人気ブログランキング |

2011年 03月 05日 ( 1 )

a0079948_1263027.jpg

エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは4日、
東京・銀座で子会社が運営する商業施設「モザイク銀座阪急」の営業を
2012年8月31日までに終えることを明らかにした。

同施設は銀座TSビル(旧銀座東芝ビル)にテナントとして入っているが、
ビルを取得した東急不動産が立ち退きを求めて東京地裁にH2O側を提訴。
4日に東急不動産が補償金として60億円をH2O側に支払い、
12年8月末で賃貸借契約を解除することなどで和解した。

東急不動産によると、ビルを解体、3年程度で新たな商業ビルに
建て替える予定という。

同ビルでは1956年に数寄屋橋阪急が開業。04年にモザイク銀座阪急
として再出発し、服飾店や雑貨店などのテナントを展開。H2Oは近くの
有楽町阪急と合わせ、誘客に努めていた。(産経新聞)


丸の内、有楽町、銀座の変化はまだまだ続く模様。

昨年閉店した有楽町西武がルミネ(要はJRの駅ビルってことだね)に
なるらしいから、こっちは何になるんだろう。ファストファッションは
ひととおりこのエリアそろってるしなぁ。昔なつかしセフォラ(コスメ
だけのデパートみたいなお店)的なお店でも入ればいいのに。
by tohko_h | 2011-03-05 01:25 | NEWS