<   2006年 09月 ( 67 )   > この月の画像一覧

アナ「甲子園決勝とドラフト指名、どちらが緊張しましたか?」
田中くん「自分的には、こっちの方が緊張して、心臓の音が聞えるくらいでした」

アナ「野村監督のID野球、どうですか?」
田中くん「自分的にはそういう野球の方が好きです」


田中くん、その口ぐせ・・・
「しゃべりかた少しずつ僕ににてくる」とか、昔槇原敬之のラブソングで
そんな歌詞があった気がするけど。

その口調はこの人のだ(笑)
[PR]
by tohko_h | 2006-09-25 16:12 | baseball

田中くん楽天って・・・
進学かハワイに逃げてみるのはどうだろう、と思った。

なんか、最近の野村監督は名将に見えないし、田中くんの
気持ちのこもったボールを受けるのがカツノリだなんて
ふさわしくないよ!
と、体中から力が抜けそうになってたんだけど。

会見で彼は、男らしくきっぱりと前向きに言い切ったらしい。

「チームはどこであろうと自分のやる野球は変わらないと思うので
新しい舞台、楽天イーグルスさん、そこに向けて頑張りたいと思います。
まだ球団が出来て何年も経ってない球団なのでそういう球団の中で
また色々な歴史を刻んでいけたらいいなと思ってます 。
本当にそういうような4球団の指名をしていただいて
本当に光栄なことだと思っています。
自分のやってきたことがこういう結果につながってくれたので本当に
良かったと思ってます。」


神様は何で田中くんにはスター性と同時に試練を与えるんだろう。
新人王応援するよ、田中くんがそこでがんばるつもりなら。
試合も見に行きます(西武ドームとか近いし)。

でも、考え直してもいいよーとも言いたい。まだ現実に頭が
追いついてないようです。こういう笑顔が見たかった・・・
a0079948_1532820.jpg

[PR]
by tohko_h | 2006-09-25 14:40 | baseball

今日のランチはカツ

a0079948_13301620.jpg

本当はハムカツ定食がいいんだけど・・・
ハムカツ=ハム勝つで!
[PR]
by tohko_h | 2006-09-25 13:30 | eating&drinking

a0079948_18205849.jpg
「風が強く吹いている」 三浦しをん

三浦しをんさんが箱根駅伝の小説を書いた、と聞いて
てっきり「エースが監督を好きで、でも監督のまなざしは
有望新人に注がれていて・・・」みたいな、ボーイズラヴ路線の
コメディかな、なんて勝手にイメージしてましたが(笑)
(だって昔、エッセイの中でそういう駅伝小説なら書ける!
とかしをんさんが書いてたし・・・)

書店で、その本の帯を見ると「超ストレートな大型青春小説」と
あるではないですか。おお、正統派青春小説? フェイント!!
ハードカバーで1890円(税込)というなかなかのお値段にひるみつつも、
ちょうど週末だったし、装丁がなんだか可愛かったので買ってみた。

が、ワタクシ。
箱根駅伝には、正直、興味ナッシングだったりします。
お正月にはお笑い番組見るかセールに駆け出すかしてたし、
親も見てなかったし。
大学入学して最初の年明け、学校に行ったら、クラスメイトが
みんな箱根駅伝の話をしていて盛り上がっててびっくりしたくらい。
結婚して夫の実家でお正月するようになって初めて見ました
(彼らは神奈川県民で、駅伝のコースなんかも詳しいです。
ここが難所でね、とか凄く詳しい(でも夫は興味なし))。

というわけで、三浦しをんの新作だ!
と張り切って買ってみたものの、1日放置してありました。
駅伝に関心が薄いっていうかほとんど無いのに書き下ろしで
1200枚、500ページもある長編小説を読めるのか、と思い。

