人気ブログランキング |

<   2007年 01月 ( 52 )   > この月の画像一覧

鋭意校正中

漢字の間違いとか普通の日本語は辞書で引けば
簡単に私でも校正できるんだけど、方言とか
若者コトバみたいなのになると、あってるのかどうか
確信がもてなくて悩み悩みの作業になることもしばしば。
漫画だと特に、話し言葉が主なので、ナウなヤングがバリバリ
使ってる(笑)ことばってよくわからないんだよねー。

物を盗むことを「パクって」と表現するのはとっても
ポピュラーな言い回しになりつつるけど(上品とは言い難いけど)
「パチる」ともいいますか? 今、そこでつまづいとります。
盗み方面に詳しい方(?)、こっそり教えてくださいませ!
by tohko_h | 2007-01-19 11:51 | working

a0079948_032969.jpg「私のスフレ」 林真理子

帯のコピーは編集さんが書いたんだと
思うんだけど、あまりにも過不足が無い。
「東京へ行きたかった。
あの街へ行きさえすれば、
素敵なことがいっぱい起こると
信じていた――。
まだ見ぬ恋人に
ひたすら思いを寄せていた
自意識過剰な女の子――。
甘酸っぱい記憶が甦る
追憶のエッセイ集。」



このごろ、地方出身の男の子たち、そしてかつて男の子だった男の人たちが
リリー・フランキーの「東京タワー」を上京物語のバイブルとして読んでるフシが
あるような気がするんだけど、これは、エッセイ版(いや、林真理子版)の
「東京タワー」と呼べる、地方出身女子で、平均かそれ以下の条件で東京に
出てきた、みたいな人が読むと…涙は出ないものの、あのころの
いろいろしんどかったな、みたいな、今となってはあまり開けたくないような
引き出しをひっくり返しちゃったみたいななんともいえない気分になる。
この「嫌なもの見ちゃいました、つい」という気分は、まさに林真理子のエッセイの
うまいところなんだけど、特にこの、山梨で過ごした思春期から東京に出てきた
大学時代を振り返ったエッセイは、その、けして、美しいだけじゃなかった青春を
あますところなく描いていて、読んでいて、途中で何度かやめたくなったくらい
(北海道から出てきた自分からすると、山梨から都内の大学なんて隣町感覚じゃ
ないの?とも最初は思ってたんだけど)。
今は、何もかもを手に入れた(主にペンの力で)強い女性、という印象の強い
林真理子さんだけど、10代後半から20代に差し掛かった頃の彼女は、
何も持っていない女の子のひとりにすぎなかった。
恋人のいる女の子や美人の友達に対して先回りして卑屈に振舞ってしまったり、
最初から地味なアルバイトを選んだり、お金持ちな友達のグループで複雑な
立ち位置になったり、就職が決まらなくてみんなに「NO」といわれた気がしたり、
「選ばれたい場面で自分が選ばれない悲しみ」を味わってきた経験が沢山書かれていて
読んでいるうちに、当時の非力な真理子さんを抱きしめてあげたくなりそうだった。
それは、そのまま、10代から22歳くらいまでの私がかわいそうでそうしたい、というのと
同じ気持ちだ。
受験生のときは「どの学校にも選ばれなかったらどうしよう」と思い、就職活動では
実際に「どの会社でも私と働きたい人がいないんだ」と、毎日否定されてるみたいで
結構消耗したし、会社に入ったら入ったで、やっぱり、そういう「選ばれない悲しみ」
みたいな瞬間は何度かあって。
林さんはいつから、自分が自分の人生を、友達を、相手を、仕事を、東京で生きることを、
自ら選び取る女性になれたんだろう。
多分「みんなの中から選ばれたい」という思いは、少女らしい甘い夢みたいな気持ちで、
それが「自分で欲しいものを選び取りたい」と手を延ばした瞬間から、大人の時間が
はじまるんじゃないか。そんな気がした。
by tohko_h | 2007-01-18 00:32 | reading

