人気ブログランキング |

2008年 06月 28日 ( 2 )

見るテレビに事欠いて、昨夜は、普段だったら「若者の音楽はわからん」と
いうことであんまり見ない「ミュージックステーション」スペシャルを視聴。
特番ということで、夏ソングランキング(視聴者の投票らしい)なんかを
発表しておりまして、なぜか、SMAPの「青いイナズマ」がランクインして
おりました。ランキング形式で100曲以上紹介していく番組だったので
どの曲も、歌ってる歌手のVTRを1~2フレーズ分駆け足で流すだけ、
なのですが
♪青いイナズマがボクを責めるー~とはじまったときに、心の中で
(げ・・・ゲッチューまで、行く、かな??)とドキドキしてしておきながら
いざ、例の、木村さんがカメラ目線で「これはオレにしかできない仕事
だからね」といわんばかりのやる気で「ゲッチュー」と歌う(っつーか
シャウト??)ところを見たら見たで「なんだこのガツガツとした姿は」と
説教をしてしまいたくなりました。相変わらずフクザツな木村さんへの
気持ちをもてあまし気味です、こんばんは。

木村さんの話をする相手を選ぶのは難しいのです。
心底「カッコいい!」と思っているちゃんとしたファンの人とお話をすると
私のナナメな目線は、きっと不謹慎、とか、愛が無い、と、アンチ、と
処理されてしまうことでしょう。

かといって「キムタク? もう視聴率だって取れなくなってきてるし、
30代でアレは…」みたいな、ソフトだろうがハードだろうがアンチ系の人が
苦言を呈しているのを聞くと「で、でも、木村さん頑張り屋さんだから!」と
こっぱずかしい弁護に走りそうで自分が怖いのです。

というわけで、必然的に、クールに観察しつつ、気に入ってないこともない、
という「対木村さんスタンス」に於いて近いところにいるこの方
ご一緒すると、ついつい木村さんの話で盛り上がりがちです(笑)。

この前も、そんな夜がありました・・・。
この方=まいにち酒飲みのkasumixさんに「モツでスタミナでも!」と
嬉しいお誘いをいただきました。真冬にモツ鍋ぐつぐつもいいけど、
蒸し暑い夕方からビールとモツ、というのも素敵なものです。
面倒見のいい優しい彼女は、何軒か候補店を選んでくださいましたが、
ついつい、店名が店名だし(笑)、モツひとすじなところがいいかな、と
もつなべきむら屋さんで待ち合わせ♪

とりあえずビールで乾杯してからメニューを検討。
こちらのお店は、店名に「もつなべ」とついていますが、メインが
「モツ鍋」あるいは「モツ焼き」から選べます。
その「モツ焼き」に「バター醤油」という魅惑的な文字が…
ポテトチップでおなじみの、ホントにおいしい和洋折衷味です。
もう、文字を見ただけで、香ばしいモツに醤油がからみ、
バターの香りが立ち上る様まで浮かんで、生ツバを飲み込みそうに
なってしまいました。ということで、モツ焼きを頼みました。
a0079948_2219187.jpg


こちらは酢もつ。もつ屋さんにあると必ず頼んでしまう。
a0079948_22122898.jpg


更にレバカツ・・・ビールが進みすぎてヤバいったらありゃしない。
a0079948_2213089.jpg


しっかりモツと野菜をおかわりしておなかいっぱいになって、高円寺へ。
既にこちらのお店のドリンク半額クーポンを
携帯の「ブックマーク」に入れている私。こちらでも話ははずみます。

この日のメインの議題は「再来年の大河ドラマの主役はだれが演る?」
というもの。話題の篤姫も見てないのに、そんな話になったのは、
たまたまその数日前に、私が別の場所でその話をしていたので。

大河ドラマの記者発表って、民放のドラマみたいに、放映直前に
「主役とタイトルと内容を一気に記者会見でドバッとお披露目」という
一括方式じゃないんですよね。
発表その1)タイトル
発表その2)主役
発表その3)メインキャスト
的に、時期をずらして小出しにします。なので、2008年夏現在だと

2009年 タイトルと主役(妻夫木くん)とメインキャスト発表済み
2010年 タイトル(龍馬伝)発表済み

という状態になっており、次に大河が話題になるのは「龍馬役を再来年
やるのは誰だ?」ということになるのです。
たまたま、私の知り合いが「小栗旬とか来たら、ちょっとなー。彼って、
いつのまにかイケメンで当然枠に入ってるけど、いつ誰が認めた?
みたいな過大評価感がある」と、私が常日頃から感じてた違和感を
打ち明けてくれて「私もそれはないと思いたいなー」なんて話していた
ので、kasumixさんともその話になったのでした。

