人気ブログランキング |

2007年 09月 11日 ( 2 )

仙台育英の佐藤君(155キロを記録した速球派。中田君と並んで
今年の高校生ドラフトの目玉)が、楽天入りを希望しているそうです。
昨年の、田中くんドラフトあたりまで、東北の人には失礼だけど
「はずれくじ」(しかもくじ引く人は強運)な感じがあった楽天ですが
今年のがんばり、野村監督の個性、山崎さんなどのベテランの活躍、
ルーキー田中くんのリアルな成長など、ドラマティックなシーズンを送り
未来があるチーム、伝統やしがらみが無いから風通しがよさそう、
というプラスイメージにだいぶ転化してきていると思います(って
世間じゃなくて私の脳内だけ??)。

そこに、すごいルーキーが、自分から入りたいと言ってきている。
しかも、地元の高校が生んだスター(ダルビッシュ以来?
東北の球児がここまで注目されたのって)ってことで、
楽天に入ったら面白いだろうなーと思います。

が、しかし、くじびきなんですよね。
絶対に、競合になると思います。正直、昨年の田中くんドラフトの前も
「地元優先制度」みたいなシステムがあればいいのに、と思ったりも
したし、こういう話を聞くと、地元スターを作るシステムとして、
たとえば、東北地方の選手が楽天を希望、みたいな場合は
優先して、そのかわり2巡、3巡目はパスさせる、みたいな特例を
作るとかはどうなのかな、とも思ったり…

でもでも。
去年の今頃は「田中くん、ハムでいいのに」と思っていた人が北海道内外に
たくさんいたと思うのですが、実際に彼が楽天に行ったことで得たもの、
本人にもチームにも多かったわけです。野村監督は若返るし(笑)、
大卒新人捕手の嶋さんとのフレッシュなバッテリーも若いチームらしくて
いい感じだし、ベテランが「マーのために打とう」と言っているのも
素晴らしいことだし、他の投手陣もモチベーション上がってるようだし。
そして、田中くん自身も、駒大苫小牧で続けた「考える野球」「細かい野球」
みたいな方向性の野球を、野村さんにもっと洗練された形で学べている。

更に、もっと古い例だと、アメリカで現在がんばっている松坂投手。
彼は、横浜高校からベイスターズ入りを希望していることを公言して
いましたし、ドラフト直後の会見で、西武ライオンズが交渉権を獲得した
ことについて「はずれ、と思いました」と笑顔なしで言っていたほど
露骨に、不本意モードでの西武入りだったわけです。しかし、
ライオンズに入って、華やかにデビューしてから、チームの中心として
エースの1枚看板をずっと背負ってがんばってきたし、評価もされたし、
パ・リーグ全体を代表する投手として、「人気のセ、実力のパ」と
言われていた昭和の野球感覚をひっくりかえす勢いで、
リーグを面白くしてくれたし、
本人も「西武はいやだ」なんていったことを忘れて(笑)
生き生きと活躍していました。

そういう、ひょうたんからコマ、みたいなこともあるわけなので、
佐藤くんも他の人も、くじ引きで「え?」というチームに引かれても
プロ野球、という世界に就職したつもりでがんばって欲しいと思います。
ほら、フツーの会社に入っても、希望する部署じゃなかったけど
新しい才能が開けた!みたいなことってよくあるし(私自身も思い切り
希望している業界とも職種ともかけ離れた就職したほうだし(笑))。
まあ、巨人は何となくイヤなんだけど(笑)。
by tohko_h | 2007-09-11 13:53 | baseball

「破裂」久坂部 羊

a0079948_1203932.jpg
「破裂」
久坂部 羊
※リンク先は単行本ですが
私が読んだのは
幻冬社文庫版。

ノンフィクション作家・松野は
大学病院の麻酔医・江崎に
取材してもらい、医療ミスに
ついてルポをまとめようと
していた。
厳しい勤務体制の中で
ある程度のミスはやむおえないという証言が揃いつつある中、
その大学病院内で行われた心臓手術5日後に父親をなくした
枝利子という女性が、医療訴訟を起こすことを決意。この訴訟を
松野は追うことに・・・しかしその手術の執刀医・香村助教授は、
次の教授戦で勝とうと必死だった…訴えられたら、終わりだ。
いっぽうそのころ、厚生労働省の官僚・佐久間は、
国の老人問題を解決するあるプロジェクトに全てを賭けていた…

という医療ミステリー。教授戦、医療過誤をめぐる裁判、と、
「白い巨塔」が好きな人には楽しめる展開。しかし、官僚・佐久間の
プロジェクトは、少子高齢化対策として、高齢者をある手段で積極的に
減らしていこうというものだったりして、そのえげつなさにくらくらした。
舞台が大阪の医大(著者が阪大卒の医師なので、モデルも阪大?)で
医療裁判を行う弁護士事務所は西天満。ここで軽く興奮(笑)。
医療裁判のシーンは、行き詰る舞台劇を見ているような緊迫感。
通勤電車本としては合格。
by tohko_h | 2007-09-11 01:28 | reading