人気ブログランキング |

2009年 12月 21日 ( 3 )

年賀状の思い出

モテさんは家事は好きだけど、郵便物についてはめんどくさがり屋。

よって、我が家では、年賀状の仕分け担当はずっと私がしてます。
うちは郵便局に冷遇されてるエリアらしく、毎回、元日の夕方ごろに
ならないと届かない。

で、元日は昼から深夜まで彼の実家にいるので、帰ってきてから
ようやく年賀状を見ることになるのだ。

で、モテさんは自分あての年賀状を私が見ても怒らないので、
ついつい見ちゃう。だって、有名漫画家さんから来てたりとか、
私が行ったことのないレストランからの疑惑の割引券付き年賀状とか
色々来るんだもん。

さて、私は、モテさんの昔の彼女の名前を知っていた。
知り合いの知り合いのそのまた知り合いから聞いちゃってたし、
彼の部屋の古雑誌の間から、ラブレターとか出てきたのも
見ちゃったこともあるし(終わったことだから隠しておいてよいらしい)。

その、結婚前から名前を知っていた元彼女からも年賀状が来ていた。

干支の動物と「あけましておめでとうございます」の文字の横に
「元気? ミーちゃんは元気に育ってるよ」と書いてあったのだ。

新婚1年目の正月に隠し子発覚???
美和子? 美智子? 光夫? と、「みいちゃん」のあてはまる
子供の名前が脳裏に100くらい浮かんできた。

さすがの私もあせり、「モテさん、子供いたの?」とハガキをおずおずと
差し出した。

「あー一緒に住んでたとき飼ってたハムスターの名前」と即答
された。たぶんホントだと思う(あ、同棲してたのは知ってたので
まあそれはいーんだけど・・・まあ、よくもないけど。ううむ)。


しかしペットならもっとペットらしい名前にしておいてほしい。
ぺろたんとかジョンとか、子供につけなさそうな名前(笑)。

翌年から、彼女はハガキを出してこなくなってる模様(もしかしたら
会社宛にしてるかもしれないけど)。

でも、この話だって、彼女サイドから見たら、私の方が相当
悪者だよな~と当時からミョーに客観的な感じで思ったりもした。

それとくらべたら、女友達から来た「旦那さんまだ騙してるの?」とか
「忙しいみたいだけど(忙しいふりしてあなたと遊びたくないから
断ってるのにーとモヤモヤ)いきてる?」みたいななれなれしい
年賀状なんて、どってことないかも。


…実は人生で一番凹んだ年賀状は、数年前、そのときの直属上司から
「年明けは、◎◎と××(めんどくさくて年内から繰り越した仕事)が
あるから、仕事はじめの日から頑張ってね」とメッセージ入りのやつ(笑)。
お休み気分が1月1日で消えてしまいましたとさ。

というわけで、年賀状のメッセージって、今って親しい人同士なら
メールとかいろいろ伝達手段あるんだし、ブナンに相手の健康を祈り
また会いたいね、くらいでいいんじゃないでしょうかと思う今日このごろ。
ちなみに写真については、子供写真や家族写真は楽しいんだけど、
建てたての家をドーン、ついでに車も玄関わきにとめて映り込むように
して「これが我々の全財産です」風にその前に立ってる家族写真に
なると、ちょっとしょっぱい気持ちになるんだけど…聞くところによると
最近はハウスメーカーがサービスで家年賀状作るということをしてる場合も
あるらしいので、意地悪く見るのはやめようと思う(笑)。
by tohko_h | 2009-12-21 16:26 | drops of my days

先週末のベスト

「仁」の最終回と「M-1」が話題だったこの週末のテレビ事情でしたが、
なにげに、土曜日の夜にスペシャルドラマでやっていた「椿山課長の七日間」が
すごくすごくよかった!

原作がすごく良い小説で、映画もよい感じだったので、
今度はドラマ?みたいな感じで期待はしてなかったのですが。

死んだ人が、生前と全く違う姿になって七日間だけ世間に戻り
想いのこした人に会いに行ったりするという展開なんだけど。

椿山課長 生前・船越栄一郎→死後(和山椿)石原さとみ

やくざ 生前も死後も北大路欣也(ビジュアルだけ変えて演じ分けてた!)

