人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 64 )   > この月の画像一覧

神田のビストロ

ビストロコロンブス@神田

気になるー・・・のみたいビール(エーデルピルス)ののめる店、を
検索してたらひっかかりました。近々攻めたいです。
by tohko_h | 2009-04-20 01:07 | others

a0079948_0453638.jpg
「パラドックス13」
東野圭吾
人智を超えた現象により、
世界から、人間や動物が
突如として姿を消した。
運転手を失った車は
建物に激突し炎上するが
逃げ出してくる 人はいない。
物だけが壊れて、町が
形を失い、崩れていく…


そんな世界で、なぜか生き残ってしまった13人の老若男女。
上は老夫婦から、下は赤ん坊までの彼らは、ともに生き残るために
行動を共にすることになる。何が起こったのかわからない
不安なもの同士は「自分以外にも人間がいる」ということに束の間
安らぐが、しだいに、合わない者、反抗する者、体力を失う者が
出てきて、チームは危機に・・・

という、サバイバルな小説なのですが、「秘密」や「白夜行」などに
通じる人間ドラマの濃厚さ、そして「ガリレオ」などで楽しませてくれた
理系の東野さんならではの物理的な話のスパイスがふりかけられ、
ミステリーでもSFでもホラーでもない、ただ「ひたすら先に読み進めたくなる」
という意味ですばらしいエンタテイメント小説となっています。

私は買ってきて2時間、ほかのことをすべて放棄して読みふけりました。
最初の、町が壊れるまでの導入部が少し入りにくかったのですが、
すぐに面白くなるのでこらえましょう(笑)。

というわけで読んでいる間は、人が姿を消した東京で心身ともに危機に
さらされながら生き抜こうとする人々になりきってドキドキしていましたが、
読み終えてこっちの世界に戻ってくると…
東野圭吾さんの小説ってことで、当然、映像化希望!の話なんかも
出てくるんだろうな、と俗っぽい想像を。
東京の建物が壊れていく様子は、円谷プロダクション的ノウハウの
もっと進んだのがあるだろうからきっといけるだろうし、登場人物が
13人と限られているのでキャスティングもシンプルにできそうです。
豪華なSFX使いまくって映画なんてのもありそうです。ちなみに
生き残る13人のうちメインを張るのは、エリートで冷静な兄と、所轄で
頑張る弟の刑事兄弟。この辺に人気俳優を持ってくれば興行的にも
いけそうです。

あ、限られた人数で限られた場所で展開する話ってことで、意外と
舞台劇なんかにもなりえるかも。

と、実際に、リアルにそろばんはじいている映画会社や興行関係者は
たくさんいそうです(ていうかすでになんか内定してたりして)。
by tohko_h | 2009-04-20 00:47 | reading

a0079948_23543016.jpg
「吉原手引草」
松井今朝子
第137回直木賞受賞作。
吉原一の花魁・葛城が失踪して
3ヶ月ほど。謎の色男が、
吉原の関係者たちに聞き取り
調査を行うのはなぜなのか。
そして、彼らの証言から浮かび
あがってくる葛城の真実とは…
章ごとに語り手が変わる形式、
独特の廓言葉やしきたりなど、
時代小説に免疫の無い自分が


楽しめるかどうかわからなかったのですが、文庫化をきっかけに
手にとってみたら、大正解。というか、そういう「歴史小説ビギナー」こそ
これを読むべし、とあえて言いたいような1冊。やり手婆、妓楼の主、
船頭などの吉原でしか生きてゆけない人々や、そこに通ってくる客たちが
語る吉原の話自体がとても興味深い。水揚げのルールや落籍にかかる
お金、客同士の奪い合い、床入りするまでの細かい駆け引きなどなど、
人々の言葉で語られる花魁の世界…そして、その中で、14歳という
修行を始めるには遅すぎる年齢で吉原入りした葛城が、一番の花魁に
なり、失踪事件を起こすまでの日々が傍観者たちの言葉から浮かび上がる。
といっても、嘘で塗り固められた恋愛と性の遊戯にふける浪漫の街の人々が
語る言葉なのだ。どこからが嘘で、どこからが真かは読んでいてもよく
わからなくなりそうになる。まるで迷路だ。しかし、そんな人々の話から、
章がすすむにつれ、リアルにくっきりと葛城という女性の輪郭が描かれていき、
最後に鮮やかな一輪の花となって登場し、鮮烈な印象を残して物語は
終わる。吉原一の花魁と、彼女のいた「吉原」という特別な街が主人公の
濃厚で華麗でありながら、人生の儚さみたいなものも感じられる小説だ。