以前、「早生まれは損?得?」という記事を書いたことがありますが、
今、すぽると!(フジテレビ)で、アスリートの早生まれは損になるかどうか、
という特集をしてました。スタジオゲストは元フィギュアスケーターの八木沼さんと
桑田投手。おふたりとも早生まれだそうです。

特に桑田選手は、4月1日生まれ、という、あと1日遅く生まれてたら次の学年、
という、ギリギリの早生まれさんらしいのですが、それについて
「あと1日遅く生まれてたらなって思ったこと、ありますか?」とアナウンサーに聞かれ
「いえ」ときっぱり答えたあと
「もしそうだったら、清原とも会えなかったし」とさらっと言ってました。

大人の思惑とかもあって、このふたり、PLからドラフトを経てプロ入りするときなんかに
いろいろあったりして、単純に「元チームメイトで仲間!」とニコニコ仲良しって
わけにはいかない間柄だと思うんだけど、そうやって心から言ってるみたいだった
桑田さんのコメントがなんだかとってもよかった。
by tohko_h | 2007-01-18 00:27 | baseball

今夜だけきっと…

a0079948_362823.jpg

やっと校正終わった・・・タカノのミニ苺パフェ、
食べちゃいます。夕食なのか朝食なのか(笑)。

下には抹茶ムースと小豆も入ってました。
高野には珍しく和風・・・うーん、ヨーグルトムースとか王道のほうがいいかも。
というわけで、世間の受験生たちとともに夜更かししてみました。
今週末がセンター試験だから、現役受験生たちは早寝してるかも。
by tohko_h | 2007-01-17 03:06 | eating&drinking

容赦ないメル友

楽天の地元のラジオ番組に出た田中くん。トークの内容がネットに
ちょこちょこアップされたのを読んでいると、どうやら、斎藤くんから
年末にメールをもらい、自分も返したらしい。内容は、北海道土産の話など。
(まさか斎藤くん、あの入手困難なじゃがポックルを頼んだとか!?
でもアポロとたけのこの里好きらしいので普通にROYCEのチョコとか?)
その斎藤くんからのメールには、

「10勝してね」 とあったそうだ。

それに対して、田中くんは「それはムリ」ってレスしたんだって。

甲子園で死闘とも伝説とも言えるすごい試合を投げあった(しかも決勝戦を
二日にわたって、という凄まじい内容で)ふたりが、数ヵ月後に別の道を歩んで
普通の友達同士みたいにこうしてぽつぽつメールを交換し合ってる、と
思えばほほえましいけど、同学年の中でほぼ負け知らずだった田中くんに
勝った斎藤くんその人からだ、と思うと、なんだかすごい。
「怪我しないで頑張ってね」とか「プロでもしっかりね」なんて無難なことは
書かずに、具体的に数字まで挙げて(しかも高卒ルーキーに二桁勝利、
というのはかなり、凄く目標として高いことだと思う。実際に謙虚な田中くんは
「まず1年目にプロ入り1勝目をあげたい」くらいしか言ってない(笑))
大真面目に応援してるっぽい。
斎藤くんからの「10勝してね」は、球団や、周りのオトナたちが田中くんに
対してしているものすごい期待より、ある意味熱いエールかもしれない。
「自分がプロに行くまで最高の投手になっててね」っていうことだもんね。
そしてその最高の田中くんと投げ合うのが、大学卒業後の斎藤くんの夢の
ひとつなんだと思う。と、ロマンティックなことを書いちゃったので、それに
ふさわしい写真を貼っておきます…確かにロマンティックが似合うまなざし。
それもスターの条件のひとつなのは、間違いない。
a0079948_08439.jpg

by tohko_h | 2007-01-16 23:58 | baseball

a0079948_148169.jpg
a0079948_1482149.jpg


「デトロイト・メタル・シティ」① 若杉 公徳(白泉社)

