人気ブログランキング |

中村屋の天成肉まん

色気のない食べ物のはずなのに、真冬の肉まんにはドラマがある。
…なんて思っちゃうのは、思い切り「東京ラブストーリー」世代だからかも
しれないけど(カンチとリカが肉まんを分け合うシーンがあったのです)、
コンビニで気軽に買い、隣を歩く誰かと「寒いね」「おいしいね」なんて言い合って
ほふほふ行きたいものです。
俵万智さんの「寒いねと言えば寒いねと答える人のいるあたたかさ」という
短歌にも通じるように。

しかし、そんじょそこらのコンビ二では買えない贅沢な肉まんを、おうちで
ほふほふM-1見ながら食べるというのも乙なもの。
てなわけで、買って置いたんです、中村屋の天成饅。

国産豚肩ロースやどんこ椎茸など贅沢な素材をはじめ、
長ねぎ、たけのこ、しょうがなど十数種類の素材を使用し、
塩味ベースに味良く仕立てた具材を、当社独自のほどよい弾力があり、
風味のよい生地で包んだ肉饅です。
(新宿中村屋公式サイトより)
a0079948_21432923.jpg


普通に蒸し器で蒸してから、あ、去年蒸篭買ったんじゃん!と思い出しても
後の祭り。この皮も、ほんのり甘くて…愛する551のぶたまんにしてもそうなんだけど、
やっぱり、皮にもある程度風味が感じられたほうが具材を受け止める力があって
おいしいと思う。
a0079948_21434061.jpg


というわけで、豪華な中身。すべてが一体化してる感じじゃなくて、
たけのことかしいたけの食感がリアルに残ってて、お肉もゴロゴロと
ミンチっぷりにむらがあって、時々大粒なのがあっておいしい!
a0079948_21435331.jpg


これを食べながら、お茶を何杯も入れてM-1を通して見てました。

☆司会者が小池栄子から上戸彩ちゃんになっていた。「私も面白いでしょ」と
したり顔の小池さんより彩ちゃんのほうが合ってるかも(昔、眞鍋かをりも
やってなかったっけ?)

☆紳助さんはいつも隣のまっちゃんを意識して審査してる気がする。結果、
結構点数の開きはあるんだけど。

☆ここに勝って欲しい!みたいな贔屓はなかったんだけど、ここはイヤだ!
というところが一組はっきりしていて、そこが決勝に残らないでよかった…
でもラスト8組に残れたのも謎。

☆笑い飯とU字工事とザ・パンチが笑えなかった。パンチの「死んで~」は
あんまり好きじゃないかも(旦那氏は一番面白かったらしいけど)。U字工事の
栃木ネタは、地元テレビ局で受けるんだろうなーと理解はできても自分の中で
笑えなかった。笑い飯は…年々つまらなくなってるような気がする。

☆モンスターエンジンはもうちょっと点数がよくてもよかった気がした。
ダイアンは一組目で可愛そうだったけど、力不足な感じもした。

☆ナイツは、1回目の宮崎ハヤオネタはよかったけど(「紅のメスブタ」→
「コトを済ませば」→「風の谷を直すか」(←それはヤワラちゃんでええやろ))
決勝で取り上げたSMAPがとても消化不良だった。しかし中居くんの
女性スキャンダルネタとかちょっと触ってたけど大丈夫なのかな~。

☆敗者復活で出てきたけど、最初からそこにいた気がするオードリー(笑)。
1回目は、2番かなーって思ったけど、決勝は他の2組より圧倒的に面白いから
優勝をかっさらうかな、と思ったので、ちょっと結果にびっくり。

☆といいつつ、NON STYLEの優勝は嬉しかった。ボケの人がお尻を
叩きながら自虐的に一言ぽんぽん言うのが面白くてたまらなかった。
最初から最後まで同じテンションで面白かったのが凄かった。

というわけでNON STYLEってぜんぜん知らなかったけど、年末年始のテレビで
結構見られるかな、ちょっと楽しみになりました。
by tohko_h | 2008-12-21 22:11 | eating&drinking