人気ブログランキング |

話題作と壁本

今回は、今話題になってるあの1冊と、新刊で「うっ、なぜこれを…」と
読んでがくっとした(自腹で買った自分が悲しい)1冊を
まとめて紹介(自己嫌悪のカタマリである壁本で
記事をひとつ書くのは辛いので(笑)。

a0079948_14453884.jpg
「女たちの内戦(セルフウォーズ)」桂望実
「県庁の星」で評判になった
作家が描いた、女性の
生き様小説。恋愛や
仕事に疲れた女たちは、
個室のマッサージ屋に
通い、そこで繰り広げる、
本音の打ち明け話。
ここに通う、4人の女性の
人生を、ちょっとのぞいて
みると…


29歳の真樹は、合コンやパーティーで結婚相手を探すことに血眼。
34歳の主婦・佳乃は、キャリアに生きる 同じ年の女友達を羨み、
「私もお店とかやってみたいかも」と 甘ちゃんなことを考える。
39歳のめぐみは、仕事に生きる女でなんていたくないけど
年下の恋人をもてあまし気味で結婚はしたくないと思ってる。
バツ一で ブティックを経営している45歳の治子は、
資金繰りに苦労しているようだ。


私は、普通の女性が等身大に悩んだり困ったり頑張る、みたいな
地味な小説が好きなんだけど、これは、等身大を狙って
書かれているのかもしれないけど、紙人形みたいにどの女も
ぺらっとしていて読んでいてイラっとしてしまいました。
ヒロインが愚かなほうが面白いのはメロドラマだけですから!
こういう、生き様どうするよ系小説の場合って、
出てくる女性がそれなりに賢くてしたたかで、だからこそ
悩んだり失敗するとあたふたする、みたいじゃないと、
つまんない。

それなのに、この小説のヒロインたちときたら・・・
29歳で結婚願望があるなら、もっときちんとしたところから
紹介してもらうべく頑張ればいいし、
34歳から仕事したいなら、それなりに妥協や覚悟からだろうし、
39歳になっても仕事にまだ腹をくくってないのに
しっかり者設定ってのもなんだし、
45歳で商売してる割に人を見る目がなくてつまらない男に
期待しちゃったり…皆、精神年齢18歳なんだもん。
読んでて本当にイライラした!!

¥1,470 (税込)→自分的プライス -¥525(税込)
文庫で読んでも「金と時間返せー!」と叫んでいたと思うので、
文庫1冊分マイナス判定です。ちなみに似たタイトルで、
篠田節子さんの「女たちのジハード(聖戦)」っていうのもあったけど、
それにたいするオマージュ、だったりするのかなーこれ。

そして、映画の原作本として話題になっているあの1冊。
a0079948_1459733.jpg
「象の背中」
秋元康
40代のサラリーマンが
突然「あなたの余命は
半年です」と告げられ、
初恋の女性や、
ケンカ別れした
高校時代の友人、
そして愛していた
女性たちに会いに
行く。忘れられる
ことを恐れるように、
自分の生きた証を刻み付けるように。
そして、何よりも愛する家族に、別れを告げるその日を
彼はどう迎えるのだろうか・・・

映画にもなった秋元康の小説は、主人公が身勝手な男でありながら
家族にも愛人にもかかわった人たちにも愛された、と心から実感して
最期の瞬間を迎える、という、ある意味ファンタジーと思って読めば
そう悪くなかった。実際は、妻と愛人がもめたり子供がもっと
ショックでおかしくなったり、金銭的にも精神的にも辛いことが
たくさん起こりえる設定なんだけど、あえて奇麗事として書いた
気がする。あとがきの児玉清さんと秋元さんの対談もよい。
ふたりとも、それぞれ大切な家族を送った経験があって、その
痛みを分かち合いながらこの小説について語らっていて
内容のあるあとがきだった(文庫本のあとがきって、たまに
無いほうがよかったのでは?という本編のよさをぶち壊すのが
ありますよね。とくにタレントとか別の作家が書く「解説」に
たまにひどいのがある。前フリなくネタバレしてるのとか)。
¥650(税込)→自分的プライス¥552.5(85%)

今回は、類書は特になしで。
by tohko_h | 2007-11-17 14:49 | reading