理想の自分と程遠い世界で生きる主人公の苦悩と悪あがきを描く
ミュージック青春漫画☆
・・・と、言おうと思えば言えなくもないんだけど、最強(凶?)のメタルギャグ。
とにかく、吉田戦車・うすた京介と並んで「電車で読むにはキケン」なコミック。

主人公の根岸崇一くんは、大分県出身の好青年。フレンチポップが大好きで
カヒミカリィや加藤ローサ、アメリなど可愛くてオシャレな女の子も好き。
大学時代の思い人・相川さんも清楚な感じ。大学卒業後も音楽で世に出たいと
東京で日々がんばってます・・・爽やかなミュージシャンを目指してるのに、
どうしたことか、デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のギターボーカル・
ヨハネ・クラウザーII世として人気急上昇中!飛ぶ鳥を撃つ…ブチ殺す勢い!
そう、爽やか系の音楽が大好きなのに、なぜかメタルバンドのスター、いや
一部のファンにとってはカリスマにさえなりつつある。
「こんなはずじゃなかったのに・・・」とぼやきつつも、メイクをして
ステージに立つと、田舎の母から米や野菜を送ってもらっているなんてこと
おくびにも出さずに「オレは地獄のテロリスト 昨日は母さん犯したぜ」と
シャウトして喝采を浴びる日々。本命の女子・相川さんもメタルは嫌いだから
絶対に自分がクラウザーさんだなんてばれたらヤバイ!

この「正体がばれたらアウト!」というシチュエーション、漫画やアニメの
王道の設定(今ぱっと思いついたのは「キャッツ☆アイ」。「コナン」は
ちょっと違うか)なんだけど、それが、メタル君ってだけでこんなに
面白おかしくなるなんて! たしかにDMC(デトロイト・メタル・シティ)の
歌詞はエグいし、楽器やステージを壊し暴れまくったり、メタルっていうか
乱暴すぎて引く直前に読んでてなるんだけど(だんだん慣れてくると
メス豚位なんてことなくなってきますが(笑))、根岸くんが本気で
その状況に悩んでて、悩めば悩むほどおもしろいし、なんか好感さえ
持ててくるのです。
「爽やかなポップスを」と、可愛いラブソングを作っても、メタルに書き換え
られてしまったり、歌詞を巡る言葉遊びも秀逸。
「朝起きたら君がいて、チーズタルト焼いてたさ
さあ出かけよう、オシャレして町にさ」(タイトル・甘い恋人)


「朝起きたら君がいて、俺の両親焼いてたさ 
さあ出かけよう、オシャレども殺りにさ」(タイトル・悪い恋人)

「オレたちゃ裸がユニフォーム」(アパッチ野球軍)にも通じる激しさがコワイ・・・(笑)。
この「変な歌詞を作って困ったミュージシャンがあれこれドタバタ」というのは
うすたさんが現在描いてる「ピューと吹くジャガー」(こちらは縦笛プレイヤーの
ジャガーさんが友達を振り回したり他のミュージシャンにおかしな影響を
与えたりするギャグ漫画。「マサルさん」といい勝負でおもしろい)にも
通じる感じだなーそういえば。さすがに「のだめっぽいYO!」とは言いませんが
(のだめやジャガーさんは変態音楽家であることを楽しんでるけど
根岸くんは「まともになりたい」一心なのである意味逆かしら)

また、無力なおとなしい青年のはずの根岸くんがクラウザーさんになって
なにげに人助けとか思いやりを見せるところもあったりして、だんだん
可愛くさえ思えてきました。ヤバイ?

