人気ブログランキング |

2007年 02月 02日 ( 4 )

田中でいきます。

斎藤くんの対長澤まさみアンサー「好きなタレントのひとり」はうまい!と思いましたが、
今、報道ステーションを見ていたら、田中くんの名コメントが!

今日もキャンプで見事な力投を見せた田中くんに、楽天の野村監督はほんとうに
嬉しそうな笑顔で、こう言いました。断言!
「変化球もあそこまで投げ分けられるの、プロでもあんまり見ない。
松坂の後継者ができた」


それを聞いた記者が、田中くん本人に「(監督が)松坂2世って言ってましたが」と
話を振ると・・・一瞬考えたような間があって

「田中でいきます」

こうやって字で書くと「俺は俺」みたいな生意気なセリフにも一瞬取れますが、
いつもの柴犬系母性本能直撃な顔(テレビ東京の美人アナウンサーにも
「母性本能くすぐりますね、けっこう」と面とむかって言われ、困った顔をして
結果、もっとくすぐり系の顔になっていたこともあったっけそういえば)で
答えていたので、素直に「僕なりに頑張ります」という風に聞こえた。
今までの謙虚系キャラからいっても、たぶんそういうこと、なんでしょう。
だけど、やっぱり、プロとしてのプライド、みたいなものも、ちらっと見えた気が
して、なんかドキっとしたのでした。素敵で! 

そういえば、プロ野球界のMYOJO的雑誌「プロ野球ai」最新号にも
私服グラビアが掲載されてました。おまけのポストカードも!
by tohko_h | 2007-02-02 23:01 | baseball

まゆみさんのブログで「福島物産展においしいタルトのお店が出ている」という
ステキ情報
を知り、最終日ぎりぎりに駆け込んでみたのはもう先月のこと。
親類縁者が東北にいないものだから、あまりどんな土地かイメージできず、
しかも福島って関東に近いから、旅行に行くって感じもなくて・・・
ノーチェックだったのですが、記事とお写真があまりにもおいしそうでつい。

タルトってすきなんだけど、外見がラブリーでも食べると「うーん?」と
さびしかったことも何度もあるし、なかなか好みのものに会うのは難しい。
個人的には、クリームと果物だけ、のシンプルをよし!とする私。たまに、
タルト型の中にスポンジとか入ってるのもあるけど、そういうのは無いほうが好き派。

では、とりあえず、お披露目!
彦摩呂じゃなくても「味の宝石箱やー」と言いたくなるこの眺め!
ル・ヴェルジェのタルト。でございます。
a0079948_0534562.jpg


松屋に開店と同時に飛び込み(1月22日、月曜日が最終日でしたので、出勤前に
行きました)開店と同時にショーケースのタルトに食いつく私に、お店の方は
笑顔で「果物屋のタルトだからフルーツにはこだわってます」と説明して
くださいました。フルーツフェチ(とくに苺と柑橘)にはたまらないお店。
この生な感じの果物と、さくさく感が見るからにすごそうなタルト生地をまのあたりに
すれば「お取り寄せはしておりません」にも涙ぐみつつも納得の輝き。
そう、食べる前から確信しました、これは絶対においしいって。

悩んで選んだ4つのタルトは、その日の晩ご飯と翌日の朝ご飯に。
こういうとき「朝から甘いケーキが平気で食べられる」というTPOより味覚、な
自分の神経に感謝したくなります、ふふふーん。たまに夫に、朝からケーキ?と
ヘンなカオされるけど、夜中に食べるよりヘルシーだし、いいと思うの。
(この日は夜に食べて朝も食べたのでヘルシーはさておいたわけですが)。

まずは、やはりカスタードにいちばん似合うフルーツ、苺です。確かとちおとめ。
ルックスもキレイですが、この味わいがまたすごいです。苺のスイーツは
かなり好きですが、やはり高野とかもそうだけど、果物屋さんだと味を
完璧に引き出されてる印象。
a0079948_05498.jpg


こちらのブルーベリーは、カスタードクリーム味とチーズクリーム味があったので
チーズのほうにしてみました。要するに品のいいレアチーズクリームに
甘酸っぱいごろごろの生ブルーベリー。完璧な相性にうっとり。
a0079948_0543475.jpg


こちらはベリー総登場みたいなタルト。というと、東京の名店(でも、もとは浜松が
発祥の地なんだって)キルフェボンにも「赤いベリーのタルト」と言う名作が
ありますが・・・超えてる。おいしいタルトといえばキルフェボンが最強って
思ってたのに、私はこっちのほうがより好み。土台のシンプルさがどこまでも
主人公のフルーツを引き立てる。ケーキっていうか、贅沢な生菓子。
和食だと果物のことを「水菓子」と呼んだりすることもあるよねそういえば。
a0079948_0545171.jpg


そして、最後にとっておいた(朝向きっぽかったし)グレープフルーツのタルト。
かんきつ類を愛するがゆえに選んでみましたが、カスタードとの相性は
どの程度かしら、と思ってたら、これがまたすごくて。ホールで食べても
いいような涼しげっていうか爽やかっていうかジューシーっていうか。
a0079948_0551172.jpg


毎日、夜中に郡山のお店で焼いて(松屋さんで実演でやってたのもあるらしいけど
大半はそうしていたそうです)トラックで夜道を走ってやってきてくれたタルトは
本当に美味しくて、福島に行く縁も用事もなくて、もう一生食べられないかも、と
思ったり、来年も松屋には絶対来てほしいかも、と願ったりしました。
今までも普通にタルト好きでしたが「タルトってこれくらいの美味しさ」と、
自分の中で線を引いていた上限を軽々と飛び越えられた嬉しさと、その
突き抜けた美味を知ってもしょっちゅういけない
もどかしさとかさびしさが、かなりせつなーい((C)スイーツ女王)。
by tohko_h | 2007-02-02 18:07 | eating&drinking

