人気ブログランキング |

2007年 11月 08日 ( 2 )

「幸福日和」盛田隆二

a0079948_23301066.jpg
「幸福日和」
盛田隆ニ
出版社を舞台にした大人の恋愛小説。
28歳の女の子とひとまわり年上の
編集長が不倫の恋に落ちた…
臆病な彼と、少し大胆な彼女。
葛藤しつつも深まる思い、
重ねる肌のあたたかさに
のめりこんでいくふたり。
しかし、意外な理由でふたりの
恋に危機が訪れる…


なんだか我ながら書いていてスカスカなあらすじ文になって
しまってますが…文章などはきちんとしているのですが、
印象が、携帯小説っぽかったのですよね。
恋人の裏切り、新しい恋、不倫、突然の危機、更に…という
最近流行った恋愛小説の要素を全部きっちり詰め込んでいます。
性愛の描写の濃さは、結構頑張って渡辺淳一風だったりとかして、
エンタテイメントに徹した小説なんだなーという印象。
韓流ドラマ的ともいえるかも。次々と難関やピンチが訪れて
それを乗り越えてラブが深まるメインふたり、あとのことは
(ライバルの人がどうなったかとか)かなりテキトー、みたいなノリが。
そんなこんなで、全体の印象が弱めだし、感情移入は難しいかも。

40歳過ぎた編集長は、不倫慣れしたモテモテ君キャラじゃなくて
若い女の子に戸惑い、ぎこちなく不器用に愛を伝えてくれるくせに、
いざエッチ、となると年の功で丁寧だったり、という、女の子からみた
都合のいい年上の彼氏像・・・なのかな??

不倫するふたりがいる部署が「創刊前の女性誌の編集部」で、
彼が編集長、彼女が経費の計算や細かい応対をする事務職の女性、
ということで、雑誌創刊までのあれこれ、創刊してからの部数戦争など、
かなりリアルっぽく書かれているので(広告収入がいくらあって、
何万部刷って実売何%いけばオッケーか、みたいな会議の内容に
ついてすごく細かく書かれてたり)、そのへんは、面白く読めた。
働きマンの松方みたいにバリバリ働く編集の女性も出てくる。
そういうバリバリやっている人たちの間でひそやかに恋が育っていく、
という展開は、恋愛小説好きな人には嫌いじゃないシチュエーション
なのではなかろうか。

移動中に文庫で読むくらいなら十分楽しい。でもハードカバーで
何度も読み返すかどうかはかなり疑問。
(自分的プライス)
定価¥ 1,890(税込)→自分的プライス¥500(26.5%)

つーか、これ、ずいぶんハードカバーの中でも高いんじゃ・・・
浅田次郎さんの新刊は1600円とかだった(初版の部数が
すごいんだろうなーあの分厚さであの値段)。
by tohko_h | 2007-11-08 23:34 | reading

酔っ払っても大丈夫!?

皮膚科がお薦め!というコスメって、やっぱり肌にいいのかな、
とか、なんか安全そうだなーって気になるものですよね。

ビオデルマのサンシビオ エイチツーオー Dも、そんな
お医者さんのお墨付き。コットンに含ませて顔をふき取れば、メイクが
落ちてつるつるの肌に。こすらないようにふいたら、そのまま洗顔せずに
化粧水・乳液などのお手入れをしてOK! デリケートな肌にもおすすめ、
ふくだけでもアイメイクもとれちゃう、水のようなさらさらのテクスチャー、
などなど、雑誌などの評判が良いので買ってみました。
a0079948_1753915.jpg

とにかく、コットンでくるくるするだけで、あっというまに取れます。
ファンデーションの色にコットンが染まってびっくり。汚れも一緒に
取れてるのか、実際のファンデよりグレーっぽく暗い色になってるので
そのぶん顔が白くなったような気がして、気持ちいい! そのあと
すぐに化粧水を叩きこむと、吸収がよくなってるみたい…まだ1週間しか
使ってないけど、このお気楽クレンジング、性格的には合ってるみたい♪

マスカラやアイライナーがはみだしたときは麺棒にちょこっとつけて
失敗したところで軽く動かすときれいに取れるとか。今度やってみます。

以下、本文と関係ないんですが・・・
さっき、ネットのニュースで長澤まさみちゃんの写真を見てて、
あら?と思ったことをひとつ。
a0079948_17551261.jpg

『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2007』の授賞式に出席した
長澤まさみちゃん。11月8日のいい歯の日、を記念して毎年
贈られている賞だということだけど…この写真、すっごくすっごく
松嶋菜々子に似てます。美人の中にもいくつかタイプがあると
思うけど、松嶋さんとまさみちゃんは同じカテゴリーなのね。
そして、まさみちゃんが抱いている歯のぬいぐるみも可愛い…
by tohko_h | 2007-11-08 18:06 | favorites