額に「肉」の替わりに「死」と書いてひと暴れしてみたくなるかも(にやり)。
by tohko_h | 2007-01-15 14:08 | reading

a0079948_843532.jpg


しかし左下の新聞、別人が目立つレイアウトになっちゃってる・・・(笑)。
新聞によっては、斎藤くんが後ろポケットあたりを触った写真を載せて
「ハンカチ出るかな?」とか書いてあった・・・ハンカチはもういいよ~
by tohko_h | 2007-01-15 08:05 | baseball

下の記事で「橋下弁護士が絡んでいらっしゃるお弁当が関西限定で
食べられないよう」と嘆いてみましたが、東京にもおいしいおべんとは
あるのです・・・ついこの前食べました。

それは、appleさんスカタン女王様の記事にあった肉のたかさごで売られている…

仕事はじめから数日経ったある日。年末に校了した見本本があがってきたお祝いに
こっそり買いに行くことにした。
とりあえず、会社からたかさごの最寄り駅・月島までは片道25分くらい。
肉のたかさごは、月島駅4番出口を出てまっすぐ歩いてすぐのところにあり、
ということで、駅からのアクセスはとてもよい。なので往復1時間以内で行ける。
会社ではコンビニパンでも食べることにして、昼のうちに確保だけして夜に
食べることにした。
しかし、そういうときに限って仕事密度が濃くて、会社を出たのが12時半すぎ。
月島についたときは13時過ぎてて…たかさごの看板がすぐ見えてきたけど
店の前に出ていたテーブルを店の人が片付けてるのも見えてる…
もしかして、売り切れ!?
つい走り出す私。恋愛ドラマだったらその先にはクールな相手役がいるはずだが
私が走るのは、お昼限定やき豚めしのためだったり。
お値段は600円ちょっと。あとみっつくらいしか残ってなかった。
無事に買えました。
それにしても、街のお肉屋さん風でローストビーフもコロッケも売ってておいしそう。
しゃぶしゃぶ用の牛肉は、値段ごとに名前つき(括弧内はグラムあたりのお値段)

うたげ(609円) だんらん(714円) なごやか(819円) 
しあわせ(924円) あこがれ(1050円) みやび(1260円)


お肉屋さんの店頭に名前つきのお肉なんて、ちょっと、吉田戦車かうすた京介の
マンガみたいで楽しい! 今度、しゃぶしゃぶ好きの夫のために、なごやか…
ううん、誕生日とかならがんばって「しあわせ」くらい奮発してあげようかな。
夫が「あこがれ」で私は「だんらん」くらいでもいいなー。けなげ?

やっと会えたね・・・と、辻仁成@パリ状態で会社に帰って来て午後の仕事に
励みました。エサがあると芸をよくするおっとせいのような女。おうっ、おうっ!

というわけで無事に仕入れたおべんとうはその日のディナーに。
a0079948_20412914.jpg


贅沢にも、一緒に買ってきた切れてる焼き豚も一緒に乗せてわしわしかきこむ。
ご飯の中にも、やきぶたの端っこみたいなお肉がゴロゴロ入ってて見た目以上に
実力派・・・おいしかったです。これを外で食べたなんて女王様やappleさんたち
楽しかっただろうなーと思いつつ、夜にインドアで食べる者の特権として
赤ヱビス(もう売ってないね…限定ってほんと一瞬だったのね)と一緒にいただきました!
お肉もおいしいけど、焼き豚に添えられたタレの甘辛い味もくどくなくてでもしっかりしてて
ほんとおいかったです!
by tohko_h | 2007-01-14 20:39 | eating&drinking

勝訴弁当

毎日テレビのグルメ番組「魔法のレストラン」(木曜午後6時55分)と
阪神百貨店(大阪市北区)がタッグを組み制作した「魔法のレストラン勝訴弁当」が、
24日から同百貨店で売り出されることになり13日、
番組出演者の女優水野真紀、橋下徹弁護士らがPR会見を行った。
999円ナリで、30日まで1日1000個の限定販売。
(日刊スポーツ - 01月13日 22:11)


