2007年 09月 04日 ( 2 )

a0079948_23302924.jpg
推理小説
秦 建日子

42歳の会社員と17歳の高校生、
大手出版社の編集者…全く
面識のない人々が相次いで
惨殺された。それぞれの事件を
つなぐのは、現場に残された
本の栞だけ。そして、栞には
「アンフェアなのは、誰か」と
意味深なメッセージが…
やがて警察と大手出版社各社に
「推理小説・上巻」と書いた原稿を送りつけてくる犯人らしき謎の人物。
そこには、今までの事件のあらましが小説として描かれており、さらに
「この続きを3000万で落札しろ」と言う。
その挑戦を受けてたつのは部屋はドロドロに汚れ、だらしないが、
美人で検挙率が高い雪平夏見刑事だった・・・

篠原涼子主演でドラマ、映画になった話題作。前に読んで、感想文も
書いていたので、よっしぃさんに愛を込めてトラックバック。

犯人からの原稿&挑戦状が警察だけじゃなくて出版社まで届いたところを読み、
思わず「メディアミックスも入れると3000万ならなんとかモトとれるかな」と
計算を始める編集者なんかも出てくる、出版業界を舞台にした小説・・・
しかも私にとっては未知の小説の編集者とか作家さんの世界が(フィクションかも
しれないけど)描かれている部分は、それなりに興味をもって読めました。
この作家さん、ドラマのシナリオが本業ということで、映像にしたほうが
面白いのかもしれない(でも小説としては迫力に欠ける)という感じがしました。

文章は正直うまくないです。不安定で、テンポがいいところとダメなところの
ムラがあるような。
ところがこの小説、劇中劇ならぬ小説中小説「推理小説」(犯人が送ってくる
小説)が何度か出て来ます。
この小説が「かなりうまい」と作中で褒められてるんですが、うまさが
伝わってこないのがちょっと・・・バンドが出てくる映画やドラマで
「天才ボーカリスト」役が歌下手だったら台無しになりますよね(例・・・
「ポニーテールは振り向かない」という大映ドラマで「横須賀一のボーカリスト」
役を野々村マコトがやってたとか(笑))あれに似たダメダメさを感じました。
文章が上手じゃないのに上手に書かれた小説を作中に登場させるっていうのは
キツイんじゃ、みたいな。

よっしぃさん同様、私もお気に入りキャラはいませんでした。
作者が「雪平ってこれだけいい女で個性的なんですよ」と頑張って書いても
読者には届いてないというか…
[PR]
by tohko_h | 2007-09-04 23:32 | reading

8月の終わりの、ある暑い日の夕方。仕事をばっさばっさと片付けて
私が急いで向かったのは、神田方面。ちなみに、私の職場は、
神田神保町っていうエリアなんですが、神田駅からはちょっとあるのです。
時間があればお散歩もいいのですが、都営地下鉄にのって小川町に
移動して、そこからてくてく歩いて、お目当てのお店を探すけど・・・
NAI! NAI! 眠庵~! というわけで、お目当てのお店が見つかりません。
隠れ家的なお店で入り口がわかりにくいかも、という噂は仕入れていたのですが
本当に見つからないとは。
しかも、私、最近携帯電話をなくしたもので、待ち合わせのお相手の
番号もわからんちん状態。おなじブロックをさまようこと2周。
「はぁぁ、この近くのはずなんだけどな」と万惣フルーツパーラーの
あたりでぐるぐるしすぎて、バターになりかけていたところ、
tikitkiさんが神田駅の地下鉄の出口から出てきて、私を見つけてくれました。

見つけた瞬間に「ま、迷ってる…」と判ったそうです。
というわけで、無事に旅の仲間を見つけ、目的のおそば屋さん、眠庵
無事に到着。おそば好きのまゆみさんのセレクトで期待特大!
ふたりでお店に入っていくと、久しぶり、のまゆみさん
はじめまして、のricetteさんがすでに座っておいししそうにビールを
飲んでいらっしゃいました。はじめましてのご挨拶もそこそこに、
さっそくビールを飲みつつ会話に加えさせていただく私たち。
しかし、チキチキさんの第一声ってば「今そこで、トーコさんが
迷ってるって顔して歩いてた!」って・・・(笑)。初対面の
ricetteさんに、方向音痴のできの悪いチャイナベー子だと思われたら
どうしよう、と思ったけど、ま、いいか(笑)。

