人気ブログランキング |

ドラマについて適当にメモ

昨日オンエアの「華麗なる一族」。
ロボ将軍さま登場シーンでテンションが上がる自分って…
仕事の相談相手になってるし。鉄平、友達とかあんまり居ないのかな~(笑)。
ハセキョーVS稲森の女の対決モードとか、安っぽい恋愛路線は要らないと
思う。西田敏行は、「白い巨塔」の財前又一役のときと似たような役どころだけど
やっぱりハマってて存在感あったなー。

そして、今週もやっぱりあんまり釈ちゃんが仕事してなかった「ヒミツの花園」。
編集長「お前、花園先生の原稿どうなってるんだ?」
釈ちゃん「もうできてると思います…」
編集長「さっさと行ってこい!」
しつこいけど、ほんとにこれ、週刊誌なのか? 月刊誌でもありえない…
しかも担当作家ひとりしかもって無いのにバイク便出しちゃうし。
という突っ込みつつ、ドラマとしては面白みに欠ける。カワイイ家政婦さん、
とかでよかったんじゃないのかなあ。漫画とあんまり関係ない話で
とってつけたように「原稿」とか「締め切り」とか言われても…うーん。
ク○ンプの男版とか面白いんじゃね?みたいな適当な思いつきで
雑に立ち上げちゃったドラマなのかな、という印象も。

その前の枠の「今週、妻が浮気します」がすごくテンポがよくて
面白いから、その反面「ヒミツ」が見劣りするのかなー。ユースケの
あたふた感、同僚の沢村一樹とか、がさつだけど仕事のできるともさかりえ、
とか、脇までスキがない感じ。クレイジーケンバンドの♪たすけてー、
というテーマソングもおいしすぎ。こちらも、ユースケが雑誌編集者で
毎週ベタなミス(先週は、試写会のハガキの日付の誤植に気づかずに
慌ててハガキを送りなおしサクラを探すと言うベタ展開があった)が
あるんだけど、全体が面白いので、なんか許せちゃう感じ。

米倉涼子の「わるいやつら」も見てますが、何かが物足りない、と
毎週思ってたら、一緒に見てた夫が「仲村トオルは途中からでも出て
来ないの?」と言い出した。そうだ! 足りなかったのはそれだ!
米倉涼子が出てるシーン以外が退屈なんだよね。戸倉先生が
他の女を口説いてる場面とか長く感じてしまう。
by tohko_h | 2007-02-05 13:04 | watching