人気ブログランキング |

2009年 08月 18日 ( 2 )

最強の新型妖怪の巻

最近、めっきりなりをひそめてる様子の物欲妖怪カッチマイナー。

その原因は明らか。

デパートにお出かけする頻度が減っている。
駅から自宅が徒歩10分なので、つい、バスで気楽に帰れる
コースを選択すると、デパートを通らないで済むのだ!

先週の「アド街ック天国」の新宿デパート特集なんかを見ても
「涼しくなったら偵察に行くか」(来月から大忙しモードなのに)、と
落ち着いてる私(見てる間は踏み台昇降してたのでバタバタ
してたけど(笑))。

もしかしたら、物欲という名の悪魔払い完了?
私の中にはもう物欲がいない? 枯れた?
わーいわーいわーい!
貯金とかしちゃうぞー。

とか思ってたのです。

しかし、暑さに負けてお出かけの頻度が激減ってだけで、
それイコール物欲の強度が落ちたってわけじゃ、
全然なかったんですよね・・・

それは昨日のこと。
珍しく奥様系コンサバファッション雑誌を読んでいました。
だって焼肉特集と奥二重メイク攻略法が乗ってるっていうので
つい気になって。

そこで、ワンピース特集を熟読。
あるショップのシックなワンピースが気になる。
でもでも、代官山に行かないとないんだよねーこのお店。
デパートには入ってないのよ確か。
渋谷から歩くにしてもひと駅電車に乗るにしても、ちょっとかったるいなー。
秋口になったら見に行ってみようかな・・・

ここで、本を閉じて寝ちゃえばよかったんだけど、目の前には
ノートパソコン(そうそう、シャープのなんちゃらから、レッツノートに
先月変えました! 小さくなったのでキーボードも小さくなって
一時文章を打つのがすごく遅くなって悲しかった…もう慣れました!)。
つい、そのお店の名前と、品名(シルクなんちゃらワンピース、みたいな)を
入れてグーグルさんよろしくね!とクリックすると。

ふたつもみっつもひっかかるじゃないですか「通販サイト」…

なんだここの服、代官山に行かなくても買えるのね、雑誌に載ってた
ワンピースもあるじゃない!

そして、在庫が結構ありそうと分かった時点で満足した、私。
(それで売り切れたらそういうご縁だったってことだし)

ところが、その隣に載っていたブラウスの写真。

黒とかグレー、時々ネイビー、みたいな私の好きな色とは全然違う
明るい色でふんわりしたリバティプリントもの。えりもとにはリボン…

と、趣味とは違うはずなのに、なにかがズキューン!と胸を貫きました。

そうよ、黒っぽいスカートとかデニムとかカーキのスカートとか
春先から買いまくってるんだから白っぽいトップスがあると凄く便利。


…これは、なに?←綾波レイ??(笑)

この背中を押される感覚…

在庫あと2点だって・・・別のサイト見てみなさいよ。
そっちではすでに売り切れてるじゃない。赤いSOLD OUTの
文字が悲しげでしょう??


確かに。

こっちだって売り切れは時間の問題じゃない!

あー絶対それは言えてる。でも、ど、どうしたらいいの??

いい、まずここをぽちっと押すの。それでね、カードの番号を
入れるの。あなたのセ損カードにも哀カードにもついてるでしょ、
visa。あれは万能だからいいわ。ほら、押して!


・・・というわけで、振り込み詐欺団に騙されたお人好しの
老人のように、私はポチっとやってしまったのです。

「お買い上げありがとうございました!」のメールが速効届きました。

ああ、この何かに取りつかれた感じ。

しかもお店に行かなくても可愛い服が買えちゃう恐ろしさ。

クリック1度で…たった1度のポチっ、で・・・
しかも明日にはとどく(not自宅(笑))ことになってます。
というわけで、もしかしたら、今週末の楽しいお出かけに、
さっそく張り切ってちゃらいブラウス来て行くかもしれません。
一緒にお出かけする人、笑ってやってください。