このricetteさんこそ、チャイナベーコンの産みの親、マザー・オブ・
チャイナベーコンと呼ぶべきお方。もうちょっと涼しくなったら
仕込みたいですね、なんて言っていると、appleちゃんも登場。
迷ったのは私だけじゃない、という既成事実をありがとう(笑)!
私だけが迷ったのならば、個人の問題だけど、ふたり迷ったということは
難易度の高いお店ってことよね、ということで一件落着!?
(ちなみに、数日前、apple嬢と待ち合わせをしたけどお互いに迷ったり
遅れたりすることなくちゃんと会えたもんね♪)
というわけで、チャイナベーコンシスターズの長女から末っ子まで
全員揃っての宴です。

たちまち会話はトーンアップし、卓上のビールは日本酒に変わります。
私が飲んでたのは、大人のカルピスですけど!←ウソです、
濁り酒を2種類続けて飲みました。とろーっとしてておいしいんだこれが。

では、お酒以外にこの日いただいたおいしいものたちを紹介いたしましょう。
お酒の写真がなくとも、お酒もおいしかったことが伝わること確実(笑)!


実は生まれてはじめて食べたたたみいわし、香ばしくておいしい。
あさりちゃんのお姉さん、タタミちゃんのモデル???
a0079948_6521766.jpg


ほたるいかの沖漬け。実は、普通のイカのお刺身とかって好きでも嫌いでも
ないけど、こうやって加工されたホタルイカとか、しおからには目が無い自分。
やはり、ワタなどにふくまれる海の香りが好きなんだなー。
a0079948_6531216.jpg


豚肉♪もしも嫌いでなかったら何か一杯飲んでくれ~
大根♪そうねダブルのバーボンを遠慮しないでいただくわー
という夢のデュエット、豚肉のバーボン煮。豚肉はほろっとしていてやわらかく
バーボンの香りはどちらかというと大根にしみついて香ばしいアクセントに。
a0079948_6532426.jpg


イカの丸干し。正直、ひとり1本食べろ、と命令されたら食べられるほど
好きな味。香ばしくて、いくらでもお酒が進むリスクと背中合わせのうまさ。
a0079948_6533673.jpg


珍味3種類。大人のキャンディーと呼ぶべき、舐めても舐めてもあきない
味わいがあとをひきます。でもどれが何だったか記憶曖昧もこみち。
a0079948_6534855.jpg


そして見事な鴨! いつも鴨料理を前に「鴨カモーン」とベタなことを
言ってしまう自分ですが、あまりにも美しくおかしがたい切り口、無言で
いただきました。おいしかった・・・記憶が…
a0079948_6535866.jpg


そうそう、楽しく食いしん坊の集まりを開くには、おいしいお店ってのは
必須ですが、おいしさと楽しさがある一定水準を越えると、記憶曖昧、
1皿1皿より、全体の空気を楽しんで味わおう、とだんだん大雑把に
なってきます。その大雑把気分のピークでいただいたのに、2枚ぺろりと
食べてしまったおそばは、さすがのおいしさ! 
a0079948_654845.jpg

a0079948_6541934.jpg


店内の和風モビール。木でできたくつろげる店内の雰囲気に華を
添えていました。
a0079948_6543027.jpg


そして、これが、入り口です。ね、ちょっと通りすぎちゃいそうでしょう?
(私もこの前を2、3度通り過ぎてうろうろしてたことがあとで発覚しました)。
しかし、酔った時の写真って、それっぽく撮れるのはなぜに~?
a0079948_6544160.jpg


というわけで、このお店に行く時は、お時間に余裕を持って、目を蕎麦の様に
細めて注意深く歩くべし、です!

そろそろ残暑も終わりそう。
台風が去ったら、チャイナベーコン仕込もうかしら、と計画中。
今度はポトフにチャレンジしてみたいのです!

チャイナベーコン姉妹一覧

長女・Ricetteさんの記事
次女・tikitikiさんの記事
四女・まゆみさんの記事
末っ子・appleさんの記事



※追記(2007年9月4日21時40分)
この、眠庵のステキな店長さんのインタビュー記事が「食楽」(徳間書店)10月号の
後ろのほうにのってます。気になる店長さん、とかそういうところに。
[PR]
by tohko_h | 2007-09-04 13:02 | eating&drinking