人気ブログランキング |

2008年冬期ドラマ総括

結局、途中から見たのも含めて、最終回まで見届けたのは3本
(私にしては少ない)。

まず、金曜日の夜にやっていた「未来講師めぐる」。
クドカン+フカキョン、という私の苦手なもののかけ合わせは、
やはりコテコテでうざったらしかったけど、だんだん慣れて来た。
この「濃すぎて困る」から「悪くないかも」に変わっていく感じ、
前にケーブルテレビで初めて「吉本新喜劇」を見たときに似てる。
めぐるの勤務先の塾は、新喜劇におけるうどん屋(大体
花子とか石田なんとかが店員)みたいなお約束の場所としては
ちゃんと成立してたし、吹っ飛ばされる店員・花子に相当する
カツラを飛ばしてばかりの塾長(武田真治)が結構光ってた
(最終回では頭部も光ってた!)。

木曜日にやっていた米倉涼子主演の「交渉人」は、このまま
続けてみてたら面白くなるかも!と思ってみているうちに、
面白くならないで終わってしまった・・・

そして昨日の「薔薇の無い花屋」。私はもう2話目くらいから
飽き飽きしていたんだけど(竹内結子はきれいだったけど)、
なぜか、普段、私がドラマを見ているといちゃもんをつけて
欠点をあげつらい「こんなつまらない話!」とエラそうに説教する
うちの夫がハマりやがり、最後まで見る羽目になりました・・・
私は、子役とかおばさんの演技がいかにもすぎて本当に
イヤだったんだけど・・・松田弟は「女帝」のほうが良かったし(笑)。
昨日の最終回も、なんだかイマイチ。しかし、なんで、昔から
ドラマやマンガで「貧乏な家の誕生会」っていうと、色紙の輪を
鴨居のあたりに飾るんだろう。もっとみすぼらしくなるのにーとか
毎回思っちゃうんですよね。花屋さんなんだから、売れ残りの花で
アパートの部屋を飾ればよかったじゃん、と突っ込む私に
「つつましやかでいいじゃないか・・・」と目をうるませかける夫。
いやー、最終回、内容はショッキングじゃなかったんだけど、
こんなので結構マジで感動して「野島伸司のドラマって初めて
見たけど、皆がいいって言うの分かるよ!」と目をキラキラさせている
夫にショックを受けたのでした。

ちなみに・・・
昨日から、関東エリアでは、夕方からTBSで「GOOD LUCK!」の
再放送が始まりました。当時、堤真一とか内山理名などを敬遠して
見なかったのですが(よく妹などに「木村拓哉どれだけ好きなの?」と
言われますが、嫌いな堤真一が出てるだけで主演ドラマをすっ飛ばす程度
ですから、ファ、ファンなんかじゃないんだからねっ!)、ついつい
踏み台昇降用に録画して見始めています。あの主題歌が頭から
離れません・・・(「薔薇」の主題歌もよかった山下達郎ですが、
やはりいいなー♪ラーイド オンタイム(ライドンターイム)←コーラス(笑))
朝から鼻歌で歌っていた(コーラスまで)。なんか悔しい・・・
ちなみに最近の夫の鼻歌は、なぜかもっぱら「オリーブの首飾り」。
歌詞がないので♪ちゃららららら~、で歌っております。

ドラマ視聴者としても鼻歌シンガーとしてもしょぼいぞ、夫!
がんばれ!
by tohko_h | 2008-03-25 13:15 | watching