しかし、夫が出かけてしまったのでヒマになり、昨日の夕方
読み始めて、4時間強、トイレに行くこともおやつも忘れて
一気読みしました。しかもラスト30分は涙もノンストップ!
エッセイはどれも甲乙つけがたい三浦さんですが、小説の中
だったら、私はこれが圧倒的に好きです! 大好き!
読み終わったあとに胸に吹き抜ける風の心地よい小説。
まっすぐ感のあるタイトルと疾走感のある文体が素晴らしい。

物語は、ある春の夜の出会いからはじまる。
寛政大学4年の清瀬灰二(キヨセカイジ、通称ハイジ)は
銭湯の帰りに、完璧なフォームで駆け抜ける菓子パン泥棒と
出会う。彼の名前は、寛政大学新入生の蔵原走(クラハラカケル)。
清瀬は、自分の住むおんぼろアパート、竹青荘に走を誘う。
新入りの走を入れて、ちょうど住人の数が10人揃ったところで
清瀬は、全員に「今から1年間、みんなで箱根駅伝を目指す!」と
突然言い出す。驚くみんな。ほとんどの者が陸上とは無縁の
学生生活を送ってきたのに、冗談じゃない。素人が駅伝に
出るなんて、しかも、予選会をクリアして箱根まで行くなんて
そんなの普通に考えたら無理なんだから。
もちろん、反対するものもいる。やりたくないものもいる。
しかし、清瀬の、個々の性格を把握したトレーニングメニューや
アパートの住人同士の絆で、素人軍団の彼らは、だんだんと
駅伝に挑む心構えとたくましい脚と気持ちを身につけていく。

と、あらすじを書くとベタなんですが。
これ、意外と漫画だったら簡単に面白くできると思うんです。
10人のキャラクターを絵柄と特徴づけをデフォルメして動かせば
青年漫画誌のスポーツものとして成立させることができる
漫画家は少なくないと思います。だけど、小説で、10人の
大学生の書き分けとそれぞれの走りへの思い、大会での走り、
心の葛藤や成長などを、三人称の小説の形で書くことって
相当難しいと思うんです。だけど、この小説は、奇跡的な位
10人の物語、として完成されているんです。素晴らしい!
襷をまわすように、それぞれの思いが次々と真摯に正直に
語られていき、ただ強く走り続ける試合シーンは圧巻!!!
というわけで、読み終わった今、可愛くて可愛くてたまらない
彼らのキャラ設定をコミックス単行本のキャラ紹介風に書いてみます。


1区 王子/柏崎茜・文学部2年。顔は王子様みたいに綺麗だが
     協調性の無い漫画ヲタク。
     
2区 ムサ/ムサ・カマラ。理工学部2年の国費留学生。知的で温和。
      黒人=俊足、と思われてしまうのに戸惑いがち。

3区&4区/城太郎(ジョータ)と城次郎(ジョージ)。ともに1年生。
      ルックスがそっくりな双子。大学までずっと一緒にやってきた。
      すごく仲良し。明るくて人気者の素直でかわいいふたり。

5区 神童/杉山高志・商学部3年。僻地で神童扱いされてたことから、神童。
      山道を元気に駆けていたので登りの道に有利?

6区 ユキ/岩倉雪彦・法学部4年。司法試験合格済みで、弁護士志望。
      知的でデータや理論を聞くと納得して練習するタイプ。

7区 ニコチャン/平田彰宏・浪人と留年で25歳で理工学部の3年生。
        高校で陸上経験アリ。煙草が好きであだ名もニコチンから。

8区 キング/坂口洋平・社会学部4年。クイズマニアで、録画しても
      クイズ番組を見るほどのマニア。ニックネームも「クイズ王」から。
       
9区 走(かける)/蔵原走・社会学部1年。
        走ることの神様に祝福されている天才ランナー。高校時代の
        ある事件がきっかけで陸上部をやめ一般入試で寛政大へ。

10区 ハイジ/清瀬灰二・文学部4年。アパートに10人の人間が揃い駅伝することを
       夢見ていた。最後の春にその夢が叶い、皆を引っ張っていく。

監督 アパートの大家・田崎源一郎。

ニラ アパートで飼われている犬

他にも憎たらしいライバルの体育大学のエリート学生や、
商店街のかわいい娘さんなど、漫画チックな脇役たちも物語を盛り上げてくれます。
これ、堤幸彦監督あたりにドラマ化していただいてもいいかも。
映像化なら、日テレ(駅伝を放映してるテレビ局)しかないんだろうけど・・・
「マイボス☆マイヒーロー」のスタッフのセンスならイケるかも!

