人気ブログランキング |

舞台ネタ続きます。

丸顔で色が白くてたれ目気味で、美人というよりは可愛い、かな?
的な、童顔路線が多い女性売れっ子タレント界において、異質の
大人顔美人の黒木メイサちゃん。

実は私が初めてメイサちゃんを見たのは、舞台・・・
チケットが取れないことで有名な光一くんの「SHOCK」で、相手役が
彼女でした。

あの舞台って、主演以外の人はチケットを買う前にだれが出るか
分からない、みたいなちょっと特殊な部分があるので、ヒロイン役が
誰かなんて考えたこともなかったし、割とそれまでは、宝塚OGとか
舞台慣れした人がてきぱきこなす役、といった印象(光一くんの
兄の妻、という設定だったので年上の女優さんばかりだったし)。

それが、リニューアルして「コウイチより年下で、幼いころから
彼だけを慕ってきた一途な若い女の子」というヒロインに生まれ変わり
そのリニューアル初年度のヒロインがメイサちゃんでした。

たぶん当時、16歳くらいの若さだったと思うんだけど、スタイルいいし
大人っぽくてキレイだし、ほぼ新人さんだったとあとで知ってびっくり。

で、それから数年して、テレビやCMなどでも活躍するようになり、
今は、クール系美人の名前を欲しいままにしている彼女が・・・

つかこうへい作「飛龍伝」のヒロインに抜擢されて、来年2月に
新橋演舞場に立つらしい。

うわーこれ見たい!

もともとメイサちゃんはつかさんのところで修行時代は舞台の経験を
積んでそれから芸能界って感じでスタートは舞台だったわけだし、
「飛龍伝」ぴったりだと思う。

ある男を愛したことによって学生運動のトップに祭り上げられ、
そしてその作戦として別の男を愛する、というとんでもない運命を
背負うヒロイン・神林美智子(もちろん安田講堂の樺美智子さんが
モデルになってるわけですね)。

石田ひかりや牧瀬里穂、そして広末涼子も妊娠中に演じた、
若手女優の登竜門的な役でありながら、バイオレンスな要素あり
激しいラブシーンあり、アクションに歌にダンス、と、男性だけの
共演者たちの中でひとり最後まですっくと立っていないといけないヒロイン。
※私は広末版は青山劇場で見ました。身のこなしが思ったより
奇麗でよかった。

絶対、ハマると思うんだよねー。

問題は、運命の男・山崎を演じる筧さんが出演するかどうか
(ここ肝心)。

しかし2月というと、まさにその光一君舞台もあるわけだし・・・あ、
つかこうへいファンのモテさんの誕生日が2月だから、チケットを
とっておくってのはどうかな(いつもプレゼント何にするか悩むから)。
by tohko_h | 2009-08-14 12:47 | watching