というわけで、新型妖怪「ポッチマイナー」のおかげで、真夏でも
快適に買い物しております。
あとはミネラルウォーターとキムチとワインも買いました…反省。

仲間には「書店ライダーアマゾン」ってのもいるらしい(笑)。
by tohko_h | 2009-08-18 12:59 | shopping

原作の真保さんの描くミステリーが割と好きってことで、本のほうは
読んでいたのですが・・・映画の方はどうしたものかと思ってました。
※小説版の感想

だって、毎日、テレビで予告とか番宣がすごくて。

見に行く前から見た気になっちゃういきおいで。
しかも「来年の今頃テレビでやるんじゃないかな」って感じもしたし。

ところが、この前、女性が映画を安く見られるレディースデーの日、
旦那氏が残業で帰りが遅いというので、じゃあ、映画でも見て
ゆっくり帰ろう、とふと思いついたのです。
ところが、メガネを忘れてしまったのでその時点で洋画は無理
(私は裸眼だと字幕が見られません…両目が0.1って、コンタクト
つけた方がいいのかなー。コンタクトつけると二重の癖がつきやすいと
いう噂が気になるので興味は大ありなんだけど)。
ということで、まあいいかー見たいのはある程度ホントだし、と
ネットでチケットを抑えて(これ便利です。チケット売り場に並ばないで
さっと機械で発券できるし席も指定できる)行ってきました「アマルフィ」

レディースデーとはいえ平日夜に満員なんて、結構人気あるのねー
(8月15日で200万人突破したようですね、動員数、すごい)と
思ってるうちにはじまりました。
映画館で映画を見るときは予告も楽しみ。
予告の中で気になったのはココ・アヴァン・シャネル
優雅なコスメやファッションのイメージがあるシャネルですが、
出身が孤児院で、恋愛方面ではかなり波乱万丈だったこと、それでも
仕事を投げ出さなかったことなどが興味深い女性。彼女がデザイナーに
なる前の無名時代を描いた作品だそうです。

あとは、邦画でもなんか見たいのがあったんだけどなー忘れちゃった。

で、予告の後は恐ろしい「NO MORE 映画泥棒」(映画をこっそりと
盗撮したら罰金だからね、というCM。なんかパントマイム多様で私には
こわい)を見て、本編へ…

原作のストーリーを半分くらいにはしょって、謎ときの部分がかなり
スピーディーになってましたが、美しいローマの町やアマルフィの
海岸や古い建物がたくさん見られて、映像的にはかなり満足。

織田さんが余裕で黒田役をこなしているのにたいして、天海さんは
テレビでの不適で素敵なおねえさん、みたいな魅力を発揮できない
役どころで、ちょっとヒステリックな鬱陶しい女性に見えるシーンが
あって損だったかも。個人的には、鉄板すぎますが、母性もあり
それでいてイタリアの町並に埋もれない存在感、ということで、
松嶋菜々子あたりだったらすごかっただろうな。とも思いました。
まあ、ハマりすぎもかえって平凡になっちゃうかもだけど・・・

原作の小説だと天海さんでピッタリに思えたんだけど(外資系の
銀行のキャリアウーマンで、もっと高飛車な女性だった、映画より)。
脇役に出ていた大塚寧々がヒロインもありかな、と思ったけど、
寧々が子供を攫われて必死で捜索活動に加わるって…それは
相棒のスペシャル「バベルの塔」でもうやっちゃったしな(それにしても
大塚寧々とか西村さんとか結構な役者さんが本当に脇役って
感じでぜいたくというかもったいないというか)。

最近、「流星の絆」などでちょっと苦手だった戸田恵梨華さんですが、
今回の「新米の要領悪いけど頑張る大使館の下っ端の女の子」という
役どころはすごくよかった。細身の彼女があたふたどたばたしても
暑苦しくないのもよかった。

そして、浩市! 佐藤浩市!
初登場シーンがいきなりメガネにハイネックですよ!
それでなくても最近「官僚たちの夏」で、毎週「素敵すてきステキー」と
ちょっとどころかだいぶ気になる存在だっていうのに、この萌え攻撃。
しかも声が深くて甘いので、電話のシーンが多いのもまた素敵でした。
カジュアルなハイネック姿と、フォーマルなタキシード姿が両方見られて、
ああ、やっぱり、三谷さんの映画で面白いことを本気でやってる浩市より
カッコよさを普通に出しまくりの彼の方が私は好きです!

といいつつ、写真は特別ゲストの福山さんと織田さんのショット。
福山さん・・・このヘアスタイルは個人的には微妙。てことで、来年の大河で
長髪もどうなるのかなーと勝手に心配したりして(笑)。
a0079948_1422793.jpg


といろいろ書いたけど、映画館の大きなスクリーンで美しい風景と美男美女と
そこそこミステリアスなお話がじゅうぶんエンタメしてて楽しかったです。
デートなんかにもいいんじゃないでしょうか(なんでか、こういう楽しい映画は
ひとりで、めんどくさい映画に限って異性と行ってた記憶が…)。

ついでにテレビでも映画を2本見ちゃいました。
by tohko_h | 2009-08-18 00:00 | watching