不謹慎というか、一緒にするのはなんか違うとは思いつつ、こういう花街とか
宝塚歌劇団とか、多くの女性たちが美や才能を競い合う世界の話って、
なんだか市原悦子みたいにふすまを細く開けて・・・みたいな感じでのぞくように
たまに読みたくなるんですよねー。文庫化になった今、装丁とタイトルが
いかにも時代小説って感じですが、気軽に手にとってみてもきっと大丈夫。
by tohko_h | 2009-04-20 00:07 | reading

先日の朝ごはん。

a0079948_23491955.jpg

ドトールでミルクレープ食べるのを楽しみに出勤したが、
売り切れていたので(朝なのに!)ロールケーキに…
これはもろに「冷凍してました」という味で、侘しかった。
明日はあるかな、ミルクレープ。
by tohko_h | 2009-04-19 23:48 | eating&drinking

ある日のおやつ

a0079948_21355996.jpg

フランス菓子16区のダクワース。九州展にて購入…おもしろい本のレポートとか書きたいけどネットが死んでます(/_・、) ちなみに読んだのは、「吉原手引草」と「パラドックス13」です。
by tohko_h | 2009-04-18 21:35

春の園遊会

正装で陛下の前に立つ橋下府知事(ちなみにその右隣りの白い着物の
横顔が美しい女性が奥様と思われます。
a0079948_17521492.jpg


しかし、この正装にいたるまでに、バラエティ時代を思い出すちょっとした
「やっちゃった」コメントが(笑)。

 東京・元赤坂の赤坂御苑で16日開催の「春の園遊会」に
出席予定の橋下知事が、15日朝、着用する正装のモーニングに
ついて「(太って)全くウエストが入らない。ボタンが留まらないので、
ピンか何かで留めると思います」と報道陣に発言。同日午後の
記者会見で「軽々しい発言で、訂正します」と謝罪する一幕となった。

知事は記者会見で、朝の取材に対する発言について、妻や母親から
「天皇陛下を前に(ボタンを留めないのは)あり得ない」と
怒られたことを明かし、「サイズを直し、間に合わないなら
レンタルします」と釈明。また、当日の陛下との会話に触れ、
「僕は敬語の使い方がまずいので、うなずいているだけかも。
(上京する)新幹線の中で敬語の勉強をします」と話した。
(昨日の読売新聞より)


当日は天皇陛下からねぎらいの言葉を受け、更にがんばります、
とあいさつした橋下知事。紀子様からは育児の質問もされて
「夫はしていません」と橋下夫人が正直に答えられたとか(笑)。

・・・皇室に関心がない、というか、どっちかというと懐疑的な
私が、まさか園遊会ネタをアップする日が来ようとは・・・(笑)。

しかし橋下知事ってやっぱり、こうして見ると相当童顔・・・
お疲れのはずなのに、こんなに若々しいなんて。
(以下萌え系美辞麗句略←それは私の心の中に(笑))

おそらくサンジャポあたりでしっかり取り上げてくれると
思うので、週末はそのへんを中心に動画確保します!
by tohko_h | 2009-04-17 17:59 | HashimotoGovernment

ワインバー、ビアバー、焼酎バー、など、巷にはいろいろな「バー」がある。
しかし、知りませんでしたよ。神田にこんなお店があるなんて!

というわけで早速行ってまいりました、ホルモンバー東京神田西口店
駅からほど近いお店は、バーというだけあってカウンターもありますが、
基本的には広々とした普通のホルモン屋さん。ホルモン屋さんというと
じゃりん子チエの昔から、下町の古くて脂がしみこんだようなお店、という
イメージが強いと思うんですが(私だけ? そしてラーメン屋とか焼肉屋
って、お店がキレイすぎないほうがおいしそうというイメージも・・・)、
こちらは「バー」と店名がハイカラな横文字(って私は一体何歳なのか)な
だけあって、とても奇麗で若いカップルでも気軽に行けそうなおしゃれな感じ。

というわけで、ハツのさしみ(ぐるなびクーポンでもらえる本日の刺身、が
この日はハツでした)とビールで乾杯いたします。
a0079948_352311.jpg


鍋も焼くのもあって悩んだけど今日は鍋で。白は豆乳メインの
スープらしいのですが、こちらは辛口の赤の鍋。
他にカレー味の「金」もあります(余談ですが私はカレーは
大好きなんだけど、カレー風味のスープ、とか、カレー風味の
ソテー、とか、味付けとしてカレーっていうのはあまり好きじゃないかも)。
a0079948_3522669.jpg