ちょっと前の話ですが、妹と新宿でベイクルーズのファミリーセールに参加した帰り、
お気に入りの和風居酒屋、
えん 池袋パルコ店へ。
こちらは、駅直結のロケーションで、23時半クローズなので、だらだらするのに
最高です。メニューもそこそこ幅があって楽しいし。
まあ、この日は、そのロケーションが仇になりましたが、若干。

新宿でセールに参戦した後、池袋まで戻ってきて、こちらの「えん」に行くために
パルコへ・・・エレベーターで直接ダイニングフロアまで行けばよかったのに
なんとなくエスカレーターで上って行った為、2Fの「spick&span」に
立ち寄ってしまったのです。このショップ、新宿で攻めてきたベイクルーズ
ショップのひとつだったりします。このベイクルーズってところは、
他には女王様御用達のジャースタことジャーナルスタンダード、IENA、
最近だと、深津ちゃんと広末さんがドラマで勤めてるって設定だった
エディットフォールルなんかも含まれる、カジュアル~カワイイ系まで押さえてる
頼りになるメーカーさん。
つまり「今、ファミリーセールで買ってきたものの定価を見て楽しもう、
えっへっへ」という黒い思いで行ったんですよ。
ところが、spick&spanのほうもセールをやっていたのです!
しかも! ファミリーセールと同じでバンバン半額になってるの。
お正月セールが終わって(大体ここで3割オフくらいが相場かな)、更に
追い討ちセールをやっててくれたみたい。

ここで、妹は先ほどのセールで買ったキャミソールの色違いを買い、私は
ずっとプロパーの頃から「いいなーでもラブリーすぎるかな」と見て見ぬフリを
していた、白と黒の柄スカート(シルク!)が半額だったので、やはり
カッチマッターというわけでございます。新宿から池袋まで、山手線でいうと
4駅分? ガッツリついてきたヤツに乾杯!いえ、完敗でした・・・

というわけで、物欲に振り回された心を鎮めるような落ち着いた「えん」店内へ。

労働(?)のあとはやっぱりビールです。この1杯のために働き、買った。
そんな気さえしてきました(絶対違う)。ヱビスねもちろん。
a0079948_1303941.jpg


お通しは豆腐なので、冷奴は頼まなくてもオッケーです。ちなみにお通し代は
500円か300円かそこらですが、ぐるなびのクーポン(上にリンクしておいた
ところからどうぞ!)を持っていけば1000円引きなので、ふたりでいけば
お通し代は相殺されるのだ。生活の知恵。この細やかなお金遣いにはなぜ
セール会場や伊勢丹をはじめとするデパート各店では発揮できないのか。
a0079948_130573.jpg


もつ煮・白味噌仕立て。これはヒットです。とにかくモツは素直にふるふるしてて
臭みもなく、白味噌の品のよい甘じょっぱさも素敵です。
a0079948_1311321.jpg


これは、手書き風のイレギュラーメニューの「本日のお勧め」より鮭はらす。
980円もするので頼むかどうか悩んだけど(どうして2万のスカートが1万に
なってたときより悩むのかここで)、頼んで正解のボリューム、そして美味い!
ビール派の私にも焼酎(または泡盛)派の妹にも美味しいおつまみに!
a0079948_1313378.jpg


そして、鴨と葱のマリアージュ。実は、生まれて初めて食べたフランス料理の鴨は
あまり好きになれなかったのですが、こうして和風で食べることを覚えてから
鴨好きに。今は、洋風鴨もカモーン!ですけどね。
a0079948_1315523.jpg


そして、入店と同時に頼んでおいた旬の土鍋ご飯(炊くのに40分かかるので
時間の配分を考えて頼むのがポイント)。12月の牡蠣もおいしかったけど、
1月はカニでした。もちろんおこげも・・・
a0079948_1323369.jpg


思わず中身が見えるようにもう1枚激写! 女子ふたりでしっかり完食。
セールで試着してる時は「もうちょっとしぼったら」という会話をしてたのに
このボケっぷり・・・(笑)。
a0079948_1321216.jpg


というわけで、食欲物欲大爆発、なちょっと前の夜のお話でした。
by tohko_h | 2007-02-02 13:02 | eating&drinking

悪妻3分クッキング

どちらかというと、夫がいないときにひとりぶんだけこそっと何かを作って
食べるのは、好きなんです。ほら、批評とかされないし、自由に作れるから(笑)。

こちらは、鴨鍋。鴨と焼いたネギと、セリを入れてみました。おいしかったー!
あとで稲庭うどんも一緒に食べたりしました。
a0079948_1255012.jpg


こちらは、ヅケ丼。焼いたネギ(大好き!これだけでご飯でもビールでも大丈夫)と
カンパチのヅケをご飯に。
a0079948_1481481.jpg


たいしたお料理じゃないんですが…ちょっとアップしておきたかったのは、実は
上の鴨鍋をよそった器が割れちゃったんです。
食卓からシンクに運ぶ途中で、漫画みたいに大きなくしゃみが出て
手からころげおちた器がフローリングにがしゃり、と・・・

結婚した当初、恵比寿の安い器ばかり売っているお店のワゴンで確か
400円くらいで買った、おちゃわん以上丼未満のサイズの便利な器でした。
新婚だったのに、なぜか1個だけさくっと購入(たぶん1個しか売られて
なかったんだと思います)。
お茶漬け、雑炊、丼モノ、ひとくちだけうどん、なんてときにどんなに役立ったか!
というわけで、器に感謝の気持ちを込めて。
by tohko_h | 2007-02-02 02:17 | cooking