人気ブログランキング |

いよいよ明日ですね/あざといと思いつつ読んじゃった。

い、今、すぽると!見てたら、突然田中くんの映像。
「あれ?登板明日よね?」と思ってみてたら
「いよいよ、明日デビュー!」とナレーションがかぶさって
野村監督の「マー君はすごいよ」とかいうコメント場面。
そして、楽天のクリムゾンレッドのキャップをかぶった田中くんの横顔。
…先発の予告編が流れるなんて、すごいな~。
「松坂の150km/hデビューを超えるか?」とかあおられてたし、実際に
ソフトバンクの打者陣の中にも「直球で勝負したい」とリクエストしてきている
人もいるようですが、個人的には、クロウトっぽいスライダーをいやらしく
投げてのかわいげないデビュー、っていうのも魅力的でいいなーと思う。
個人的に「対斎藤くん」という場面で田中くんをヒールだと思ったことは
無いけれど、マウンドの上でチョイ悪まーくんになるのも悪くないかな、と。

そして、さっきまで読んでいた本。
a0079948_0501925.jpg
「佑樹」 家族がつづった物語
斎藤くんのご両親とお兄さんから見た
斎藤佑樹の18年の軌跡。
正直、突然有名になった人の身内や
知り合いが本をそのイキオイで出す、
みたいなのって個人的にはあんまり
好きじゃないんですが(編集者としては
売れる本だと思うしオイシイとは思っても)
やはり、斎藤くんの素顔みたいなものは
いちファンとして興味あるので、即購入。
女の子姉妹ふたりで育った自分としては
兄弟の成長っぷりがまぶしくて、思わず
「息子が欲しい!」と一瞬盛り上がったり。
厳しいお父さんと、納得するまで話をよくするお母さん、
ユーモアセンスがあって弟を甘やかしてもダメにしない賢いお兄さん、
という、素敵だけど普通にやってきたご家族の中で育ってきた斎藤くんが
家を離れてお兄さんとふたりきりで生活することになって、最初のうちは
かなり大変だったんじゃないかな。と読んでいて思った。
一緒に暮らし料理を作り(テレビの料理番組を見てメモしてみたりして)
斎藤くんを支えているけど恩着せがましさのかけらもないお兄さんと
お兄さんを心から尊敬している斎藤くん(小学校のときにお兄さんを
テーマに書いた作文も掲載されているけど、成績優秀で生徒会長の
兄を慕いつつ、もっとすごいのはギャグがうまいところです、とか
ほのぼの書いているあたり可愛い)。
もちろん、プロ作家が書いているものではないし、子育て論、家族の理想の
かたちなんかについては「うちは違う」みたいな違和感を覚えるところも
読んだ人それぞれ少しずつあると思うけれど、家族内のトラブルが
事件に発展して新聞をにぎわす時代に、こういう「普通」がまだあったんだ、
ということにホッとしたりもした。
by tohko_h | 2007-03-29 00:51 | baseball