人気ブログランキング |

<   2008年 10月 ( 46 )   > この月の画像一覧

この週末(10月25~26日)、ゆるキャラまつりin彦根」が
ひこにゃんの地元で開催されていたそうです。
全国各地のキャラたちが特設ステージなどで魅力を振りまいたり、
綱引きをお客さんと楽しんだり、ふれあいいっぱいの楽しいイベント
だったもよう(写真はあちこちの新聞系サイトより)。
a0079948_2254639.jpg

a0079948_22542018.jpg

a0079948_22543518.jpg


さて、そんなゆるキャラのイベントで、歴史的な「和解」がありました。
ベルサイユで、アントワネットとデュバリー夫人が言葉を交わしたあの
夜会のように。

a0079948_22581185.jpg

奈良県の平城遷都1300年祭のキャラクター「せんとくん」と、
このキャラを批判してきた地元仏教系団体が考案した「なーむくん」が、
「ひこにゃん」の立ち会いの下、初対面を果たした。
夢京橋キャッスルロードの宗安寺でプレゼントを交換し、記念写真に納まった。

対面は、なーむくんを擁する「南都二六会」が持ち掛けた。
同会の橋本純信住職は「仏の頭に角が生えているのは許し難いが、
1300年祭を盛り上げるための『呉越同舟』です」と神妙な表情で話した。
(中日新聞)


せんとくんへの風当たりがまだまだ強いようです…

でも、人気は結構出て来てるみたい。最初は、選考過程も含めて
やだなあと思ってたのに、こういう姿を見るとよかったなあ、とホッと
する今日このごろ。がんばってほしいです。だいたい、なーむ君だって
モデルになってる聖徳太子と平城京って、ちょっと時代違うよね
(聖徳太子が摂政になったのが593年で、奈良遷都がなんとりっぱな
平城京、で710年だもんね)。そのへん、おおらかに、お互いに
ざっくりしといたほうがいいと思います。
a0079948_232738.jpg

by tohko_h | 2008-10-26 23:04 | NEWS

どうやら、このまま、いわゆる年末進行まで猪突猛進を貫くことに
なりそうな予感。その前に1日くらい休みたいなーと思ってたけど
今週は、熱を出そうが節々が痛もうが出勤しないとどうにもならない
ヘビーな日が続きました。

でも、今日はあっさりと解放され、アルコール消毒。
先日やったすき焼きのあまりの春菊に、西武優勝セールで
池袋西武で400グラム1000円で買った高級和牛切り落とし肉。
めんどくさいので一緒に炒めて。ビールは小江戸ビール。
a0079948_1231964.jpg


そして、週末のお供に…明日(もう今日だけど)ヘアサロンも長いし
(パーマとカラー、どっちもやっちゃう予定)読む時間はたっぷりある!
と、思い切って2冊まとめて買っちゃいましたよ、東野さん新刊。

ヒガシノさん、っていっても、この東野さんじゃなくて・・・
a0079948_1285829.jpg


この2冊です。文春さんの冬のボーナス分くらい稼げちゃうんだろうな、
と下世話なそろばんをはじきつつも、迷わず買いました。
a0079948_13013100.jpg


が、迷わずさっさと購入したのはいいとして、そのあと、さくさく読み始めて
今日の帰りの電車で読み終わっちゃいました…(涙目)。

さて、ヘアサロンで何読もうかな~。

早めにうちを出て本を仕入れなければ(ついでにkissの新しいのもチェック)。


ちなみに東野本、感想文は別にアップさせていただきたいなと予定
してますが、とりあえず、面白かったー。特に長編の「聖女の救済」は
(帯に書いてるのでネタばれじゃないってことでお許しを)、ドラマだと
北村一輝が演じていた草薙刑事というキャラ(ドラマでいうと、
柴咲コウの先輩刑事で、福山准教授の学生時代の友人)が、
刑事としての捜査を真剣に進めつつ、事件の関係者の女性に心を
惹かれて葛藤する、という人情モノのベタ設定をうまく取り入れて、
ぴりっとひきしまったいいお話になっていました。「容疑者Xの献身」と
同じくらいの完成度なので安心して読めます。
短編集も、この前のスペシャルドラマの元ネタになったものを含め、
ドラマで見てみたいサイエンティフィックなトリックが盛りだくさん。
ハードカバー2冊は大きな出費ですが、後悔はありませんでした。

