人気ブログランキング |

「静かな爆弾」吉田修一

a0079948_9283175.jpg
「静かな爆弾」 吉田修一
公園で俊平が出会った響子は、耳が
聴こえない。テレビ局に勤め、会社で、
街で、さまざまな音や声に囲まれて
暮らしてきた彼は、音の無い響子の
世界はどんなだろうと思いを馳せつつ、
恋におちていくが…


吉田修一さんの「悪人」は、読んでいて息苦しくなるほどの
密度の文章とたたみかけるようなストーリーの疾走感に
惚れ惚れしたものですが、こちらは、やわらか系恋愛小説。
耳が聴こえる聴こえないかはおいといて、ヒロインの魅力が
あまり書き込まれてないんだよなー・・・なので、主人公が
悩みつつも彼女にどんどん惹かれていって心のそこから
幸せにしたいと願うようになる描写があっても、どうも
入り込めなかったです。全体の雰囲気とかは好きな感じなんだけど。

定価税込1365円→自分的プライス680円(≒49.8%)
薄めの文庫なら買ってもまあよかったなーと思えたかも。
ハードカバーでガッツリ新刊でとびついて、というほどでは
正直なかったような。
by tohko_h | 2008-02-24 09:40 | reading