とにかく、何もしないで一気に読むのにふさわしい一大エンタテイメント小説です。
今年のナンバーワン候補かも。

そして余談。
もしも私がしをんさんの担当編集者だったら「あのー、今年の甲子園とか
どうでした?」と、ぜひぜひこの筆力で高校野球小説を書いてほしい!と
願わずにはいられないでしょう。あさのあつこさんより、むしろ彼女に
最後のあの対決についてだけでも聞いてみたい・・・ううう。
学生スポーツ、という、書き方によっては爽やか過ぎてイヤミになりそうな題材を
ここまで清清しく突き抜けて書きとおした三浦さんの才能にほれぼれとしました。
カケル君に走りの神さまが祝福を与えているように、きっとしをんさんには
小説の神さまがついている気がする。それくらい面白かったです。
[PR]
by tohko_h | 2006-09-24 18:21 | reading

「スバラ式生活」のまゆみさんのところでお見かけした
「ナスの梅干し煮」
に一目ぼれして、実は最近3~4度立て続けに
煮ては食べ、煮ては食べ、しています。
前の晩に煮て朝食べると梅の酸味できりっと目が覚めてごはん軽く1膳、
なんていい感じ。思わず、紀州の柔らかい梅を特売で買ってみたり。
本当にまろやかな酸味と、なすのふっくら感が病み付きです。
最初から、お酒のお供に前提、というときは、我が家では何にでもやたら
入れてしまう鷹の爪を1本入れてピリカラ化してみたりも、してます。
まゆみさんみたいに綺麗に斜めに包丁を入れられなくて、細かく
入れすぎると食感がミョーな感じするし、まばらだとやっぱりダメだし、
まだまだ修行中ですが・・・
a0079948_18503382.jpg


以前、まゆみさんの
鶏肉の梅干煮もハマりにハマって
鶏肉パックがセールになると最近もたまに作ってますが(だんだん略式で
鶏肉だけで大根も入れず、しかも骨がなくてきってあるもも肉とか
手抜きが顕著になりつつありますが・・・)これは下手すると週3くらい
食べてます。油を使わずになすがしっとりふっくら沢山食べられるので
ナス好きの私には嬉しいお料理をまた覚えることができました。
またまたまゆみさん、ありがとうございました!!

そして、物産展マニアの方に情報をひとつ。
先週、池袋西武で開催されていた北海道物産展で買った美味しいかぼちゃプリン。
a0079948_18563730.jpg

プティメルベイユという函館のお店のプリンが
売られていたんですが、これが美味しい!!
通販だと3個1000円でお取り寄せもあるそうですが・・・
☆9/28~10/4 新宿京王デパートにて販売と、お店のサイトに書いて
ありました。なめらかで生クリームとの相性がすばらしく美味しいんです。
クリーミーでこってりしっとり食感もよかったです。ご興味のある方はぜひ!