ああ、なんで、もっとゆっくり読まなかったんだろう、という後悔を除いては。
by tohko_h | 2008-10-25 01:37 | drops of my days

魚金池袋店

何度もアップした気がする、たらことねぎの和えた物withお麩。
a0079948_8424511.jpg


ええ、先日またまた、魚金に行ってきましたよ。
季節のものも食べておかなくちゃね、と貪欲にね。

というわけで、サンマの炙りです。さっとあぶってあって、
肝を溶かし込んだしょうゆ(なので独特の苦味と風味が)を
ちょんとつけて食べると香ばしい! 甘い!
a0079948_8425781.jpg


季節の天ぷら680円、というのを頼んだら、エビ、牡蠣、ナス、
イカゲソが盛りだくさん…これに白ご飯で定食とかあったら
毎日通っちゃうかも。そして凄く太っちゃうかも(笑)←笑えないからそれ・・・
a0079948_843966.jpg


ほら、牡蠣の天ぷらはこんなにむっちり。私、牡蠣って一口で1個
食べるのがポリシーなんですが(だって歯で半分かんだりすると、
結構断面図がリアルでつらくなるから)、これはぎりぎりの大きさでした
ってくらいのムチムチ旬の牡蠣です。
a0079948_8432241.jpg


そして、とりあえずビール、でほどよく酔いがまわってきて
「次はおしゃけー」ってテンションでいつものセリフを言いました。

「たっぷり注いでくださいねっ!!」

魚金さんはまじめで心の美しい店員さんばかりなのでしょう。
またもやたっぷり、注いでいただきました(マスの下の小皿8分目以上
入ってました)。
a0079948_8433438.jpg


というわけで、五色納豆。このあと、思い切りかき混ぜてふわとろで
食べるとおいしいの。納豆とマグロとたくあんが合うなんて意外だけど
ハマる味。たまに家でもやりたくなります。
a0079948_8434884.jpg


シメはガーリックチャーハン。本当のガーリックをしっかり使って
いるので、同居人にははた迷惑だけど美味な1品。
a0079948_844183.jpg


というわけで、秋の味覚をみっちり味わいました、魚金。これでひとり
3000円ちょい(ビールと酒飲んで)。今日もリーズナブル♪
by tohko_h | 2008-10-24 23:44 | eating&drinking

関東限定モス

最近、小倉さんの隣の佐々木恭子アナが、いつも以上にだらだらと
眠たそうな顔で司会進行してるなーと思ったら、なんとご懐妊だったのね。
しかし、4月に出会って7月に妊娠って…リア・ディゾンに負けてないっつーか…
同い年の女性の妊娠は普通に嬉しいものですが、なんだかなぁ。
この人、前の結婚のときも、二股が発覚して、なんかむちゃくちゃやってたよね。
一見地味で優等生タイプがいったんハジけちゃうと歯止めが効かない…って
やつの典型と見ました。

なんて小姑根性丸出しの前フリはさておき。

関西地区のモスバーガーで限定発売されていた「マッシュルームバーガー」が
今度は、関東近辺だけのエリア&期間限定発売となりました。
さっそく買ってきました(オニポテをつけてしまったのがダメですね)。
ビールは大好きなカールスバーグ。
a0079948_846178.jpg


ソースがこってりとろりんしてておいしいです。甘口な感じの
ドミグラスソース。
a0079948_8462974.jpg


ところで、カールスバーグって輸入ビールだと思ってたんだけど、
サントリーがライセンス生産&販売してたのね。
デンマークのブランドビールをサントリーが作ってるってことらしい、
なるほどなるほど。
a0079948_8464824.jpg


