人気ブログランキング |

2007年1stクールドラマについてぶつぶつと。

1月もあと1週間で終わり、というころになりましたが、今クールのドラマ、
皆さまのお気に入りはどのあたりなのかがとっても気になる今日このごろ。

私個人としては、今クールは、出版関係者が主人公のものが2本あったり、
木村拓哉主演のものがあったり、となかなか充実してるかも!と思ってます。

「東京タワー」 月曜21時~ フジテレビ系
1話だけちらっと見たけどそれ以降放置。
大泉洋さん主演のスペシャルドラマを見てしまっているし原作もすでに
読み終わってるのでもうおなかいっぱいなのかも。
しかし、もこみちのことを「貧相な青年」と一言で片付けていた実家の母が
「下手でかわいそう過ぎてつい毎週見てしまう」とこの前言っていてびっくり。
こういう「もこみちのオカン状態」で母性本能でつい毎週チャンネルをフジに
合わせちゃう、みたいなこともあるんでしょうか。

「今週妻が浮気します」 火曜21時~ フジテレビ系
ユースケ・サンタマリア(出版社勤務)と美人妻(石田ゆり子・才色兼備で
仕事と母親と妻、どれも優等生にこなしてる)のカップリングなら
普通に仲良し夫妻のラブコメが見たかったかも…と思いながら、つい毎週
見てます。脇役のけだるいともさかりえや、ついにドラマでもエロ男爵ぶりを
解禁してしまった沢村一樹もいい味出してますね。昨日の放送分では
「原稿をうっかり置き忘れて紛失騒動に」という、出版社モノのお約束的展開が
登場(笑)。
クレイジーケンバンドのテーマソングもドラマにぴったり。
しかしゆり子の浮気相手(らしき男)がフミヤ氏…もっとべたな色男(フミヤは
ちょっとクセあるから)がよかったかも。
こういうときに谷原章介、と思ってしまう当て馬谷原マニア。テレ朝で普通に
仲間ちゃんと結婚する役なんて適当な特撮系男前にまかせとけばよろし。
ゆり子さんファッションとかわいいショートカットも見もの。
第一話ではかわいい赤のコート、昨日はバーバリーチェックのコート、と、
衣装もちの妻。勤務先は三陽商会という設定なのか。
ちなみに結婚8年目というのは我が家と一緒(笑)。

「ヒミツの花園」 火曜22時~ フジテレビ系
ファッション誌から少女漫画誌に異動して、花園ゆり子先生(売れっ子。
男4人のユニット(CLAMP状態の男性版)というのは、編集長と担当しか
知らない秘密←うわさ話好きな出版業界人からネットですぐに今の時代なら
ばれてそうだけど(笑))の担当になってじたばた翻弄される女性編集者
(釈ちゃん)をヒロインにしたラブコメ。お約束の「原稿をなくして作家に信頼
されなくなって大ピンチ」という展開は無かったが、原稿の真横に生花の
花瓶をかざって水をこぼしてだめにする、という子供が考えたような
エピソードに唖然。これは毎週夫と見ていて、激しく突っ込みいれてるので
別の記事にします(途中まで書いてたけど長くて疲れたので、きっと
読まれる方がいらしたら疲れること間違いないので(笑))。
あ、4人兄弟がただの性格の悪い人にしか見えないのでコメディとしてこれで
笑えるかどうかが疑問。シナリオの人と私の笑いのツボが合わないだけ?
かわいい服を着ていた釈ちゃんに編集長が「漫画編集の仕事がそんな服で
できるか!」と怒っていた場面といい、ライバル会社の編集がジャージ上下
着てたりするあたり、コミックス編集ってすっごくダサいイメージあるのね。
そこが自分的には最大のショックです。

「わるいやつら」 金曜21時~ テレビ朝日系
米倉涼子の悪女シリーズ第3弾! ナース服でも質素なデニム姿でも
スタイルのよさが一目瞭然。脇役も濃厚な演技派が多いので
第1話から暑苦しい(小島聖と余貴美子がうますぎてウザいことこの上なし!)。
上川さんは「白い巨塔」の弁護士役のときに橋下先生となんだかとっても
イメージが重なる瞬間が何度かあったので、それから好感を持って応援して
ます。その役のイメージがあるのか、まだ一豊を引きずってるのか、女を
食い物にする悪徳医師、には今のとこあまり見えず、ただ、経営が楽じゃない
病院のさえない先生に見えてます。
悪の華組合の会長的な俳優・北村一輝の悪徳弁護士ぶりに負けるな
上川ドクター!がんばれ! しかし台本は「けものみち」より面白く
仕上がってます。この先は完全な私情。
上川さんを「華麗なる一族」にレンタルして、戸谷医師役を仲村トオルでも
よかったかも。上川さんに大蔵省キャリア割とハマりそうだし、仲村トオルの
悪徳医師も・・・って、トオルと米倉じゃ「黒革の手帳リターンズ」になっちゃう~。

「華麗なる一族」 日曜21時~ TBS系
「白い巨塔」ほどはもリあがらないと思うけど、毎週見てちょっと突っ込んだりも
しつつ、最後まで楽しみにできそうなドラマ。
視聴率も2話連続20%を超えたようだし、実際にブログで感想や突込みを
アップしてる方も多いみたいなのでヒットしてる感じ、リアルにします。
木村さんは魅力はあるけどあまり華麗に見えないので、鉄鋼の現場で
陣頭指揮とって熱くなってるところは素敵なんだけど、家の中のシーンが
少しぎこちなく力んでる風に見えたりもして。
原作だと、感情の起伏も鈍感そうな本妻・寧子(「源氏物語」っていうか
「あさきゆめみし」の女三宮風味)ですが、ドラマだと彼女なりに夫を愛してる、
という現代的解釈になってますね。

毎週見たいポイントはみっつ。
へぼい肖像画のおじい様
ロボい鯉の将軍様
エロい下着やローブ姿の京香様

クレームをいちばんつけたいのは劇中のBGM。オーケストラを贅沢に使った
感じはドラマの凝った雰囲気に合ってますが、コーラスが重厚すぎて
せりふの邪魔になってるシーンが結構あります。


さて、こんな感じで週に4本、おそらく平均的な視聴本数かと思います。
最後まで完走するのはどのへんになるでしょうか。
by tohko_h | 2007-01-24 17:33 | watching