勝訴…勝つ…トンカツとかはいってるのかな、とベタな想像をする朝。
阪神と阪急が統合したことだし、有楽町の阪急でも売って欲しい(涙目)。
あ、現在駅弁祭りで盛り上がってる新宿の京王百貨店でも・・・

コンビニなどでよく番組コラボ、タレントさん企画のお弁当やおにぎりが
期間限定で売られてるけど、デパート、というところがさすが
現役弁護士&現役議員夫人ということでややハイソな感じ。
しかし、それゆえに都民の私にはややハイソ、どころか高嶺の花弁当。

…自分的には、ハイソじゃなくて敗訴です(すみません)
by tohko_h | 2007-01-14 12:11 | HashimotoGovernment

福袋か不服袋か? 

年があけるやいなやKID BLUEの福袋を購入したワタクシ。
実は、私は、ジャンケンとかくじ引きで悔しい思いだらけの人生を送ってきたので
(中学受験も抽選で落ちたし! それ以来福引のガラガラを見ると軽くイラッと(笑))
いい目にあう確率が低いものに手を出さないんです。
宝くじも買わないし、ギャンブルもやったことない。福袋も買ったことほとんどない
(新婚のころ、夫実家に2泊してたころあまりにも暇で昼間出かけた先で
アクセサリーの福袋(大ハズレ)を買って以来トラウマにもなったし)。
ある意味、夢のない女。

福袋の素敵な思い出といえば、高校時代、3学期の始業式の日に学校に行ったら
部活の先輩が「これ、福袋に入ってたけど似合いそうだからあげる」と、
編みこみのざっくりした黒いポールスミスかどこかのセーターをくれたことくらい。
私服の高校らしい心温まるエピソード。その先輩が結構モテる人で、
彼提供のセーターなら欲しい人は他にいるはずなのに、と思うと、別に
自分にとっては普通にいい先輩だったけど、妙な優越感みたいなものを
内心感じていた気もする。黒いものが似合いそう、と言われたのも、
おしゃれ上級者みたいで嬉しかった。

さて、話は福袋に戻ります。
そんなこんなで基本的に福袋を買う人と買わない人、と人間をふたつに分けると
後者に何の迷いもなく(普通のセールに行くけど福袋は買わない、なので
初売り初日参加もしたことなし)属してた私ですが。


しかし。
KID BLUEといえば。
西武や伊勢丹でたまに見るけど、パジャマも下着も部屋着&履きもギザカワユス。
と、思わず口調がしょこたんになってしまうぐらい、どのアイテムもツボ。
レースもリボンも派手じゃなくて、どちらかというと素朴。一歩間違うと
野暮ったいくらいのつくり。コットン多し。
しかも、ネット限定販売でサイズ指定なし(服だと、MとLくらいあるらしいですね)
てことは、下着はありえなくて、部屋着系か、パジャマとか、靴下あたり?
あとポーチとか雑貨もあるよねここ。
というわけで、好奇心に負けて、5000円(税込)の福袋を購入しておいたのが、
昨日自宅に届きました。
この包みに宅配便の宛名ラベルが貼ってあった状態で届きました。
a0079948_110586.jpg


この白袋をあけると、ショップで見慣れた青袋登場。
a0079948_1301176.jpg


一瞬私の心をよぎる、マトリョーシカ疑惑
次にこの青袋を開けると、今度はピンクで、それを開くとオレンジ色で、みたいな
調子で、エンドレス(ときたらショック、とリアクションした人は正しい堂本光一ファンだ!)、
だったりしないよね・・・なんて一瞬目の前の袋を疑いつつ(まあ、あと一袋なら
結婚披露宴などでよく言われるとされる「結婚生活に必要なみっつの袋」と同じ数で
縁起物だと思うって手もあるだろうか、いや、無い(反語))、思い切ってあけました。

ジャーン! バルジャーン!
by tohko_h | 2007-01-13 01:10 | shopping