今週ずーっと風邪ひいてるので、ホントはビールなんて飲まないで
薬飲めよーって話なんですが、ついつい、微熱続きなのでひんやりとした
一口が恋しくなるのです。まだ味覚はやられてないみたいで、十分
おいしくいただけました。

皆さんも、風邪、気をつけてくださいねー!
by tohko_h | 2008-10-23 23:02 | eating&drinking

おまっとさんでした、出没!ドラマティック天国の時間です。
と、愛川キンキン風に始めてみたりして。

えと、明日(もう今日ですね)「相棒」最新シーズンを除いては、
2008年しめくくりの10月クールの連続ドラマ、ひとおとり出揃いました。

というわけで、初回視聴率とともに、個人的感想文をつらつらと
アップして参ります。結構、忙しい時期と重なったのもあり、
見てないものもあるし、主観もかなり偏ってます。視聴率と併せてみると、
私ってひねくれモノかも?と心細くなっております。


というわけで、嫌われ松子じゃなくてひねくれトーコのドラマ鑑賞メモ、
はじまりはじまり~! 
※今回は曜日別にいってみます♪
※コメント欄トラバはこの記事でまとめて受け付けます♪

月曜日 「イノセント・ラヴ」

火曜日 「セレブと貧乏太郎」、「チーム・バチスタの栄光」、「オー!マイ・ガール!!」

水曜日 「OLにっぽん」

木曜日 「小児救命」、「風のガーデン」、「夢をかなえるゾウ」

金曜日「ギラギラ」、「流星の絆」

ウィークエンド「SCANDAL」
by tohko_h | 2008-10-22 00:15 | watching

「イノセント・ラヴ」 フジテレビ系21時~
初回視聴率 16.9%
薄幸の少女(掘北真希)がピアニストの青年(ゆず北川)に
よせるピュアな恋心と、周囲の人々の愛憎の世界…スタッフ、
シナリオライター、主題歌の宇多田さん、と、「ラスト
フレンズ」と同じメンバーです。掘北さん演じるカノンちゃんと
いう少女は、両親が放火がもとで死去、しかも火をつけた容疑で
大好きな兄は塀の中、バイト先でも偏見を持たれ、孤独に生きて
います。唯一の楽しみは「人の笑っている写真を集めること」。
駅のホームでもバイト先でもお構いなしに携帯のカメラで
知らない人を撮りまくります。ハウスクリーニングのバイトで
でかけたお屋敷のアルバムからも失敬しようとしたり…
いいのか、ヒロインが盗撮(と盗み)と突っ込みつつも、
掘l北さんが可愛いから良いのか。丸顔に丸い目、そして
少し浅黒い肌は、昔の薬師丸ひろ子をちょっと思い出します。
そして、話は結構ミステリアスで、展開が気になります。
放火の真犯人は誰なのか、ゆず北川が家の中に眠り姫のように
大切にしている女性(内田有紀。寝てるだけの演技は「若者の
すべて」のユニコーンの人を思い出させます(笑)。実は
結構好きだったのよ若者のすべて)もなんかわけありだし、
恋愛もどろどろしてそうで気になります。

とりあえず、ゆず北川演じるピアニストはもてもてです。
真希ちゃん演じるカノンも第1話で好きになっちゃったみたいだし、
更に、幼馴染のオダギリジョー夫人こと香椎さんも片思い。
そして、親友のボンボンらしき成宮くんも、もしかして…。
ついでに、アヤパンとの「めざましテレビ」での共演まで
ついついチェックしちゃいました。どちらも、小さい顔に
薄めでかわいらしいパーツのついた顔で雰囲気が似ていて
まあ、悪い印象はなかった。しかし、ドラマになると、
北川さんの「にぱっ」って笑う笑顔が、なんか、怖い…
目が笑ってないんだもん…これだと「放火の真犯人がボクでした」
なんて言い出しちゃいそうだよ。なんか爽やかなんだけど、
その爽やかさが全部嘘に見えるのは演出か演技力の問題か。

