人気ブログランキング |

2007年 11月 23日 ( 1 )

a0079948_17162172.jpg
「ダイイング・アイ」
東野圭吾
ベストセラー作家・
東野圭吾の新刊。
といっても、小説自体は
雑誌で8年ほど前に
連載されていたもの
らしい。銀座で、
バーテンダーとして
働いている主人公の
慎介。彼は記憶を一部
失っている…しかし、


ある交通事故に自分が関係したことを思い出していく。
そしてある夜、店に現れたミステリアスな美女。
彼女に酒を出しつつ「俺はこの女に落ちる」と運命にも似た
強い予感を覚える慎介だが・・・

ハードボイルドっぽいタッチで描かれている東野作品。
文体が今ほどこなれて無いのですが、まあ読み易いかな。
ストーリーは、記憶を手繰り寄せるように主人公が、ある
交通事故の関係者を捜し歩くうちに自分も危険な目に、という感じ。
しかし、単行本に今までしないで8年経った作品を発行というのは
ありがたいことですが、文庫で出してくれればいいのにー!
まあ、売れっ子・東野さんの本にしてない原稿があれば、
そりゃ、ハードカバーでガンガン刷るのが正解なんでしょうけれども…
やはり最近の新作に比べると、荒削りだったり薄味なところが
目立つので、新刊として買うとガッカリ感も否めなかったり。
というわけで、

定価¥1,680 (税込)→自分的プライス¥690(≒41%)
by tohko_h | 2007-11-23 12:09 | reading