人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧

歯医者に行きます。

気付くと、行きつけ(かかりつけ、というべきですね)の
病院が、みんな会社近辺になっていた!
いくら学生みたいに服が自由だったり、
いろいろフレキシブルにやってるようでも、
会社員なんだな、自分、と思うのはこんなとき。
by tohko_h | 2007-07-05 10:29

いまの悩み

木曜日の夜のドラマ、米倉涼子主演の「肩ごしの恋人」と
伊東美咲主演の「山おんな 壁おんな」どっちを見ようか?
時間かぶってるんですよねー。

「肩ごしの恋人」は、小説としてはイマイチだと思うのですが、
米倉が恋愛ベタのヒロインで、それに対して男の人が途切れない
恋愛体質のゆるい女が高岡早紀ってだけでちょっと面白そう。

「山おんな~」のほうは、ちょっと深田恭子が鬱陶しいのですが
美咲さんと脇の小池さんがうまくまわれば面白いコメディに
なるかも? 
by tohko_h | 2007-07-04 14:39 | watching

何年か前に、上司に飲みに連れて行ってもらったカウンターだけの
小さなスナックが閉店するらしい。
そのとき、酔った上司が「コイツ(私)、バイトで雇ってやってよ」みたいな
飲み屋のお約束みたいなジョークを言った。
すると、カウンターの中のママさん(中年女性)、客のジョークに対して
真顔で
「男の人の趣味にかなうかなわないとかあるし、誰でもいいっていう
わけじゃありませんからね」と、笑いながら言われました(そんな、
万人の男の人に受けない、みたいなことを言われたら、そんなものを
もらっちゃったうちの夫が不憫だわ・・・(涙目))。
むしろねちっこい言い方で馬鹿にされるより「ウチの店のタイプじゃない」
とでも言われたほうが気分的にましだったかも。
ていうか、こんな場末の店頼まれても働きたくないもん!みたいに
酔いを忘れてむかついた記憶が…
(もちろんその場では「私なんて気も利かないし使えないですよねー」と
気を遣って言っといたけど…なぜこっちが気を遣わねば?)

なので、つぶれる、と噂話で聞いて、ちょっと心の中でガッツポーズ。

私はもともと、そういう飲食店の女性にあまり好かれないタイプ。
カワイゲが足りないのかなんなのか、大体、トゲのある対応をされる。
まあ、お金を出す同行の男性の機嫌をとれば、オマケみたいな
しょぼい女なんてどうでもいいってすごく割り切ってるのかもしれないけど…

と、こういうことを何年も覚えている自分は確かに、とっても粘着だし、
イヤな根性してるとは思います(自覚あり(笑))。
by tohko_h | 2007-07-04 14:28 | drops of my days

田中くんの今までの成績

1勝目ーソフトバンク
2勝目ーソフトバンク (9連勝してた)
3勝目ー人気の阪神
4勝目ー中日(4連勝してた)
5勝目ー巨人(セリーグ首位)
6勝目ーソフトバンク

合計 6勝3敗

楽天初の新人王の誕生が夢じゃないかも!?
by tohko_h | 2007-07-03 23:20 | baseball

冷蔵庫必須アイテム紹介

ダイエットのために、毎日踏み台昇降をやっている今日このごろ。
理想は朝30分~45分、夜は45分~60分(なんとなく、自分の体力とかと
相談して)なんだけど、実際は朝15分、夜30分、なんて日も少なくなかったり。
ただ、この踏み台昇降、汗が無茶苦茶でます。
10分もすれば、Tシャツが濡れます(なので今日はこっそり
夫も帰宅前だったのでTシャツ着ないでやってみましたが
何かの罰ゲームみたいな自分の姿を想像して悲しくなってやめました(笑))。
ということで、のども渇きます。
なので、水分補給はとっても大切。会社では、爽健美茶とか十六茶
あたりの、和風でクセのないもの、たまに広末がCMをやってるからだ巡茶、
とか、そんな感じ。
しかし、運動のときは、ちょっと違います。
まずは、動き出す前にコーヒーを飲みます。コーヒーは脂肪燃焼を促す、と
小耳に挟んだので、おまじないみたいなものです。
a0079948_1532185.jpg
ブレンディ香るブラック(大塚製薬)
こちらのコーヒーは、体脂肪が気になる方向け、
ということで、最近コンビニなどにはほぼ必ず
おいてあります(売り切れも少なくない)。
ちょっと独特の酸味とかクセがあって、
普通のアイスコーヒーよりは不自然な味とも
いえるんだけど、これを飲んで運動すると
おなかがゴロゴロしてきて、トイレに行きたく
なります。オリゴ糖の効果でそうなりやすいんだとか。
値段がさほど安くはないので、週に3本くらいかな。
あとは、家で作る水出しコーヒー。こっちは大きな
グラスになみなみと2杯は飲みます。その儀式が
すんでから、踏み台を引っ張り出して、DVDの何を
見るか決めて(何もなさそうだったらニュースとか
適当に)いよいよです。