宇多田さんの歌は、なつかしの「First Love」を髣髴とさせる
飽きのこないバラード。いいかも! ただ、私がもっとも
個人的に気になるのは、親殺しの容疑(本人いわく冤罪らしい)で
獄中にいる真紀ちゃんのお兄さん・福士誠治さんなんですが…
a0079948_22374710.jpg


似てませんか…? 写真だと、そうでもないけど、動画で見ると
びっくりです。昭和顔ですな。
a0079948_2238677.jpg


なんか、古風な顔立ちの人たちが多いせいか、真希ちゃんや北川さんが
特にあっさり顔系のせいか、展開のどろどろ加減といい…韓流っぽいです、
かなり。真希ちゃんの役とか、年齢はともかく、チェ・ジウに合いそうなんだもん
(貧乏で薄幸でけなげで・・・)。
by tohko_h | 2008-10-21 23:30 | watching

「セレブと貧乏太郎」 フジテレビ系21時~
初回視聴率 17.6%
セレブな上戸彩ちゃんと、貧乏やもめ暮らしの上地くんが
ひょんなことから出会ってやがてラブあり?という格差コメディ。
彩ちゃん演じるホテル王の娘でちょっとビッチだけどファッション
リーダーというのは、もしかして、パリスの設定…? ファッションが
次々と変わるのは楽しい。可愛いから着こなせてるし。ただ、
彩ちゃんが出てないシーンが面白くないんですよね。上地くんと
子供たちと近所の皆さん、みたいな庶民パートの部分が。
私が上地くんを好きじゃないというのを除いても…ううむ。
初回視聴率は、なかなかよかったみたいだけど、2話以降はどうなんだろう。
なかなか「スタアの恋」ほど面白い格差恋愛ドラマって出てこない
ものですね(あれは、庶民クサナギサイドの人たちと、セレブな
紀香サイドの人たち、どっちも脇がよかったんだよねえ)。
旦那氏が彩ちゃんの可愛さにノックアウト(死語)されてますので、
2話目以降も録画はしますが、私は面白くない!

「チーム・バチスタの栄光」フジテレビ系22時~
初回視聴率 15.2%
海堂尊の大ヒット医療ミステリーが映画化に続いてドラマ化。
心臓手術を行うチーム内の問題に厚生労働省の役人が切り込む、
みたいな話だっけ…原作読んでるんだけど、すっぽり忘れてます…
私は、時間帯がぶつかってる別のドラマのほうを見ちゃったので
すが、こっちのほうが面白い、と妹が言ってました。なので
かわりに妹のメールから感想を載せておきます。

>ちなみに、個人的には「バチスタ」、けっこう上位。
> ちびノリダーの底抜けにいい人そうなところが悪くない。
> 人によっては、偽善っぽーい、とか、とろくていやー、とかいう人も
> いるかもだけど。
> そういう人は、ストイックでかっこいい井原剛志か、
> ひょうひょうとしてかっこいい仲村トオルをみておけばよし。
> ものすごいスターが出ているわけではないけど、めちゃくちゃ
> ヘタな人とかもいないし、ドラマとしてなんとなくまとまりがいいかも。
> これは、わたしの中では見続け率けっこう高いかもー。
> 原作読んでないからオチも気になるしね。
> 先に読みたいきもするけど。


「オー!マイ・ガール!!」日本テレビ系22時~
初回視聴率 8.3%
「絶対彼氏」で私の中でポイントが上がっているもこみちくん。
というわけで、彼が主演のコメディのほうをバチスタ捨てて選択。
しかし、子役にふりまわされるもこみち、「CHANGE」でも
「女帝」でもよかったのに、今回はなんかうるさいだけのローサ、
そして子役中心のどたばた感…途中で飽きちゃった。というわけで
第2話の放映もあったけど、見てません・・・脱落、かな。