余談ですが、今日の昼間、うとうとしつつテレビ東京でやっていた「スケバン刑事」の
映画版(主演が南野陽子のやつ)をなんとなく見てたんですが・・・

序盤の、休日に私服で歩く麻宮サキ(ナンノ)のファッション・・・

ピンクのふわっとしたオーバーサイズ気味のカーディガンに白いブラウス。

ベージュのロングのプリーツスカート。

白いソックスにストラップの靴。

あげた前髪に、サイドの髪を後ろで束ねてレースのリボンをつけたスタイル。

これって・・・
高校時代の私がお気に入りでしていたスタイルそのまんまだ~!!!!
今見ると、ものすごいカッコなんです。あのロングスカートはむしろ絶対
脚太く見えちゃうだろう、そのソックスとあわせちゃ。その暑苦しくふわふわ
させた前髪はなんやねん!と突っ込みどころがあるんですが、全部
自分が当時「かわいい」と思って着てたテイストそのまんま。
もちろん南野陽子の可愛さは平成18年になった今見ても説得力が
あるんですが、あーすごかった、あのファッション。ロングのプリーツスカートに
カーディガンにブラウス、なんて、学校に週6日行くうち(私服だったので)
2日くらいは着てました・・・
[PR]
by tohko_h | 2006-09-23 20:06 | cooking

最近、高校球児ネタも定着しつつあるようなので・・・(笑)

☆現在発売中の「Number」(文藝春秋)には、1pまるっと
鮫島君についての考察記事&斎藤くんのインタビュー6pが
(進学決定までの素直な心の動きや家族との会話など)が
載っていて、ほかはサッカーの記事ばかりだけど買いました。
写真も、はにかみつつも笑顔のアップとかあるので、ファンにはお薦めです。
ライバル・田中くんについては「ストレートもスライダーも速いし
技術が違う。彼が高校ナンバーワン投手です」と語ってました。
決勝再試合の前には「自分も負けてないと思います」と
勝気にコメントしてたけど、試合が終わったら全面的に認める。
これはこれで男らしいなーと思いました。
田中くんも試合のあとで「相手のほうが1枚も2枚も上手でした」と
きっぱり言ってたし。お互いに同時に「この人、自分よりすごい!」と
思った瞬間に、混じりっけなしのライバルになるのかもしれません
(他の具体例が「ガラスの仮面」しか出てこない自分って・・・)。

ちなみに、斎藤くんが田中くんと選抜で再会したときに初めて
交わした会話は
斎藤くん(今年の優勝投手)「サインを頼まれたときってどうしてる?」
田中くん(昨年の優勝投手)「自分は全部書いているよ」
斎藤くん「すごいなぁ」
こんな感じだったとか。

☆今日の夜の「すぽると!」(フジテレビ系)で斎藤くんについての
特集か何かがあるとネットの噂で見ました。一応抑えてみよう。

☆今日は、鹿児島工業の運動会だったそうです。
MBC(南日本放送)のサイトで動画も見られます!
代打の今吉くんの応援団長姿はハマリすぎ(スキンヘッドも健在!)だし、
榎下くんと鮫島くんのリレー姿もあります。ファンの人とかも見物に来てた
ようですが、地元の女子らしく、今吉くんと記念写真撮ったりなんだか
ほのぼのしてました。

久々に斎藤くんのかわいい写真でも貼っておきます。下の方の写真は
憂いを帯びていて、三島由紀夫の小説に出てくる美青年風でかなり好きかもー。
a0079948_19572492.jpg

a0079948_2023817.jpg

[PR]
by tohko_h | 2006-09-23 19:58 | baseball

●9月21日(木) 19時~21時 ロンQハイランドスペシャル!
芸人さんチームがスタジオで色々なゲームとクイズにチャレンジ。
行列の弁護士軍団は、行列のスタジオ収録の合間にゲームにチャレンジ。
先生は白いジャケットに、白×黒(紺?)のストライプのシャツ。
爽やか。
今回、先生たちがチャレンジしたのは「いぢわるイエス・ノー」という
ゲームです。簡単な2択問題にアクションをあわせたゲーム。

少し考えればわかる簡単なイエス・ノー問題を、足踏みしながら、
テンポ(1分間に105)にあわせてイエスかノーか4人同時に答えます。
イエスと思えば左に向かって「イエース」 ノーと思えば右に向かって「ノー」。
イエス:親指を立ててニッコリしながら  ノー:肩をすくめて残念顔で


