人気ブログランキング |

2009年 04月 05日 ( 2 )

1ヶ月と少し前の日曜日。友達と妹とヘアサロンに行き、髪を切ることに。
ちなみに3人とも髪が多く、強く、全員にパーマとカラーをバッチリ、というのは
担当氏にとっては恐らくかなりの重労働。しかも私ときたら、この前
かけたパーマをストレートに戻すという面倒な作業までお願いしてしまった。
(本来、パーマとカラーを同時なんて無茶なのかもしれないけど、今のところ
髪の毛も傷んでないようなので「好きにやっちゃって~」って感じです(笑))。

いつもだったら、ヘアサロン→下北沢→スープカレー(マジックスパイス)、
という流れなのですが、この日は夜に大ごちそうが控えていたので
やさい酒場でヘルシーなランチをセレクト。
この野菜のプレートにご飯とお味噌汁がついて800円とかいうリーズナブルさ!
a0079948_8592789.jpg


そして、12時から19時までかかって完了したヘアチェンジ(笑)。
大急ぎで友達の地元に割と近い桜台(西武池袋線)まで駆けつけ、友達の
旦那氏とも合流して、いよいよ夜のメインイベント・焼肉へ!
他の友達も交えたりしたこともあるけど、なぜかこの友人夫妻と私たち姉妹、
というのが焼肉を食べるときはベストメンバー(友人の旦那様と妹が焼酎好きで
ふたりでボトル開けちゃうとか(笑))なので。ホントは富士見台の牛蔵が好き
なんだけど、日曜日は予約できないシステムなので、予約ができて沿線で・・・
ということで、あれこれ調べて、評判がよさそうな格之進 TOKYO というお店へ。
こちらは、岩手県の門崎丑というお肉を扱っているようです。
3500円くらいのお肉を色々持ってきてくれるコースがあったので、
それをふたつ頼み、あとは単品で足して色々種類を食べよう!ということに
なりました。

セットについてきたナムル。
a0079948_8594314.jpg


こちらはミネストローネ。
a0079948_8595561.jpg


野菜の盛り合わせ。
a0079948_90865.jpg


そして、厚切りタンです。しっかり焼いてレモンと塩で・・・!
a0079948_902694.jpg


特選ロース。なんかステーキ食べてるみたいな感じ。
a0079948_903854.jpg


レバーもしっかり焼いて甘みを楽しみます。
a0079948_904898.jpg


これも確かロースだったと思います。
a0079948_91134.jpg


まだおいしいと思えるうちは若いかしら、といいつつカルビを。
a0079948_941124.jpg


カルビやロースの仲間といいつつ実はモツの一種なのよねハラミって。
a0079948_913137.jpg


そして、ホルモン三きょうだい。ホルモンって食べる人は凄く食べるし
食べない人はスルーしますよね。この日は皆ホルモン好きばかりって
ことであれこれと。
a0079948_91415.jpg

a0079948_915384.jpg

a0079948_92594.jpg


最後のお肉は、確か普通のロース・・・

a0079948_92185.jpg


そしてなにげにおいしかった冷麺。私、あんまり冷麺って好きじゃないんだけど、
ここの細くて滑らかであっさりしたのは凄く好きでした。
a0079948_923014.jpg


さんざんお酒も飲んでいたのにしっかりデザートも・・・
a0079948_923972.jpg


セットを導入することによってお酒を含めてひとり6000円弱といったところ。
焼肉というか鉄板焼きとかステーキみたいな大きく厚切りのお肉もあるところが
おいしかったです。駅からも近いです!
by tohko_h | 2009-04-05 10:07 | eating&drinking

「八日目の蝉」角田光代

a0079948_9373631.jpg
「八日目の蝉」 角田光代
不倫相手と妻の間に生まれた
赤ん坊をさらった希和子。
東京を出て母子として逃亡生活を
送ることを選んだ彼女の戦いを
あますところなく描いたのが前半。
そして、そのさらわれた子どもが
成長して、なぜ自分だったのか、
と自問自答しつつ暮らしている「いま」
を描いたのが後半、という構成。
希和子のやったことはまぎれもない
犯罪行為であり、赤ん坊を実の
母から引き離した酷いことなのに、
彼女が捕まりそうになると「希和子、うしろうしろ!」とドリフの観客みたいに
応援したくなるのはなぜだったのか。読んでいて不思議な気持ちがした。

男性には妊娠期間がないわけで、それでも人によっては(というかたいていの善良な
お父さんは)、子どもが生まれたあとに「オレは父親なんだ」という自覚をはぐくんでいく。
それ同様、希和子も、自分では産めなかったけれど、赤ん坊を手にした瞬間から、
母性を深めて必死になっていったのだと思う。別れた不倫相手が好きか嫌いかとか
関係ない次元で。その心の動きを狂気とは思えなかった。

実際に、自分が生んだ子どもを殴ったりいたぶったり殺したりする親というのが
悲しいけど世の中には一定数以上いる反面、希和子のように、まったく別の
スタートラインから、無償の愛を子どもに捧げる人間も実際にどこかにいるんだろう。
そう考えると、母性本能という巷で頻繁に使われる言葉の意味がわからなくなる。

本当に重たい読後感で、読んでいる最中も軽く読み流せる部分が無くて(よく
私は本を読むのが早いといわれるけど、それは、さして重要じゃないシーンを
流し読みしてみたりとか、緩急つけて読んでるからだと思う。でもこの本は
急いで読み流せる部分が無かった)本当に息苦しいほどだった。
by tohko_h | 2009-04-05 09:42 | reading