人気ブログランキング |

2006年 12月 06日 ( 1 )

a0079948_15184618.jpg
「使命と魂のリミット」 東野圭吾

頼もしかった最愛の父が、
大動脈瘤の手術を受けて
あっけなく逝ってから10年。
当時中学生だった娘・夕紀は、
帝都大学病院で研修医として、
父の執刀医だった 教授・西園に
指導を受けていた。
素晴らしいオペ技術を持つ西園だが、
夕紀はひそかにある疑惑を抱いていた。
「父の手術で先生は、もしかしたら…」
そしてふと思い出す中学時代の記憶。
喫茶店で執刀前の西園は、夕紀の母とふたりきりで話をしていた。
通りかかった夕紀に気付いた時の、西園と母の微妙な表情を思い出した。
なぜ、執刀医と、執刀されるクランケの妻が喫茶店で?

そのころ、帝都大学病院の看護師・望に急接近して恋人となった穣治は、
病院で、 財界の大物の心臓の大手術が近いうちに予定されていることを知り、
それについて、詳しいことを聞きたがったり、手術室をこっそり見たいと
ムリを言い出す。彼は、病院の何を知ろうとしているのか?

そして、西園が執刀し、夕紀も立ち会う、運命の大手術の日がやってきた。
手術を受けるのは、さる自動車会社の会長。モーターイベントの前に
退院したい、と、ずっとせかされていた手術だった。そして、その日を、
穣治も、ある決意を胸に秘めて迎えた。

というわけで、ほぼ病院内を舞台にしたサスペンスです。
心臓外科手術の緊迫感の中、 過去のしがらみを持つ人たちの
思惑が絡み合い、ある事件へとつながっていく 流れはスムーズで
読みやすく、東野さんらしい医療エンタテイメントとして 一気に読めます。
そんなに大どんでん返し、とか、ひねりのある展開ではないので
謎解きミステリーの迫力はそれほどでもないですが(穣治の「理由」も
割とありがちだし)、人間ドラマとサスペンスがほどよくミックスされていて
またまた映像化しやすい感じ。

ラスト近くでは、医師とは、人の命と対峙することとは、 というテーマにも
重くならない程度に触れられており、ちょっとした感動もあり、読後感も
なかなかでした。「赤い指」の後味がとても苦かったので、
いろいろ「最悪の結末」を考えて読んでいたぶんだけ、すがすがしく
最後まで読めたというのもあるんだけど(笑)。
by tohko_h | 2006-12-06 15:19 | reading