ちなみに、橋下先生は、ロンQハイランドにご出演されたこともあり、
このゲームも経験済み。なので、あー余裕なんだろうな、と見てました。
チームプレイなので、全員が正解しないとそこでおしまい。
北村先生がゲームをする前から「どんな簡単な問題でもこのメンバーなら
意見分かれますよ」と言って司会のロンブーさんを当惑させつつ・・・

練習では、リズムに乗れず、丸山先生が2度突っかかりました。
そして、いよいよ本番。
①東京タワーは世界にひとつ、イエス・ノー? イエス!(全員正解)
②有罪の反対は無罪、イエス・ノー?  イエス!(全員正解)
③弁護士はみんな儲かる、イエス・ノー? ノー!(全員正解)
④飛べない鳥もいる、イエス・ノー? イエス!(全員正解)
⑤弁護士はみんな子だくさん、イエス・ノー? ノー!(もちろん全員正解)
案の定、ここまで、橋下先生はあっさりとアクションもこなし、イエス、ノー、と
仕草もきちっとキメつつ声も出していて絶好調。橋下先生が失敗することは
ないな、と安心して見てました。
しかも、なんかいちいち、仕草キュートで目離せないし!!!
ところが・・・油断してた私はまだまだ橋下弁護士ウォッチャーとして甘かった。
6問目・・・

⑥ファーストキスは1度だけ、イエス・ノー?
という問題で、あとの3先生は「イエス!」と即答して正解だったのですが
結構自信ありげに「ノー!」とおっしゃった橋下先生・・・
「あーー! でも今の問題って返しかたによってどっちの答えもありますよね」って
どうやってファーストキスを何度もカウントするんでしょうか・・・!?
相手が変わればリセットしてカウントする派とか・・・?
北村先生が「だから最初に言ったでしょ、どんな簡単な問題でも全員一致なんて
ないって」と容赦なくダメ押し。
橋下先生が「1回の放送分で2問以上全員の答が一致することって普段も
ないですものね。今回は5問合ったわけですから・・・番組4年やってて
初めてのことじゃないかと」とおっしゃると、淳さんが「自分が失敗した言い訳を
してるんちゃう?」と突っ込んでました。やはり、うまい突っ込みさんがいると
先生生きるな~(このときは、「行列」の司会の紳助さんもいらしたので
豪華ダブル司会状態でした)。


●9月22日(金)スーパーモーニング
モスグリーンのトレーナーみたいなトップスの上に、エンジ色のジャージ
(早稲田カラーですね)を着ているカジュアルな橋下先生。
黒柳徹子さんのお母さまがなくなった、ということで、徹子さん母子関連の
VTRが流れた後で、
「僕、小学校中学校の時って本ってほとんど読まなかったんですが(いつ
速読が得意になったんでしょう・・・)、黒柳さんの“窓際のトットちゃん”だけは
面白くてよく読んでたんです。大人になって自分が育児をするほうになると
徹子さんのお母さんの育児ってすごいなーだけど大変だなって思うように
なりました。子どもに自由にさせてあげるってことは、そのぶんだけかげで
しっかり見守ってるってことですから」と、子ども時代と現在のご自身の変化を
からめて語られました。そして・・・

「この前、僕、徹子の部屋に出させていただいて
徹子さんとお話を色々させていただいたんですが・・・」

とおっしゃるではありませんか。

は、橋下先生、徹子の部屋に出られるんですか? 徹子と徹?

今月のスケジュール表には入ってないので、きっと最近収録があって
来月あたりオンエアされるんでしょう・・・楽しみ~!!
[PR]
by tohko_h | 2006-09-22 22:27 | HashimotoGovernment

a0079948_13111224.jpg


ばんそうこうは、各地で「バンドエイド」「カットバン」「サビオ」など
商標名で呼ばれていることが多く、どう呼ぶかで出身地が推測できる。
東京女子大の篠崎晃一教授(社会言語学)は、呼び方の地域的な
バリエーションを「方言」ととらえ、約10年前に全国調査した。
どの地域でも一般名称である「ばんそうこう」のほかに、
複数の呼び方が存在している。

