人気ブログランキング |

2007年 03月 27日 ( 2 )

華麗なる百貨店の競争

ついこの前まで、ドラマ「華麗なる一族」で銀行の統合、食うか食われるかの
戦い、みたいなものを興味深く見ていたし、実際に、最近だって、
富士銀行と第一勧業銀行が一緒になって「みずほ銀行」ができたり、
みたいなことはあった。

そして、どうやら百貨店業界でもそういう動きがじわじわあるみたい。
百貨店再編加速 阪急・阪神が10月1日に経営統合 (フジサンケイビジネスアイ)

リンク先の記事によると、昨日、阪神百貨店と阪急百貨店が経営統合を
発表し、持ち株会社「阪急百貨店・阪神百貨店ホールディングス」(仮称)を設立し、
傘下に両百貨店が入る形になるらしい。両百貨店のブランドは残し、
商品の仕入れや物流の共同化などでコスト削減を図っていくとか。
更に同日、5位の伊勢丹と9位の東急百貨店が業務提携することも明らかに。
こちらは、商品企画や開発を共同で行うほか、情報システムを統合。
東急は伊勢丹から役員級の幹部の派遣を受け入れ、商品の企画力などに
優れる伊勢丹のノウハウを取り込み業績の改善を図り、伊勢丹は提携により
仕入れなどの規模を拡大し、商品調達力をさらに高めることを狙っている、とか
(こっちは、伊勢丹のほうが強そう・・・?)
つまり、阪神と阪急、伊勢丹と東急が手を結ぶらしい。
大丸・松坂屋も、経営統合しておなじグループになるそうだし、こうして
いくつかの大きな塊にまとまっていくんだろうか。
西武とそごうだって、さほど詳しくないけど、クラブオンカードとか
セールのときのおかいものクマとか共有してるので、おなじグループに
なってるんだろうし。

伊勢丹ファンの自分としては、伊勢丹の唯一無二の存在感を溺愛
しているので、その「伊勢丹らしさ」までが流出しちゃうのはちょっとなー、
とか、ちょっともったいぶってみたり。あと、札幌の丸井今井みたいに
その地元ではトップのデパートも全国区の大手に統合相手として
見初められたりしていくんだろうか。
by tohko_h | 2007-03-27 14:48 | shopping

明日はわが身、ということで、雑誌や本で誤植を見かけると、笑うどころか
「怖い…」とブルってしまう私ですが(仕事柄)、さっき、ある雑誌を読んで
いたら「誰もが憧れる○○界のマドンナ」と書いてあるべきところが
マンドナとなっていた。
マンドナ・・・全然憧れられてない感じ(笑)。

「ン」の入るカタカナワードの誤植は結構仕上がりが間抜け。
以前も、某漫画雑誌で「トンネル」が「トネンル」になっており(しかも
アップのコマに入ってるセリフだったので写植も大きかった…)
脱力しちゃったことが。

という私も今から気の張る校正。目次の校正って、ページ数を間違うと
大変なことになるので、責任重大なのです。
by tohko_h | 2007-03-27 12:34 | happening