人気ブログランキング |

「無銭優雅」山田詠美

a0079948_1225127.jpg
無銭優雅
山田詠美
(幻冬舎)
「心中する前の日の心持ちで、
つき合って行かないか?」
人生の後半に始めたオトコイ(大人の恋!?)に勤しむ、
42歳の慈雨と栄。ふたりは今、死という代物に、
世界で一番身勝手な価値を与えている。
書き下ろし長篇。


山田詠美の恋愛小説は、排他的で選民意識も、ものすごい。
不埒で大人で自由な私たちの恋はすてき、それがわからなくてふしだらとか
くだらないっていうコンサバな人はお気の毒ね!みたいな。
その「俺様ラブ」ぶりが実は嫌いではない私。
なぜかというと、とても美しい文章で書かれているから。
作家自身の美意識があちこちにじみ出ていて、そこに心を奪われるから。
その高い意識で書かれた小説世界にハマると、私も「俺さまラブ最高!
選民意識バンザイ! 山田詠美の世界最高!」と全面的にハマって、
ひたって、酔うことができる。

しかし、今回の小説は最後までシラフのままで読み終わってしまった。
ブログで私がやるような、自分ツッコミとかカッコつきの後付け説明とか
チープな言葉の使い方とか、舌ったらずな感じとか。別に、
中央線の恋人たちを書くのに、角田光代風のフラット(私には退屈)な
書き方を山田詠美がしなくても…と思ったり。

中央線の恋人たち、花屋を友達と共同経営する慈雨と塾講師の栄は
ふたりとも40代の大人。大人がこんなバカップルやってていいのかね、
いいよね?という風にお話は進む。このふたりのラブラブっぷりを
かわいい、と思うか、うーんあんまり好きじゃない、と思うかで、
この小説を好きか嫌いかが決まると思う。私は、この栄さんという男性の
笑いのセンスや口説き文句のぶりっこ感がダメだった。山田さんは
ほのぼのしていていつも愛してるっていってくれて料理がうまくて、そういう
栄のことを理想的な男性として書いたと思うんだけど…このへんはもう好み。

例えば私は、「ノルウェイの森」のワタナベくんの「春のクマみたいに好きだよ」は
オッケーで、「セカチュー」の「僕はアキのブラジャーにだって嫉妬するぜ」は
気持ち悪い、と思う。こういう口説き文句のボーダーライン的に、栄は
苦手なタイプだった。ビストロでの食事に誘うとき「フランス行こうよ!」と
言う栄のような男をかわいいと思うか、幼稚、と思うか・・・
by tohko_h | 2007-02-03 12:28 | reading