広く浸透しているのは、現在43%の市場シェアを誇る
ジョンソン・エンド・ジョンソンの「バンドエイド」だ。
篠崎教授の調査時点で、全国でテレビCMをしていたのは
「バンドエイド」だけだった。日本上陸は59(昭和34)年。
メディアの影響力も後押しして、最も有名なブランドになったといえる。

「リバテープ」は60(同35)年に星子旭光堂(現リバテープ製薬)が発売。
創業のルーツが西南戦争という、熊本県のしにせメーカーだ。
「熊本での認知度はほぼ100%。九州の人なら一度は聞いたことが
あるはず」と同社総務部。
九州では、ほかに「カットバン」の知名度も高い。命名の由来は
「ばんそうこうをカットしたもの」だから。
佐賀県に本社のある祐徳薬品工業の商品だ。

北海道での呼び名「サビオ」は、もともとスウェーデンの
有名メーカーの商品。日本では63(同38)年からニチバン、
75(同50)年以降はライオンがライセンス契約を結び、
販売していた。
「20年ほど前は、北海道でシェア1位だった」(ライオン広報部)が、
02(平成14)年に製造が中止されている。商品は消えたのに、
商標名が一般名詞として使われ続ける珍しい例だ。

篠崎教授は「現代になって新しくできたものの場合、ホチキス、サランラップ、
宅急便などのように、特定のブランド名が一般名称のように定着する
例はある。ばんそうこうは、複数の商標名が定着しているうえ、地域的な
特徴も大きい」。かなりユニークな存在といえそうだ。
2006年9月20日 毎日新聞・東京朝刊


横浜生まれの札幌育ちの私ですが、バンドエイド派です。
あと、一時、可愛いイラストつきのキャラクター絆創膏が流行って
オーキューバン(応急絆?)って名前で売られてて、
現役女子高生だったときはそんな風に呼んでいた記憶が・・・

ちなみに、最後のほうに書いてある「特定のブランド名が一般名称の
ように定着する例」は、校正作業をしてるときにチェックする大事な
ポイントなので、職業柄しっかり意識は一応してます。
特にそうである必然性がなければ「宅急便(ヤマト運輸のサービスの
名前ですよね)」というネームを「宅配便」と直すことはあります。
でも、ホチキスのことを「ステープラー」って言ったら通じないよね、たぶん・・・
鹿児島で黒板消しを「ラーフル」って呼ぶより無名だよね、
ステープラー(でもない?)。

そういえば、例の甲子園で話題になったハンカチを作っていたメーカーさんが
「ハンカチ王子」を商標登録するとか・・・来春から一大学生として野球をやる
と言っている斎藤くんにしたら、これで「ハンカチ王子」と言われる機会が
減っていいのかもしれないけど、なんか商売に利用されたみたいで
不愉快だったりしないんでしょうか。ていうか、流行語大賞のときはこの
メーカーの社長が登場したりするのかなぁ。なんかズレちゃってる気がする。
そういえば「阪神優勝」っていうのもどこか会社の登録商標なんですよね、確か。
[PR]
by tohko_h | 2006-09-21 13:20 | NEWS

もともと、人の痛みに敏感で自然に声をかけられる人って
尊敬してるし大好きですが(人の痛みを直視する仕事を
選んで、謙虚に「人の痛みが判る人間になりたい」と
おっしゃってる橋下弁護士とかその最たるものかと)、
わずか17歳で、恐ろしいくらい励まし上手な男の子を今
心からリスペクトしてます・・・
自分の半分くらいの年齢なんだけど、尊敬っていうか、
憧れっていうか、まぶしくてしかたないのです。

駒苫の田中くん・17歳。

決勝戦再試合で敗れたあとの本間主将への「よしよし、ぎゅ」も
有名ですが・・・
a0079948_1215585.jpg


これも凄い。中沢くんの涙を指でぬぐってます・・・
斎藤くんが王子なら、田中くんは騎士みたいだ(彼に西洋系って
思いっきり似合わないんだけど、騎士道は似合うかと)。
a0079948_12155120.jpg