こども 生前・男の子→死後・初代ちびまるこの森迫永衣ちゃん

というのがメインキャストでした。
重要なキーパーソンである椿山父が津川雅彦で、
椿山の妻が戸田菜穂で、職場の同僚が田中美佐子。という
重要な女性たちも、地味ながら贅沢って感じで絶妙のキャスティング。

そして「キレイになったけど中身は50歳近いおじさんイコール船越」と
いう役を可愛くはじけて演じていた石原さとみさんを見直しました!
なんか、メイクとシックな服のせいか凄くキレイに見えたし。
初代まるちゃんも演技上手だし!

そして・・・
残した家族を優しく悲しそうに見る船越のまなざしにキュンとして、
更に、やくざとインテリ弁護士を演じ分けた北大路さんのフェロモンに
やられました(最近すっかり犬の声の人になっちゃってるけど、
よかったなー!)。

船越を素敵ー!と思うなんて、私、疲れてるのかな…(笑)。
いや、「官僚たちの夏」もよかったもんね!

ついでに。
北大路さんが近畿商事の社長だったら、もうちょっと面白かった
かもね「不毛地帯」。あの社長と、小雪が物足りないのよね。
そしてますます奇麗になって、とセリフでフォローされるほど
とほほな壱岐娘もますますビミョーに・・・「奥さんに似てきたね」って
そりゃ和久井映見に失敬だよねえとかいいつつ1話も欠かさず
見てたりもするんですが(笑)。
by tohko_h | 2009-12-21 14:03 | watching

ひとりでゴハン食べられない―とか言ってみたい気がする今日
このごろ。私は、ランチタイムがまちまちな仕事をしてたりするし
家に帰る前になんか食べちゃおうっていうことも多い方なので、
一人ごはん好きだし、週に何回かは必ずありますねー。
飲みにだって一人でも行っちゃうぞ、というか、好きなのひとり酒。
手酌酒~演歌は聞きませんが(笑)。

その1)朝マックならぬ、朝カーネル。ケンタッキーフライドチキンにて。
a0079948_2462795.jpg


少しライトな感じになってるフィレサンド。意外とさっぱりしてて
朝からでもいけちゃう。
a0079948_2464426.jpg


その2)外で食べる贅沢おちゃづけ。新丸ビル地下や、東急フードショー、
地下鉄高田馬場駅の和総菜屋「えん」に併設してる食券式おちゃづけが
割と好き。小鉢もちゃんとついてるし。
a0079948_2465511.jpg


こちらは季節限定の寒ブリから揚げのお茶漬け。だしをかけると
ブリのあぶらが甘く溶けだして美味。
a0079948_247892.jpg


その3)夜のプロント
ビールって外で飲む方が最近美味しい気がする。で、つい外で1杯だけ…
なんてときには便利なこのセット。
a0079948_2542141.jpg


仕事で凹んだときだったら、コースターに慰められる自分に苦笑して
しまうかもしれないけど、チェーン店でこういう人情系小細工をされると
グッとくるものがあってなかなか都会もいいじゃん!みたいな心持ちに。
a0079948_2543359.jpg


というわけで、今から愛する某店にランチに行ってきます!
実は、学生時代苦手だった友達にそっくりで、しかも日本語苦手っぽい店員さんが
ひとりいて(たぶん留学生)、顔見るのも嫌なんだけど、そろそろ今年の
出勤日数考えると、やはり食べておきたい…行ってきます!

そうそう、その友達の何が苦手って、毎年年賀状でバカの一つ覚えみたいに
「相変わらずパワフルにやってるんでしょうねー」って書いてくること。
生まれつきパワフルなんて人はいないんだよーだ!と毎年あっかんべーを
したくなります。
パワフルであろうとする人、パワフルになんなきゃ仕事ノリきれないひと、など
それぞれの努力によってひねり出しているものじゃないのかな、パワーって。
そういうのを「この人は力強い人」みたいに決めつけて(そうあったほうが付き合い
やすく都合がいいからそう決めつけたいだけなんだろうけど)
天然ものみたいにのんきに眺めて
「今年もそれでいいんじゃん」的に言われてもなーと思う。
特にその人の場合、私が力強く明るく面白いことを言ってることだけを
望んでて、悩んだり困ってたり不調気味なときは「らしくないね」って
そのこと自体を否定してくるので、もうどうしようもない。
しかも遠方に住んでて今の私が何を思って何をしてるかもしらないのに。
なので私は毎年「ご無沙汰してます」としか返していないのだけど…
今年の正月はその人が喪中だったので年賀のやりとりを略せて、不謹慎だけど
ちょっとホッとしてたのも事実。今年はどうしたものか。
by tohko_h | 2009-12-21 12:00 | eating&drinking