そして、踏んでいる間に飲むのは、爽やかなお水。


a0079948_1525754.jpg
クリスタルガイザースパークリング
レモンフレーバーのボトルが
コンビニなどに置かれてます。
コンビニだと130円とかするんだけど、
近所のスーパーで90円で売られている
日があるので、まとめ買いしてます。
踏み台昇降中だけじゃなくて、
暑い、ビールが飲みたい!というときに、
代用炭酸として飲むことも多いの(笑)。


というわけで、この2アイテムをきらさないようにしてるので
ペットボトルのゴミがすごいペースでたまってます…最初は
億劫だったボトルのラベル剥がしが最近はストレス解消とまでは
いかないけど小さなお楽しみになってたりもして(笑)。
by tohko_h | 2007-07-02 23:51 | going on a diet

微妙な選曲

トヨタの車、NOAHのCMで、酒井法子と佐々木蔵之介が夫婦役を
演じているのを、この週末、ずいぶん見ました。

のりPママの頬にキスする息子 「息子はママの恋人」
同じく蔵之介パパにキスする娘 「娘はパパの恋人」
仲のよさそうな4人家族 「もちろん、ママはパパの恋人」

ってやつ。このコピー自体も「うっわ~」って感じなんだけど(これと
比べたら、大きな布にくるまっていちゃつくもこみちと女のこの方がマシかも…)

BGMが、のりPの歌唱による「世界中の誰よりきっと」 なんです。

昔、中山美穂が歌ってかなり売れた曲。
美穂ちゃんだってさほど歌うまく無かったし(ていうか、アイドルとして
器用に適当にぶりっここぶしもまわして、という意味ではのりPのほうが
むしろうまいかも)特にファンでもないしこの曲に思い出があるわけじゃ
ないんだけど、なんだかとっても違和感。懐かしくはあるんだけど
「これって他の人が歌ってたよね?」って思う人が多い気がする。
それを思うと、何でも洋楽ならいいのか?ってわけじゃないけど、
無難なスタンダードで皆ガ知ってるような洋楽のほうがよかったかも。
by tohko_h | 2007-07-01 23:34 | watching

「約束」石田衣良

a0079948_22421521.jpg
「約束」 石田衣良
石田衣良の短編集(リンク先は単行本
ですが、角川文庫で出た)といえば
都会の若い人たちがおしゃれなやりとりを
する、一昔前のトレンディドラマ(懐!)風味の
ものをいくつか読んだことがありますが、これは
人の心が理不尽な外的要因について傷ついて
それが誰かとの「約束」で再生していく、
そういうお話ばかりを集めた短編集です。
作者が、池田小学校の殺傷事件をきっかけに
時には涙を流しながら描いた、というだけあって
読んでいて「こんなことがあったら心が壊れそうに
なるよ」と、それぞれ「友達が通り魔に目の前で
襲われた」「家族が突然大病をした」などなど、ありえるけど
さほど頻繁に起こることはないし、あってほしくない設定なのに、
感情面でのリアリティがあって、一気に読みました。
運動も勉強も出来た親友を通り魔に刺されて
「僕が死ねばよかったのに」という小学生の男の子の言葉も
それを聞いた両親が「悪いと思うけど、私たちはあなたが
生き残って良かったと思ってる」と言う、言ってはいけないけど
正直な答えも、実際にその場で聞いているような臨場感があった。

傷ついた人がすっきり立ち直る話って、ドラマや俗っぽい小説だと
大体「それ、立ち直ってないけど妥協してそういうことにしただけだよね?」
(例えば「セカチュー」でいとしい少女が死んで10何年も引きずっていた
主人公が、映画やドラマだと、中途半端な恋愛をして「これでよかったんだ」と
なんかムリにまとめてるようだったり)みたいな、読んでいてウソっぽさを
感じるのが多かったのですが、この短編集は「絶望から1歩浮上する」という
その浮上する瞬間をさらっととらえたみたいで「あ、なんとかなりそう?
糸口、見えた?」と主人公たちが歩き出したことにほっとする。そんな感じです。

と書いていたら、テレビのニュースで、2年前に関西で起こった脱線事故で
その電車に乗っていた女の子のインタビューをやっていた。
「区切りをつけなくてはいけないと思う」という言葉が、重く響いた。
割り切る、とか、忘れる、じゃなくて、区切ること。それだけが、これからも続く
明日へ自分の背中を押す力になるのかもしれない、たしかに。
by tohko_h | 2007-07-01 23:03 | reading