「ゴールデンスランバー」伊坂 幸太郎

a0079948_10193768.jpg
「ゴールデンスランバー」
伊坂 幸太郎
仙台に首相がやってきた。
オープンカーでのパレードに、
突然、ラジコンヘリコプターが
ぶつかってきて、車は大破。
首相夫妻暗殺事件の犯人と
して、青柳という男の名があがる。
そのころ、青柳は学生時代の
友達に呼び出され車の中で
「オズワルドにされるぞ」と
言われる。そう、JFK暗殺の
最初の容疑者で非業の死を
遂げたあの男に…そうして、青柳は、心当たりのない事件の容疑者として
追われ始める。
検問がしかれ、列車が止められた異常事態に湧く仙台の中で、
彼は逃げおおせるのか。濡れ衣はどうなるのか。
そして、青柳の友人、昔の恋人、もと同僚らは、事件の報道を知り、
何を思うのか。

まもなく映画が公開されるので、その前に読んでみようかな、と手を出した
(たまたま手元の積ん読本の中に紛れ込んでた。ラッキー)ら、
止まりませんでした。
無実の罪を背負って逃げる話らしい、というのは事前になんとなく知ってて
「だったら逃げないで、自分は違うって言えばいいんじゃないのかしら」と
少し思ってたんだけど、読んで納得。青柳は、最初から「こいつを犯人役に」と
陥れられることが決まっており、そのために、様々な小細工がされており、
無実を訴えても誰も信じてくれないような状況まで追い込まれていたの
ですから。

仙台という町の中での逃走劇、かつての青柳を知る人たちの人間模様、
終盤で次々と真実が明るみになっていくドミノ倒し的な展開などなど、
むしろ、すでにこういう映画があって、そのノベライズ作品を私は
読んでるんじゃないかな、とすら思いました(笑)。

青柳の逃走劇などの「現在」の時間軸に対して、学生時代のエピソードとか
昔交わした言葉とか、一緒に食べたご飯のこととか、他愛ない過去の
シーンが挿入され、最初はそれがちょっとめんどくさかったんだけど(時間軸が
前後するのって落ち着かないし)、最後に、それらすべてがある意味パズルの
ピースだったんだな、と納得します。
終わり方については賛否が分かれるかと思いますが、これは、ラストに
なだれ込んでいく勢いそのものを楽しむ小説だし、と思えば私はアリだったかな。

唯一失敗だったのは、映画のキャストもある程度知ってて読んだので
もうその人たちの顔に登場人物が脳内で勝手になっちゃったこと。
主演の堺雅人とヒロインの竹内結子はすごく合ってる気がします!
[PR]
by tohko_h | 2010-01-22 10:24 | reading