人気ブログランキング |

「マザコン」

a0079948_20302012.jpg
「マザコン」角田光代
母をめぐる物語が8編詰まった短編集。

「空を蹴る」
無職の息子がそこらでひっかけた
女を連れて熱海へ。そのお金は
母が入院していて無人の実家から
あれこれ持ち出して質屋で作った
お金・・・ぶらぶらしてるだめ人間が
だらだらしている、というちょっと前
までの私が苦手だった角田ワールド。


「雨をわたる」
潔癖症だった母親が、父亡きあとに選んだ老後は
フィリピンに移住してのびのびくらすというものだった。
無理に決まってると思う私(=娘)は、現地の母の
暮らしぶりを見に行くことに・・・母と現地の友達の
だらだらした会話にいらだつヒロインの心理描写がうまい。
私が親戚の法事とかで感じる苛立ちにも通じる。

「鳥を運ぶ」
母が入院している間、頼まれて飼っている鳥の世話を
することになっ主人公。6羽がそれぞれ別々の鳥かごで
暮らしている鳥達を運ぶために、シュークリームを12個買い
箱を6つもらってきたが・・・という冒頭の描写が秀逸。でも
後半の人間関係の話(分かれた夫とのあれこれ)はありがち。

「パセリと温泉」
入院した母親の言うことがおかしい。病院にいるのに、仲の
悪かったはずの親類の女性と温泉に来ていて楽しい、みたいな
明るすぎる話を延々と続けるのだ。母はボケてしまったのか、
娘はどうしていいかわからなくなる。

「マザコン」
再婚した母と距離をとっていたつもりが、年上妻に「マザコン」と
罵られる夫の困惑。表題作のはずが印象が薄い。


「ふたり暮し」
我が家は独身娘の私と母の二人暮らし。買い物してきた服はもちろん
下着まで着て母に見てもらう。そんな母娘を気持ち悪がって、妹は
さっさと好きな男のもとに嫁いでしまった。姉妹みたいに暮らしている
私たち母娘のほうが幸せなはずだけど・・・

「クライ、ベイビイ、クライ」
仕事をやめて物書きを目指すことにした主人公。しかし、自費出版で
1冊出したきりで何も進まない人生。減っていく預金。抱えてるローン。
そんな主人公は、実家の母に電話をかけることに。
「もしもし、オレだけど」と、あの、はやりの詐欺のように。

「初恋ツアー」
実母より義母が好きだ。なので、夫と義母と3人で旅行というのは
きっと楽しくなる気がした。義母が希望したのは北海道。初めて
好きになった男が住んでいるので会いたいというのだ。母の女の部分を
見せられてショックを受ける夫。浮かれている姑。2人を間に、
どうしたらいいの?

いろいろな角度で母と子を描いた作品群。
あえてドライに書いているのか、余韻がゼロなのです。
しかし、本当にだめな男の人ばかり出てくる短編集で、読んでいて
イライラした(それだけうまいってことなんだろう)。
by tohko_h | 2009-01-25 20:36 | reading