人気ブログランキング |

第38回 明治神宮野球大会

第38回明治神宮野球大会第1日(11日、神宮ほか)
大学、高校の1回戦と準々決勝計6試合を行った。
史上4校目の大学4冠を狙う早大は、12日の準々決勝から登場し、
1回戦で大経大(関西二)を9-7で破った九産大(九州)と激突。
斎藤佑樹投手(1年)の先発が有力だ。

斎藤は12日の九産大との準々決勝で先発が有力。
今大会、全国の頂点までは3連戦となる。
1回戦で勝った九産大の勝利投手、榎下(1年、鹿児島工高)は
昨年の高校日本代表のチームメートだ。(サンスポより)


実際今日は斎藤くんは3回5失点でマウンドを降りた。
榎下くんは中盤少し投げた模様。
早稲田の7回コールド勝ち。
by tohko_h | 2007-11-12 17:51 | baseball