人気ブログランキング |

2007年 08月 16日 ( 1 )

私は普段、人に道をやたら聞かれたり話しかけられたりするので
そういうのがすごく苦手になってしまい(「コイツなら話しかけても
怒ったりしないだろう、とあなどられまくりな気がして)、
病院の待合室とか駅のホームで知らない人に話し掛けられるのも
好きじゃないんだけど、今朝は、ちょっと気まぐれで、宗旨替えして
バス停で待っていた人に話しかけられて、雑談してしまいました。
うーん、後悔。でも、勉強になったかも??

私がいつもの最寄のバス停にふらふらと歩いていくと、
割と上品そうな老婦人が既にバスを待っていた。
私を見ると、とても自然な口調で「暑いですね~」と声を
かけてきたので、私もついつい「今日もすごく暑そうですね」とか
相槌を打った。そこで普段だったら「これ以上一言でも
話しかけたらゴルゴ呼ぶぞ」くらいのイキオイで背中を向けて
話しかけないで欲しいアピールを必死でするんだけど
(挨拶的やりとり以上、通りすがりの人とはしません、的な)

ついのんきな気持ちで「今日は、夏休み?」と更に話しかけてくる
そのご婦人と会話をはじめていた。
「いえ、会社です」(会社員らしくない服装ってこういうとき不便だ)
「そうなのー。暑いのに大変ね」
「でも、会社だとタダでクーラーつけっぱなしでいられるし
それはそれでいいんです(笑)」

その後、今年はクーラーが売れてるらしいとか、高層マンションなら
夜中は冷房消して窓開けて寝てればいいのに冷房つけてる家多すぎ
(…そんなのベランダの室外機見上げてチェックしてるそのご婦人、
ちょっと怖いです)、みたいな暑さについての彼女の愚痴に
適当に相槌を打ってました。すると、突然、何の脈絡もなく

「ところで、お子さんはいらっしゃるの?」と聞かれました。

「いません」と答えると「最近の人は、考えすぎて産まない人が
多いっていうけど本当なの? その反面、高校生とか二十歳で
さっと産んで、それからすぐに3人も4人も作る人もいるわよね」と
言い出した。いや、考えすぎて産まないって…考えすぎってこと
無いと思うぞ、出産なんて女子一生の大仕事じゃん! 
タイムリミットがあっても考え込むし悩むのがフツーでしょ。
といいたかったけれど、敬老社交モードでいろいろな感情を
押し殺して「まあ、考えないで若い人は生むっていう傾向や
流れも一部の芸能人とか見ててもあるみたいですけれども、30歳
過ぎると、仕事してたり、親の面倒見たり、いろいろ社会的責任とかも
背負ってたりするし、それは考えちゃいますよ」と無難に逃げようと
しましたが、

「考え無しに生んだほうがいいにきまってるのよ。
30歳過ぎて産んでも、大変なだけなのに…なんで
産まなかったの?」と言われました・・・
笑顔で、悪気なく。

あーびっくりした。私の周囲なんて皆ほとんど、結婚も出産も
30歳以降なんですが何か?と言ってやろうかと思いましたよ。

しかし、その年代の女性にとっては、それが当然で、私みたいな
生き方のほうが異常に思えるのかもしれないので、その人に
イラっとはしたんだけど(そこでバスが来たので会話は終わった)
価値観の違い、みたいなものを教わった気がしました。

私の会社とか職種は、性別でどうのこうのっていうことが
あんまりないし、友達も皆、子どもを産んだ人も、生むまでに
いろいろな歴史があったわけで(ダルビッシュとは違うのだ)
生んでない人もそれはそれで別の部分で成長したり仕事したり
いろいろ大変なこともあるわけで、と、別に肩に力入れないで
「みんなちがって、みんないい」的にやってるわけです。
なので「30過ぎて産んでも大変」「なんで産まないのか」と
ベタな漫画の脇役のおばさんみたいなありがちな困ったセリフを
リアルに言われてびっくりしつつ「そういう考え方の人も
世の中には一定量いて、そういう人からしたら、私なんかは
ヘンな女に見えることもある」ということを学習しました。

そして、見知らぬ人との雑談って、生ぬるいと思って
軽い気持ちで応じると時には鬱陶しい目に遭うリスクもあると
わかったので、やっぱり、知らない人とは、会釈や挨拶以上の交流は
避けといたほうが無難かも。
by tohko_h | 2007-08-16 11:41 | happening