よい意味で、心の動きが行動に直結してるタイプなのかな?
自然にチームメイトに触れてる田中くん、かなりいい!!
しかも、女子に対しては気安くこういうことしなれてなかったり
すると、ますますツボなんですが(勝手な事を言ってみる(笑))。

そ、それにしても、17歳でこの包容力、どうなんですか?
どんな凄い大人になっちゃうんですか?
同年代に生まれなかったことがふと残念に思ったよ(今年の
高校野球は本当にそう思う瞬間がたくさんあって、自分の
年齢って嫌いじゃなかったけど、今年はちょっと「平成
生まれになってみたかった」と思った(笑)←今年の3年生君は
ギリギリ昭和なんだっけ?)
そして、田中くんは、泣いているチームメイトをこうして
ぎゅぎゅっと励ましておいて、自分はどこで泣いたのかな。
泣かなかったのかな。
なんかバカみたいに気になるじゃん、その前の斎藤くんとの
対決でのフルスイング空振りのあとの笑顔と併せて。

同年代の男子に決定的に欠けてる要素のひとつ、包容力。
とくにずっと共学で育ってきて同学年男子とは肩を並べて(別に
張り合って来たつもりはないし、本当は寄りかかりたい瞬間も
あったけど、なんだか共倒れになりそうな弱々しい男子も
すくなくなかった事実)やってきた私にとっては、この
「がしっ」って感じ、かなりキュン死にしそうなんですが。

私、来年から、田中くんが行くチームのファンになることにします。
某巨大掲示板によると、今、ヤクルト内部にも、田中くん一巡目指名を
しようとか言い出してる人がいるとかいないとかで。
田中くん自身、途中までは捕手だったこともあり、古田さんの
配球テクニックを小学生のころから尊敬して参考にして
やってきて、投手にコンバートしたあとも、きっちり生かして
来たらしいんですね。憧れの古田監督のもとだったら、
気持ちよくいけるんじゃないかしら。学生時代から比較的
つばめっこだった自分としては、嬉しい噂ではありますが。

まあ、ドラフト直後の会見で「ハズレでした」ときっぱり言ってた
ベイスターズ希望だった松坂くんも、今はライオンズの柱として
素晴らしい投手になっているわけなので、どこに入るかより
どういう選手になっていくか、のほうがずっと大事だとは
思うんだけど・・・ね。というわけで、自分の就職活動の
ときより熱い気持ちで週刊ベースボールを買っちゃったり(笑)。

しかし、もしも、田中くんがスワローズに来たら、
外苑前(神宮球場の最寄り駅)までの定期を買ったほうが、の
勢いで通うかも(斎藤くんの六大学野球もあるし)。
[PR]
by tohko_h | 2006-09-20 12:15 | baseball

夫の定期入れに大麻を隠し、警察に通報して逮捕させようとしたとして、
大阪府警泉北署は19日までに、堺市中区深井中町、自営業児玉朱美容疑者(32)を
大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。同容疑者は団体職員の夫(42)との間に
6歳と8歳の2人の息子がいるが、家庭内別居状態だった。
「離婚したいが、夫が警察に逮捕されれば親権が取れると思った」と話しているという。

調べによると、児玉容疑者は8月23日午前4時ごろ、自宅で大麻約0.2グラムを
所持した疑い。 
(時事通信) - 9月19日19時1分更新


人を呪わば穴ふたつって言うかなんというか・・・
ほぼ私と同い年のこの妻ですが、ずいぶん作戦が幼稚っていうか。
ドラマだと、別れさせ屋みたいな人を雇ったりするんでしょうけれども・・・
少女漫画の、靴にがびょうレベルの必死さがなんだかまぬけすぎて切ない。
[PR]
by tohko_h | 2006-09-19 22:40 | NEWS