しかし、うっかりすると何でも木村さんの話題にしてしまう私たち。
「坂本龍馬なら、木村さんいいんじゃない?
学生時代剣道やってた経験もあるんだし」←ムダに詳しい(笑)
「シナリオがCHANGE!の人らしいし、あるかもよ」←更にムダに細かい
情報まで入手している(笑)
と、すっかり、私たちふたりの間では「再来年は木村さんの龍馬が
見られる!」と、わくわくモードが漂いました(笑)。だったら、
気の強い乙女姉さんは真矢みき、あるいは松下由樹、
千葉道場の娘は米倉涼子は?的に勝手にキャスティング会議まで
はじめる始末。日本の未来について「ぶっちゃけやばい」と頑張る
木村龍馬の姿がほとんど脳内で完成しそうな勢い(笑)。既に
発表記者会見の木村さんのコメントまで予想してしまう私たち…
そこに1本の電話が。
kasumixさんのブログでおなじみの「プーチン大統領」(仮名)です。
一緒に私もいる、と知りつつ、お誘いいただいて、いそいそと
待ち合わせ。実は、昨年末に一度お目にかかって以来
プーチン様とは半年振りのワタクシ。前回は、石狩第一学区と第二学区の
仁義なき抗争状態になり(笑)、今回も、天敵扱いかしらん?と
思っていたら、ツンデレの「デレ」寄りだったプー様。同じ木村さんを
支持するものとして、そして、道産子仲間として、かなりほのぼのと
楽しくお話が弾むのでした。しかし、日付が変わったころ、先ほどの
「再来年は木村さんの龍馬がいい!」という話を持ち出したところ・・・

「ボク、坂本龍馬嫌いだから、伊能忠敬やってほしいな」と言い出すのです。

a0079948_19422410.jpg

                     伊能忠敬の像

伊能さんといえば、大日本沿海輿地全図という日本地図を江戸時代に
完成させました、と日本史の授業で一瞬さわる感じの偉人。まあ、
「地図の人」ですね、一言で言うと(別所哲也の「ハムの人」的な(笑))。

北海道まで測量に来て地図を完成させた彼の生き様を木村さんに…
というプーチン様。しかし、大河ドラマって確か、スタジオ撮影が主で
(戦のシーンをロケで撮影したりってこともたまにはあるけど)、
全国を歩いて測量をする、という彼の人生は大河向きとは思えません!

しかし「流氷に乗ってヒグマと戦う」とか、アクションも期待できる、と
おっしゃるプーチン様。その生き生きとした表情は、王道の木村さんファンと
して輝いておられました。ということで、木村会の会長は正統派ファン、
そして会員のふたりは、ナナメな愛を許して、的なファン、ということで
道は違うのですが、好きな人が一緒、ということで話は、外が明るく
なるまで盛り上がったのでした…夜遅くまで遊ぶのも楽しいけど、
朝早くまで遊ぶのも楽しいものですね、と、自分の丈夫さ(次の日は
ちゃんとそんな遅くならないで会社いけたし、宿酔いも無しよ!)に
ウットリしつつ、おふたりの話が凄く面白かったなあ、と、ニンマリと
次の日も1日、酔いは醒めても楽しさの余韻を引きずっていたのでした。
おふたりとも、ありがとうございました!!

木村さんが無事に龍馬になったら祝杯をあげなくては(勿論他の
人になったら残念会)!


しかしこの記事に「木村」という文字が何度出てきてるんでしょうか・・・・(笑)。
by tohko_h | 2008-06-28 19:54 | eating&drinking

a0079948_1710499.jpg
「ぼくは落ち着きがない」 長嶋有
ある高校の図書部を舞台にした
文系学園ドラマ。スポーツ系の
ほうが絵になるしドラマも盛り
あがりやすいし、ということで、
ましてや図書部なんて静的な部が
舞台なんてどんな小説になるの
かな、と期待して手にとった。


デティールは面白い。部員は皆それぞれ本が好きなので(漫画も)
読んだ本や漫画の固有名詞がバリバリ出てきたりする。部で
作っている新聞に載せる「読書好きな生徒にインタビュー」の
コーナーで、かわいい女の子に取材をして、ついつい、
〇〇〇〇さん、と書くべきところを「●●●●クン」と写真誌風に
書いてしまい「写写丸じゃん!」と突っ込みを入れ合うところとか
いい意味でくだらなくて面白い。ヒマな文化系の部活の
部室って確かにそんな空気(私は中学高校と生徒会の部室で
似たようなダラッとした女子学生だった)。
ただ、その空気感とキャラクターに頼りすぎて、なんだか、漫画の
原作を読んでいるような感じ。プロットと設定を延々と読んでいるような…
小説を読んでいて感じる「物語を追っかけてる」という手ごたえが
感じられないふわっとした感じ。これこそが作者の狙いで、
作品の持ち味で魅力だと思うのですが、ちょっと物足りなかった。
深夜枠のアニメなんかにしたら合いそう。
by tohko_h | 2008-06-28 17:16 | reading