このごろのテレビ

番組改編期で特番が多いし会社にいる時間が長いので
橋下さまご出演番組もロクすっぽチェックできていない
ていたらくテレビっこに成り下がりつつある今日このごろ
(家に帰ったらプロ野球ニュースはチェックするけど・・・
踏み台も時間が減って1キロリバウンドしちゃいそうだよー)。

しかし、ちまちま見ているものなどから。

「ハケンの品格」(再放送)
本放送のときはラスト3話くらいしか見なかったけど、面白い。
中島美嘉の陰気くさい主題歌が惜しいくらいで、あとは
キャスティングもよくできている。加藤あいがウザい役を
しっかりウザく演じているところも良い。そして、ヒロインの
篠原涼子をめぐる大泉洋vs小泉孝太郎。
大型犬みたいにウザい洋ちゃんとかわいい子犬の孝太郎くんの
組み合わせがハマってる。毎日ガッツリ録画中。
大泉さん、意外とキスシーンハマってた。木村拓哉みたいに
たいていのドラマでキスする人じゃないと思うとレアな
ラブシーンですよね。

「フラガール」(地上派初放送)
これを見て蒼井優を好きになった人が多いと思うんだけど、
私は、普段は蒼井優ちゃん好きなのに、この映画の中では
あまり好みじゃなかった(ひねくれてますか?)。トヨエツは
器用だなーと思う。いったん派手にブレイクした人だけど
自分の色を消して脇役の分をわきまえた上で光る存在感。
しずちゃんのモッサリ感とか松雪さんの怒り顔とか見ると
女優さんの撮り方上手そうな監督なのに蒼井さんは
何でビミョーなんだろう。演じている喜美子という
ヒロインのキャラが魅力不足だったのかな? 友達で
途中で夕張炭坑に越してしまう早苗という女の子が不憫だった。
お父さんが暴力男で、また夕張でぶたれて泣いてるんじゃ
ないかって。

「一連の沢尻エリカ関連」
自分の身内や友達だったら困った女子だと思うけど、メディアを
通して見ているタレントさんとしては、話題に事欠かなくて
いいんじゃないのかな。皆、結局こういうの好きなんだと思う。
パリスヒルトンとか、ビッチな海の向こうのセレブを見て楽しむ
ことを覚えたところに登場した和製ビッチエリカさま(しかも
本業の女優業でもなかなかいい仕事しちゃうあたり、
意外とこれはこれで面白いバランスで成り立ってるような)。
しかしこの騒動で、ものすっごくイラっとしたことがある。
映画の舞台あいさつでへたくそな司会をしていた女子アナ。
甲高い声で、タレントが無言だからって「○○ってことですよね?」
と、相手が一言も言っていないことをその場で創作して得意げに
しゃべり散らし(インタビューで一番やっちゃいけないことの1つ
じゃんね、勝手に取材相手の言葉を作ってしまうのって)、
更に後日ブログで「私が何とかフォローしてあげたかったのに
すごい騒ぎになっちゃって~」と自分だけいい子になろうとして
ブリブリの気持ち悪い文章を書いていた。もうひとりこの話題で
話題になっているのが、スパモニの珠ちゃんこと赤江アナ。
独占インタビューでエリカ嬢にもらい泣きしたことで賛否両論
いろいろ言われているけれど、この試写会の司会が彼女だったら
騒ぎはもう少し小さくなったのではなかったかな、と思える程度には
マトモなインタビューだったし。
[PR]
by tohko_h | 2007-10-09 16:20 | watching