。ソースをつけて食べました(味噌とソース、
どちらかを選べるようになってました。さすが味噌の国名古屋)→でも
神戸のお店みたいです。
a0079948_2220365.jpg


イカ焼きとタコヤキのパック。これもタカシマヤで購入。
a0079948_22213086.jpg


とりあえず、電話を2本入れつつご飯食べてコンサートの支度することに。
1本は、作家さんに・・・そう、仕事もしつつ、の今回の夏休みだったのです。
もう1本は、今日の夜行こうかな、と思っていた伍味酉 名古屋駅前店に。
ぐるなびで目をつけていた、【名古屋名物コース】 (飲み放題つき5000円)を
頼もうと思ったのですが、このコースは、当日予約不可だったんですね。昨夜のうちに
電話をかけておくべきだったので、私の失策です。
店員さんに「申し訳ないのですがこのコースは食材とかも用意があるので当日は
ムリです」と言われて、失策やばい!というのと、悪いなーと思って、
「当日予約はムリって事を忘れてて事前の電話を怠ったから、コースはムリ
みたい。ごめん失敗だった」と私は妹に言いました。ここでもしも妹が
「えーそんな大事なこと忘れちゃったんだ、残念」と、素直にガッカリしてたら
私も平謝りで「コースより高くなった分私が出すから、ごめん!」とか対応したと
思うんですが、凄くイヤミな言い方をされたんです。
「えー、らしくないねー、そんな失敗、普段絶対しないのにね」と。
私はカチンと来ました。
昨日から、私だって妹の行動全部満足してたわけじゃありません。おみやげ屋さんで
「待たせてごめん」も言わないで15分もだらだらとアレコレ見てひとりで満足気
だったり、私が地図とかガイドブックを見ながらホテルまでの道を悪戦苦闘しつつも
探そうと、ランドマークになる建物を探して地道に行こうとしてるの無視して「こういうのは
番地わかれば数字たどってく方が早いの」と歩いてくからしょうがなくついていったら
えらく遠回りで凄く雨の日だったのもあって疲れたし。
こっちだって「そっちの失敗で足を引っ張られたわね」くらい言いたかった場面は
何度かあったのに、やりすごしてきたのに、ここで皮肉ですか。

もう、顔も見たくなくて、コンサートも何もかもパスしてひとりで東京に帰りたいくらい
腹たって、全部言いました。「すごいね、たかがばんごはんのお店の予約を
忘れただけで、取り返しのつかない犯罪者扱いなんてするんだ!」と
直球で怒りと嫌悪感をぶつけました。第一、昨日から一緒にいるんだから
「予約電話入れたの?」ってそっちも聞くチャンスあったはずだし。
最初は「それくらいで何で怒るの? 28年付き合ってきて(って、赤ん坊の
頃からの年数カウントするなよ、とまたむかつきました)これくらいで
全否定されるの?」と泣き出す妹に更にイライラして、もっと罵りました。
「私は悪気が無かったけど、言葉遣いが悪かったなら謝る」と妹が訂正を
申し出ても、1度むかついたものはダメなのです。コンサートがなくて、
このあとただの観光旅行、とかだったら、本当にホテル代叩きつけて帰ってたと思う。

でも、しょうがないので、予定してた店にコースはムリでも単品なら入れるし、
と、妥協っぽく妹にいわれて(まだむかついてるかも(苦笑))、コンサートにギリギリ
間に合うであろう18時前に部屋を出て、会場に向かいました。

これだけ最悪のシチュエーションで、ほんとにコンサート行きたくない、と思うくらい
むかついてたけど、チケットもったいないし、というだけで出かけたら、皮肉なくらい良い席。
前から6列目、舞台向かって左サイドのほうの席でした。なので、斜めの角度ですが
光一くん見放題! そしてサイドの通路に光一くんが来たとき、目が合った気がして
びっくり。正直、仕事で同じ部屋の空気を吸ったことはありますが、やはり
ステージで光のカタマリになっている人と目があったかも、という錯覚は、別格。

コンサートが終わり、昨日以上に改札までの行列がすざまじかった笠寺駅から
名古屋に戻って、そのトラブルの元の店伍味酉 名古屋駅前店へ。
ここまでもめごとの原因になった店なんだから、それを避けて他の店を探すくらいの
根性無いの?と、コンサートは楽しかったけど、怒りは収まってませんでした。
でも、妹のほうは、コンサートですっかりデトックスできたみたいで、ご機嫌で
「ホテルが駅近いから便利だねー」とかすっかり元の元気なテンションに戻ってました。

そう、ここで温度差ができちゃったのです。でも、新幹線は「ぷらっとこだま」という
ちょっと正規じゃないチケット買っちゃったから、明日の夕方まで一緒にいないと
いけないんだな、と、私は、機嫌の直ったフリをしながら、まだわだかまってました。

つづく
[PR]
by tohko_h | 2006-09-16 22:43 | traveling