人気ブログランキング |

シェイクスピアマニアではないんですが。

タッキー&長澤でロミオとジュリエット 1月30日 日刊スポーツより

現代版ロミオとジュリエットに滝沢秀明(24)長澤まさみ(19)が扮し、
日本テレビ系でドラマ化(放送日未定)されることが29日発表された。
シェークスピアによる「4大悲劇」完成から400年の今年、
同局は「ロミオ-」と「リア王」をモチーフにした現代ドラマを制作し
2日連続で放送する。
ロミオの滝沢は父(山下真司)が殺人容疑で手配されている
廃品回収業者の青年役。
ジュリエットの長澤は、刑事(三浦友和)を父に持つ女子大生を演じる。
脚本を担当した井上由美子氏は「旬な2人の生き生きとしたラブストーリー。
シェークスピアの悲喜劇には、生と死、善と悪、愛と憎しみなど、
現代日本人が直面している問題があふれていますし、多くの人が求める
人間ドラマを作り上げたい」と話した。
「リア王」は、15歳から仕事一筋で、小さな青果店をスーパーチェーン店に
育てたワンマン社長を描く。主演は西田敏行(59)。


あの手この手でアレンジ、リメイクなどもしつつ演じ続けられている
沙翁(この呼び方カッコよくて好き)ことシェイクスピアですが、
なんだか、大映ドラマテイストになりそうな予感(「スクール・ウォーズ」の
山下真司と「赤いシリーズ」の友和さんそろいぶみだし)。
元ネタは、ロミオもジュリエットも名門の坊ちゃん嬢ちゃんで、しかも
世間知らずの14歳がいきなり初恋→心中を4日間でこなして(?)しまう、
という相当ある意味ぶっ飛んだ話なんだけど、こちらの話のほうが
ある意味地味っていうか地に足がついてるものになるのかも。
シナリオが「白い巨塔」や「14歳の母」(設定が強引だったけど
結構見ごたえがあった、すごい脚本力!)の井上さんなので、
前クールでとほほだった「たったひとつの恋」みたいにはならないと思うけど。

しかし、四大悲劇に「ロミオとジュリエット」、入ってないのになぜ。
「リア王」以外も面白いし現代版でいけそうな話あると思うんですが…

「ハムレット」は、父を殺されおじに母と国を奪われた王子の復讐の話だから
たとえば政治家とか企業モノにしちゃう。暇そうな小泉元総理と孝太郎父子
あたりで意外と面白いかもしれない(笑)。

「オセロ」は、黒人問題が直接本筋に影響するわけではないし、そのへんの
設定を日本なら変えて、賢くて仕事もできる男がつまらない陰謀にハマって
嫉妬地獄で妻を手にかけちゃう、という悲劇…面白そうなんだけどな。
佐藤浩市主演希望。イアーゴー(オセロをハメる小悪党)は唐沢さんで。

そして「マクベス」。魔女の予言を聞いて主君を殺して王座についちゃう
おろかなマクベス…これは、細木○子の占いを信じて、という設定に変える。
魔女より魔女(笑)。で、「あんた、やっちまいなー」と夫のしりを叩く
マクベス夫人は、実際に舞台でやった大竹しのぶ以外にあまり
女優さんを思いつけないのですが、悪女といえば米倉涼子あたりで。
あるいは、船越栄一郎と一代夫人なんかはどうでしょう。

…とりあえず、明日は、堂本光一くんのロミオ!
by tohko_h | 2007-01-30 12:52 | watching