といいつつ、バチスタもなんかその気になれず、結局、二兎を
追ってみる気もなく、どっちも視聴せずに終わりそうな予感の
火曜日22時でございます。
by tohko_h | 2008-10-21 22:30 | watching

「OLにっぽん」日本テレビ系22時~
初回視聴率 9.45%
主演の観月ありさは、なにげに安定した視聴率を取れる女優さん。
「斎藤さん」もよかったみたいだし。というわけで、今回も、
中園ミホシナリオで舞台が商社(「anego」と「ハケン」と
一緒ですね)だし、と高視聴率を期待されていたと思うんですが
苦戦中(第2話では10%台に少し盛り返した模様)。
斎藤さんにしてもそうだし、anegoの直子、ハケンの春子、
いずれも「頭が良くてしっかりしてて、ダメなものはダメ」と
はっきりしてるところがよかったけど、今回のヒロインは、
中国から来てる研修生に振り回されてるようでキャラが弱い。
研修生の中国人女子に「ニホンのOLさんケショウシテ会社、
オカシイネ。中国ダト、ケショウシテハタラク、ホステスダケヨ」と
言われて次の日に主人公がすっぴんで来るっていうエピソードで脱落。
「日本の女子は綺麗で働き者なのよ!」と反撃すればいいのに
(まあ、それじゃあ、ドラマにはならないんだけどさ)。
郷に入ってきて従わない他国人って、実際も好きになれないし、
ドラマでまでそんなの見たくない。手をかえ品をかえ「中国の
女の子は働き者で、ニホンの女の子は楽してる」みたいなテーマを
何度も見せられるの、本当に勘弁してほしいです。

余談ですが、本日発売の女性週刊誌に「篠原涼子、ハケン2で1月に
復帰か」という記事を読んで、来年の日テレ枠22時のほうが
むしろ楽しみかも。でも中園さん連投ってありえるのか。
そして洋ちゃん(一部スポーツ紙で、「相棒」出演説までかかれてた
けど)も出るのか。

明日はいよいよ相棒がスタート、ということで、もちろん
視聴率的にも、新作が見られる(再放送でさんざん見て
すっかりハマってます)楽しみもいっぱいなのですが、
うーん、水曜日は、相棒ひとすじの予感。
by tohko_h | 2008-10-21 21:30 | watching

「小児救命~子供たちのために。その未来のために~」テレビ朝日系21時~
初回視聴率 9.6%
小西真奈美が、大病院をやめて「理想の、24時間受け入れOKの小児病院を
作る!」と理想に燃えてがんばる話。父親が医者だったので、その病院を
継いで小児救命病院とするんだけど…まじめな作りは好感がもてるし、
陣内孝則、渡辺えり子改めえりとか大人の役者さんが出てる場面は引き締まってる。
小西さん演じるヒロイン自身が子供のころに何らかのトラウマを植えつけられ
虐待を受けている子供を見てぶちきれたり、なんかそのへんが気になるので
面白くないけど見捨てられない感じはある…微妙ではあるけど、かなり。

「風のガーデン」フジテレビ系22時~
初回視聴率 20.1%
倉本さんの富良野三部作の完結編。病に冒された医師・中井貴一が
死を前に故郷の富良野で、自分の親やかつて捨てた子供たちと心を
通わせて…みたいな話だそうです。中井さんのお父さん役の緒方拳さんの
遺作になってしまいましたね。ちょっと前までは、芸能界の訃報って
親の時代のスター、のほうが圧倒的に多かったはずなんだけど、
緒方さんを筆頭に、最近、現役時代の活躍をリアルに知っている方の
訃報に驚くことが多いです。倉本さんの最近のはあまり見てないのと
中井さんと恋人のいちゃいちゃシーンがうざったらしくて脱落しては
しまいましたが(なぜ恋人役が歌手の平原さんなのか。美人じゃないし
結構顔がタレントにしては大きいほうなのも生々しくてイヤン)。


