人気ブログランキング |

「シンデレラ・ティース」坂木 司

a0079948_1726195.jpg
「シンデレラ・ティース」 坂木司
割と好きだ、ひょん系の話。
ひょん系というのは私が命名
したのだけど「主人公がある日
ひょんなところから○○に
巻きこまれ…」みたいな話。
ご都合主義的だったり、
能天気だったりeasyな展開
に走る傾向があるけど、
その潔さを私は好もしく
受け入れる方。
むしろ、メインの話に行く前に色々
積み重ねていくタイプの話だと、


その「いろいろ」の時点でくたびれて本題を楽しむ体力が残ってなかったり
しちゃうんですよね。
というわけで、自分が仕事で本のあらすじを書くときはなるべく避ける
「ひょん」系ですが、この「シンデレラ・ティース」は、素敵にひょんひょん
しております。

普通の家庭でのびのびと大学生をやっているヒロインが夏休みのバイトに
「ひょんなことから」ある歯医者で受付係を務めることになります。
歯医者が大嫌いで怖くてたまらないのにそこで働くことになるなんて・・・
しかし、温厚な歯科医の先生や、入れ歯などを作る技工師、アクの強い
美人衛生士さんなど、マンガチックに善良な人たちに囲まれて毎日
仕事をするうちに、彼女は成長していくのでした。その成長のきっかけに
なるのが、1章ごとにかわる、ゲスト的な患者さん。突然怒りっぽくなった人、
彼氏と旅行に行く前に別れてしまう人など、ちょっと不思議な行動をとる
患者と出会い、その悩み(口の中の悩みが人間的な悩みにつながってる
ケースが多く、それを歯科医としての方法と精神面での方法で癒すパターン)
で治していくのがお約束。このへんのパターンにはまってる感じは、
まるで水戸黄門か遠山の金さん。桜吹雪こそ舞わないけど、一件落着ーと
痛快にオチが決まります。
歯科医の治療の話とか、業界ものとしての醍醐味もあり、お約束の
ヒロインの恋だのなんだのもからまって、なかなか爽やかな1冊。
昔の少女小説風でもあり(女の子の成長と恋を歯医者と言う身近で
ありながら内幕は特殊なところを舞台にコンパクトに一夏で収めた
ところがうまい!)楽しく読みました。





院長の孫娘が病院に出入りする話の章が、あります。
彼女は、ヒロインの気に入っているある男性(病院内の人)に顔を
近づけたりして、ヒロインをハラハラさせます。キスしてるの?と。
しかし、それはヒロインの誤解で、ふたりは無事に接近します
(これはべたでオッケーな展開!)。
で、彼が「孫娘が僕に顔を近づけてくる理由」を話してくれて誤解が
とけてよかったねーっていう話なんだけど。

その娘さんは過去に事故に遭い、顔にたくさん傷を負ってしまい
骨も砕け、とにかく大変な状態になったそうです。それが無事に
直ったので、時々来ては「ずれてない?」と必死で歯医者さんや
専門家に見せて聞くんだ、というのが真相でした。特に、好きな
人とのデートの前はナーバスになっちゃうらしいです。

物語の中では「今はなおってよかったね。彼女の顔も
恋心も可愛くて良かったね」「女の子だったら顔気になるもんね」
的なトークを交わすヒロインと彼女の好きな男性。

しかしもしも私が彼女だったら、好きな男性が女の子の顔のことを
「治って良かったね」なんていう風に受け止めていたら、ちょっと嫌かも。
だって、実際、治らなくて苦悩している人もいると思うし(私も眉毛の中に
うっすら縫った跡があります・・・体調が悪いと目立ってくる(笑))、
怪我などでなくても「私は可愛くない」と悩んでる女の子は多数いるわけで
しかも、この女の子の場合は、知り合いが優秀な医師で、形成外科にも
コネクションがあって何度も手術できる運と経済力があったわけで・・・
実際に同じような目に遭って「良かったね」じゃないことになってる人も
いるだろうになーと思うと、ちょっとデリカシーがない気がしました。普通に
歯並びが悪くてキスするのがどうしたこうしたって話でいいじゃん、
彼女がかわいくて恋すると外見が気になるって話したかったなら・・・
なので、この章だけは嫌いです。

でも、全体的にはトーンが明るくて良い小説だと思うので、困ったものだ。
by tohko_h | 2009-05-13 17:33 | reading