人気ブログランキング |

「TVJ」五十嵐貴久

a0079948_184029.jpg
「TVJ」 五十嵐貴久
テレビ局の新社屋が
生放送中に突如、謎の
武装集団に占拠された。
運動神経に自信の無い
経理課の29歳の
女性社員が、偶然の
連続と知恵の積み重ねで
会社と同僚と、そして
愛する人を救う!


シンプルな設定のサスペンス物。
たまたま、人質になりそこないつつも社屋に
残された29歳の女子社員が、テロリスト相手に
命がけで渡り合う緊張感が心地よくて一気読み。
読後感だの感動だのそういうものは要らない、
何か面白いお話を読みたい、と漠然と読書欲が
盛り上がってて時間もあるときなんかに手元に
こういう小気味良い小説があると時間つぶしとして
かなり有意義に楽しめる。私はバスタブで読んで
のぼせちゃいましたけれど。

残酷表現もなく、テロリストも結構小粋なセリフを
言ったり、と、アメリカのあっけらかんとした映画風。
五十嵐さんの代表作「交渉人」(今の米倉さんのドラマとは
関係なし)よりこっちのほうがデビュー作らしいので
先に書かれているそうだけど、すっきりしていて
テンポよく読める、という点では「TVJ」のほうが良いかと。

定価620円(税込)→自分的プライス600円≒97%)
by tohko_h | 2008-02-18 18:48 | reading