人気ブログランキング |

埼玉の自衛官と警察官に土下座したほうがいいのでは。

本日(4月2日、もう昨日か)入社式の会社が多かったみたいで、
結構ニュースになってましたが埼玉県庁では「こういう挨拶を
偉い人がしてはいけません」という、悪い見本みたいな
知事のご挨拶があったみたいですね。

埼玉県の上田清司知事は2日、さいたま市内で開かれた
県新規採用職員就任式の式辞で、
「自衛官の人は大変ですよ。分かりやすく言えば、いつも平和を守るために
人殺しの練習をしている」と発言した。さらに「だから、われわれは『偉い』と
言って、(自衛官を)ほめ称えなくてはいけない。頑張れ、頑張れと」と述べた。
同知事は警察官にも言及し、「県民の生命や財産を守るという
崇高な使命の下に、どうかすると人を疑ったり人を痛めつける練習を
しなくてはいけない」とし、「(県職員は)そういう類と違って多くの方に
喜びを与え、感謝され、自分もその喜びを感じることができる
素晴らしい仕事」と続けた。  4月2日時事通信


埼玉県警や、埼玉県内在住・在勤の自衛隊員という存在を考えたら
こんなアホな挨拶、普通しませんよね。
これが、例えば、この知事が自衛隊反対の立場の人で、それを
主張したい場所で(もちろん新人職員の前じゃなくてね)非難がましく
自衛隊の訓練のことを殺人の訓練、と言った、とか。
警察官が人を痛めつける練習をしてる、と言って、警察の不祥事に
いちゃもんつけたかった、とかなら、まだ、わかるんだけど・・・
(判るイコール許せる、ではないですよ、もちろん!)。

県職員に「君たちの仕事は喜びいっぱいのすばらしい仕事!」と語るために
すばらしくない仕事の例として、自衛隊とか警察のことを好き勝手言っちゃった、
というのが、もう大バカですよね。しかも「人に喜びを与えて感謝されるから
いい仕事」って…民間のサービス業の挨拶ならわかるんだけど、公共の
利益を追求する、というのが公務員全体の大きな目的のはずで、それは
自衛官も警察管も県の職員も一緒。自分たちだけ「喜び」とか「感謝」とか
ふんわりほのぼのしてる気でいるとしたら、ホント、この知事、バカみたい。

学校の先生だったら「あの先生、自分が担任してる県職員君だけ贔屓して
自衛隊君や警官君のことは、人殺しや人イジメみたいな扱いだよー最低!」と
ものすごく嫌われものになることでしょう。

Aを褒めるためにBやCをけなす、というのは、いちばん子供っぽくて賢くない
やりかただと思うのです。すっごくくだらないたとえだと、光一くんを褒めるのに
「剛くんはこうだけど、光一くんは彼と違うからいいタレント」って言ったら、なんか
どっちも台無しじゃん(と、思わず例えにキンキキッズを使ってみる自分)。

そして、単純に、その知事のトークを聞いている新入職員や関係者の、親戚や
親きょうだいや友達や仲良しの誰かさんの中に「自衛官」や「警官」のひとりやふたり
絶対にいると思うんだけど…(苦笑)。想像力の欠如って、度を越すと危険。
by tohko_h | 2007-04-03 00:29 | NEWS