人気ブログランキング |

「流星の絆」 東野圭吾

こんにちは、村上春樹訳の「ティファニーで朝食を」を買おうと
書店に行ったのに、東野圭吾の新刊に心変わりしてしまいました(笑)。

a0079948_175750100.jpg
「流星の絆」 東野圭吾
ある夜のこと、洋食屋・アリアケから
流星群を見に行くために夜中に家を
抜け出した店主の子供たち。
小6、小4の兄弟と、小1の妹。
しかし、雨が降り出したので
星を諦めた3人は慌てて帰宅する。
家では、刃物を突き立てられ、
父と母が殺されていた。親を失い
お互いだけを信じて生きていくこと、
そして、いつか父母を殺した犯人を
警察が見つけられなくても突き止めて
復讐をすることを誓い合う3人…


それから14年。
長男の功一の頭脳プロデュース力、
次男の泰輔の変装と演技力、そして
妹の静奈の美しさとしたたかさを武器に、
きょうだいは、必死で生き抜いていた。
ある日、静奈をレストラン経営者の跡取り息子に接近させて
ひともうけしようとたくらむ3人。
しかし、その父親である経営者が、両親殺害の犯人である可能性が
出てくる。復讐のチャンスがふと舞い降りたのだ。しかし
きょうだいの仇の息子に、作戦を忘れて惹かれていく静奈・・・
3きょうだいの復讐と、両親の死の真相と、そして静奈の恋はどうなる?

週刊現代に連載されていたエンタテイメント。
久々に東野圭吾って面白いなーと素直に一気読みしました。
3きょうだいと、仇のレストランオーナーとその息子、そして両親の事故を
追う神奈川県警の人々など、各キャラクターがしっかりと設定されて
いるので、ついつい「ドラマ化するならこの役はこの人がいいなー」なんて
読みながらちょっと思ったり。兄弟が役割を分担してお金持ちに接近する
あたりなんて、いかにもドラマにしやすそうだし。というわけで、原作権を
もうどこかが買ってたりするかも?

ミステリーとしても、しっかり緊張感を最後まで持たせる展開になってて
よかったです。

税込¥1,785 →自分的プライス¥1,785 (100%満足です)
読んだあとに知り合いなどと貸し借りして、あれこれ話をしても
面白いんじゃないかな(脳内キャスティング含めて)と考えると
じゅうぶん元は取れると思います。
by tohko_h | 2008-03-09 18:17 | reading