人気ブログランキング |

チキチキさんたちの菜園

今はすっかり、トルコ漫画家として名を馳せていらっしゃる高橋由佳利先生
ですが、私の少女時代は、りぼんの中で「オトナ担当」という感じの
クールなラブストーリーをたくさん描かれていました。その中に、
「王様たちの菜園」というステキなお話がありました。お嬢さま学校の
女子寮の庭に野菜畑があって、女子高生たちがそれを育てつつ
畑の中で出会いもあって…みたいな可愛いお話だった記憶があります。
女子高ものの定番の、先生と恋、みたいな展開があったような…

そういう漫画にうっとりしつつも、すっかりインドアなオトナになり、
インドアな男と結婚してしまったために、ますますインドア派、
週末は、ご飯食べてテレビ(1週間分のドラマの録画とか…)、
という、仕事してなきゃニートだよ、みたいなダラダラっぷり。
畑なんて、幼稚園のときのいもほり以来かもしれません(あ、
小学校3年のときはジャガイモ育てたような。ヘチマは枯らしたが)。

なんて私からすると、爽やかな笑顔のイメージを裏切らないtikitikiさんの、
週末はカップルで仲良く野菜を育ててる、という趣味はまぶしいばかり。
そんな憧れのチキチキさんの菜園からいただいた、取れたて野菜を
先日、いただくことができました。じゃーん!
土のついたままのジャガイモと、上の茎の部分もついたたまねぎ。
a0079948_918515.jpg


たまねぎは本当に甘くて、生で食べないともったいない!ということで
スライスして食べまくり。こちらは脂ののりきったカツオの刺身を
つけあわせに(刺身が付け合せでメインはたまねぎなのよ!ホント!)
いただきました。普通にポン酢でもおいしいのですが、最近、
スシ酢が余ってたので(スシ飯を最近炊いてない証拠だわ)、それと
醤油を混ぜて、甘酢風のタレをつけて野菜とか魚、豆腐を食べるのに
凝っていたので、この日も、その、スシ酢ドレッシングで食べました。
a0079948_9182823.jpg


ちなみに、写真を撮り忘れましたが、ジャガイモのほうは洗って
皮ごとセイロで蒸して、アンチョビとバターを適当に混ぜたものを
トッピングがわりに少し添えました。ジャガイモには塩辛が合う!と
北海道育ちの私は思うのですが(北海道の定番の食べ方らしい)、
塩辛がなかったので…塩気と生モノっぽさが欲しくて代打・アンチョビ!
これは正解。塩気がおイモの甘味をより引き立てて(お汁粉に塩、の
原理に近い??)、ぽくぽくと大満足でした。

チキチキさん、おいしい野菜をたくさんご馳走様でした。
食べきれなくなったらいつでも言ってね(笑)。

こちらは、完全な蛇足ですが、ご飯も食べたよってことで。冷蔵庫の
余りモノで丼。ゴーヤとナスと冷凍エビ(セワタを取る作業が実は好きな私)、
細切りにした豚肉をいため合わせてカタクリ粉でとろみをつけて
インチキ中華丼。単純な塩味で。エビマヨと野菜炒めを作ろうと
思ったのだけど億劫で一緒にしちゃいました、というのが真相。
a0079948_9184453.jpg

by tohko_h | 2008-06-12 23:18 | cooking