とはいってもこちらも豆乳が使われているので程よくマイルド。
美味しかったです。
a0079948_353894.jpg


シメは黒ゴマたっぷりのゴマちゃんぽんをセレクト。これ、メニューの
写真だと本当に真っ黒で「ちょっと怖い・・・」って感じの外見なんだけど、
実際はこの程度のつぶつぶ感だし、とても香ばしいのがマイルドな
スープのよいアクセントになってます。お勧め!
a0079948_353194.jpg


しかし!
このお店に行くの、早まった!
お店のブログによると、誕生日に行くと、可愛いブタの
貯金箱がもらえるらしい・・・

来週なのよ、誕生日・・・
毎年書いてる気もするけど、ヒトラーといっしょ(笑)。

ついでに、誕生日で食べ物ネタで思い出した。
あとでアウトバックスステーキのクーポンをプリントアウト
しておかねば・・・!

しかし、下ネタ傾向に走りがちな私たち姉妹は「ホルモンバーって名前
ちょっとセクシーな感じだよね」
「それを言うならフェロモンじゃないの??」的なあほな会話を繰り広げて
おりました・・・
フェロモンバー・・・叶姉妹的マダムが10人くらい在籍してたりして、
モツ鍋より濃厚そうです。
by tohko_h | 2009-04-17 12:57 | eating&drinking

同盟脱退宣言??

食べこぼし同盟の会員のくせに白いレースのスカートを
買ってしまった!  魔性の新宿伊勢丹のせいだ(笑)。

※食べこぼし同盟 ご飯を食べているとすぐにこぼして
服をよごしがちな人々の集まり。もっと激しいときは
ぶっこぼし同盟とも言う(笑)。

実はかねてから欲しかったんです白レースのスカート。
黒やグレーのロングニットやカーディガンのすそから
ちらっとレースがのぞく、というバランスで履きた
かったの(なので今買っても履くのは秋口から・・・) 。

しかし友達と会うとき(たいていおいしいものを食べに行く)に
履くには度胸のいる1枚だ。

というわけで、これから会ったりご飯食べるとき、
私、カンパイのあとでスカートを履き替えに行っても
よろしいかしら?
(こぼしても目立たない黒のスウェット生地のスカートとか
着替え用に持っていってもいい??)

ところでなにかの本で、赤ワインをこぼしたら、服に炭酸水を
じゃぶじゃぶかけると綺麗に落ちる、と書いてあったんだけど
本当かな。今度、あけたワインがまずかったりしたら、
白いタオルか古いシーツにでもこぼしてためしてみようっと。

とりあえず明日(もう今日だけど)は、赤ワインだろうが白ワインだろうが
こぼしても大丈夫な黒装束で出動予定(八重洲方面)。
by tohko_h | 2009-04-16 03:38 | shopping

最近「モテさん」と呼んでも怒らなくなった旦那氏。

実際に、モテ期に突入したらしい。

離婚して半年ちょっと、のシングルマザーに「あなたみたいな人と
結婚したかったなぁ。奥さんは幸せね」と言われたらしく
こんな時間に帰ってきましたよ。そりゃ社交辞令でしょ?というと
えーそうかなぁ。と首を傾げつつ、あっさり熟睡。

モテる人、というより「モテている気分に浸りやすい人」というのが
彼の場合正解なんじゃないだろうか・・・

ちなみに先週末のランチ。モテさん渾身のたこさんウインナ。
a0079948_3541998.jpg

by tohko_h | 2009-04-16 02:49 | drops of my days

登場したときは「可愛くないから」という身もフタもない理由で
嫌われまくり危うかった「せんとくん」ですが、よく見れば
「めざましテレビ」の大塚さんにも似てるし(笑)、慣れると
あれはあれで、カワイイキャラクターになりきれないところが
まぬけでけなげに思えてきて・・・みたいな感じもしてきて、
このごろはグッズが売り切れまくりの人気者に成長。
よかったね、せんとくん。

人気にあぐらをかくどころか寝そべっているせんと氏(笑)。
a0079948_017348.jpg


というわけで、奈良県を中心に全国で話題に事欠かない
せんとくんですが・・・

モテなさそうな雰囲気が漂っておりました。しかし、そんな彼のもとに
もうすぐ「付き合ってください!」とラブレターを持って可憐な女子が
突撃するらしいのです!

そんな勇気ある乙女は、リボンの似合うハイカラさん??
by tohko_h | 2009-04-16 00:21 | NEWS