「夢をかなえるゾウ」日本テレビ系23時58分~
初回視聴率 7.1%
ヒットした自分探し系の本が原作らしい。
水川さんって、悪い意味で、何をやっても水川あさみだ…
大物でもないのに、堂々としすぎてて、苦手な感じ。
内容は、コントっぽくて割と面白そう。主演が他の人だったら
見たかも。たとえばチョコレートのCMでふざけてる広末とか(笑)。
古田新太がやれば、ゾウの神様役とかある程度面白さは約束された
作品だとは思う。で、また「水川さん恵まれすぎ」と思うのでした。
で、いらいらしそうなので、見ません!
by tohko_h | 2008-10-21 20:30 | watching

「ギラギラ」テレビ朝日系21時~
初回視聴率12.2%
リストラされたサラリーマンが、かつての仕事にUターン。
10年前に六本木でナンバー1を張っていた主人公の第二の
ホスト人生とは…というわけで、北村一輝あたりが主演かな、と
思ったら、なんと、佐々木蔵之介さんが主演ってのですでに
びっくり。テレビ朝日の水商売モノというと「女帝」という
伝説の(?)名作が最近あったのでもともと期待してましたが、

ベタドラマ、最高! 
指名の奪い合い、ナンバーワンのイーグルさん(笑)の嫌がらせ、
最初は貧乏くさく見えたジャージ姿のみすぼらしいお客さんが
実は女実業家で大金持ちだった、という、戸田恵子さんが現れた
瞬間に分かってしまったどんでん返し、などなど、ベタの嵐に
酔いしれました。で、結構カッコいいのよ、佐々木蔵之介。
試験期間中は、サラリーマンスーツのままで接客してたけど
第1話の最後では、マジモードで革スーツに黒シャツで颯爽と
歩き出しました。妻子には、ホストだった過去もホストにまた
戻ったことも内緒なので、公園のトイレで着替えて歩く主人公を
見て「あのワイルドな人素敵!」「○○ちゃんパパに似てない?」
「まさかーぜんぜん違うわよ」と、どう見ても変装もしてない
まんまクラノスケ、を見て近所の奥さんたちが気づかずに
キャーキャー言ってるのも、ヘン! でもそういうヘンさが
キュートに思えるという素敵マジック。つーか、私もしかして
佐々木蔵之介のことが結構すきなのかしら。

「流星の絆」TBS系22時~
初回視聴率21.2%
東野圭吾原作、クドカンシナリオ、ということで話題性十分、
嵐の演技派・二宮君が主演だし…ということで見ました。
初回視聴率も今クールトップ。でも私、これ、好きじゃない…
親を惨殺された兄妹の切ない復讐劇、が、クドカンにかかると
兄妹のコントになっちゃってるのが非常に残念。原作だと
素敵な御曹司風の要くんの役は、クドカン作品にありがちな
クセのあるちょっと現実感のないおかしなヲタクっぽい男
(阿部サダヲとかがやりそうな)に設定変更されてるし、
けなげな妹役の戸田ちゃんも、クドカン好みのボケ娘キャラに。
そのへんのアレンジが全部自分の好みと違いすぎてて、
嫌悪感に近い。でも、原作の東野さんは「もっともっと皆さんの持ち味を
発揮しちゃってください」と楽しみにしているらしいけど…
原作、じゃなくて、原案じゃん、これじゃ。別に東野さんの名前に
便乗なんてしないで「クドカンが送る、この冬ホットな復讐劇!
復讐も詐欺も俺たちにおまかせ!」みたいにオリジナルでやれば
よかったのに、と、私から見たら改悪されまくったドラマを見つつ
毒づいていたのでした。バチスタもそうなんだけど、こっちも
犯人が原作と変わるかも、といううわさがあるので、むかつくけど
ざっくりチェックはしなくちゃなのが悲しい。
by tohko_h | 2008-10-21 19:30 | watching