人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 49 )   > この月の画像一覧

a0079948_11274534.jpg
「トーキョー国盗り物語」 林真理子
美貌を生かしてエリート男性に
嫁ごうと努力中の美保。
フリーライターとしてもっと
メジャーになりたいと願う絹。
何もない「普通のOL」と言われる
ことに抵抗を感じる笙子。
あるつまらないパーティーで
出会った3人の女性が、それぞれの
野心をあらわに語りあい、走り出した
ところから物語ははじまります。


このお話が世に出たのは1992年。17年前のこと。
それゆえに、26歳過ぎたあたりから女性が結婚で焦るとか、今の
「トーキョー」の相場とちょっと違うところもありますが
そういう、ディテールのギャップはあるものの、古い小説を読んだときの
「今は違うもんね」的な脳内注意書きを加えなくても、登場人物たちの
考え方、言動には素直にうなずいてしまうところがあってびっくりする。

美貌を生かして出会いを求め続ける美保の行動なんて、「コンカツ」と
いう言葉なんてなかったころから、こういう女の子いたんだろうな、と
思ったし、逆にいえば、今、メディアが「コンカツ」とあえて取り上げて
みているけど、きちんとした結婚がしたい、と目標を明確に持って
動いている人たちというのはいつの時代も一定数いるものなんだ、と
いうことがよくわかる。

普通のOLを脱出したいと願って笙子が飛び込んだのは、女社長が
経営する人材派遣会社(小説の中ではとても新しい業態みたいに
描かれてるけど今は「派遣」って皆知ってますよよね)だったり、
絹がいる出版業界が当時は結構気前よくバブリーだったり、という
彼女たちを取り巻く街や業界の姿は変わっているものの、その中で
目的意識を持っててきぱきと前進する力強さは、今の時代の
最先端で働く女性にも通じて、読んでいて痛快です。

…これだけ目的意識がはっきりしていた彼女たちが、全員、それぞれの
見ていた夢とは少しズレたところで何かをつかむ、という意外な展開、
それでいて皮肉なだけでは終わらない前向きさは、林真理子さんが
女性に優しい作家だな、と良い意味で思いました。
by tohko_h | 2009-07-06 11:43 | reading

a0079948_23251775.jpg
限定、という言葉に弱いので、つい手を
出してみた新潮文庫2009年限定カバー版
「きみの友だち」
松葉杖をついてクールなふりを
している「きみ」。病弱で学校に
来られず、来ても友達がいない「きみ」。
グループから浮かないように
相関関係をメモしつつ必死な「きみ」。
なんでも自分より上手な転校生に
苛立ち自分が嫌いになる「きみ」。
さえない自分が嫌で、生き生きした
後輩に八つ当たりする「きみ」など・・・


どこにでもいそうな、人間関係でつまづいたり挫折したり失敗して
マジメに傷つく少年少女たちを描いた連作短編集。
軸になるのは、松葉杖をついた少女・恵美と病弱な由香を
中心にした姉世代の物語と。
恵美の弟・ブンちゃんとそのライバルで親友のモトくんを中心に
した弟世代の話。
小学校、中学校、高校、とそれぞれの教室で出会う「友だち」の物語。

えっと、物語は「きみ」の二人称で語られます。
この文体がなんだか自分には読みにくくて、最後までなじめませんでした。
連作短編なんだし、それぞれの主人公の一人称あるいは普通に三人称の
ほうが読みやすい。

最後に、「きみは」と語りかけていた語り手も登場しますが、この登場シーンが
蛇足感ありありで、なんだかなーという感じ。

なんとなく、テーマといい文体といい、中学受験の国語の問題に頻出しそう、
という印象。

あんまり好きな小説じゃなかった(だからってこんな投げやりなレビュー・・・)。

でも、この小説読んで感情移入しないですむ、ということは、自分の人間関係は
結構今は健やかな状態にあるな、ともちょっと思ったりした。
by tohko_h | 2009-07-05 23:37 | reading

ユニット誕生

・・・といってもジャニーズの話じゃございません(笑)。

宮崎県の東国原英夫知事が3日夜、大阪府の橋下徹知事と
大阪市内で約1時間半、会談し、次期衆院選に向けて
連携していくことを確認した。

会談後、2人は府庁で記者会見。
「首長連合」を結成する方針の橋下知事が、「東国原知事以上に国民の
支持を得ている知事はいないので、お力をお借りしたい」と
ラブコールを送ると、東国原知事は「全くOK。ただ、今は自民党さんに
オファーしているところ」と話し、自民党との協議を優先する考えを示した。

東国原知事は「首相になったら、橋下知事をどう処遇する」との質問に、
「僕が総理ならお手伝い願いたい」と述べ、“蜜月ぶり”をアピールした。
(読売新聞)


という記事なんだけど・・・

この写真だと、「M-1予選始まる」とかに見えなくもなく。知事の手関係には
ウルサイ私ですが、この手つきは「なんでやねん!」的古典的ツッコミ風。
(まあ、実際東国原知事は、たけしさんの弟子という芸人としての経歴も
華麗なわけだし・・・爆笑問題の薫陶を受けているであろう橋下知事とは
お笑いやってもうまくいっちゃいそうな)。
a0079948_10412739.jpg


久々に笑顔を見たような・・・うまくいえないけどこういう笑い方好きです。
「嗤う」でも「嘲う」でもなく、ホント笑ってる感じで思わずつられて朝から
私までにやけてしまう(笑)。
a0079948_10484023.jpg

by tohko_h | 2009-07-04 10:50 | HashimotoGovernment

旦那さんは心配症

ちょっと、まじめな話。

モテさんこと旦那氏は、年齢はふたつ上だけど、バイト時代から
どっぷり出版業界に居た人で、キャリアからいったら大先輩の人だ。

実際、私自身も、一緒の会社にいたときは、いろいろ教えて
もらってた後輩のひとり、である。

なので、会社の守秘義務に抵触しないケースだったり、
彼の知っている人と仕事をする、なんてときには、今も
仕事の相談をしている。
相談する気はなくても、普通に仕事の話をちょっとしただけで、
彼の方が相談されてると思って、いきなり長いアドバイスが
始まっちゃうことも(苦笑)。

と書くと、同業者で頼りになる相談相手の旦那さん? いいねえ、
となるかもしれませんが・・・

確かに、そこで、マンガやドラマの中の人みたいに
「君ならできるよ!」的な背中を押すような元気の出る言葉を
ポン、とアドバイスの最後に付け足してくれたりしたら、ホント
私は幸せ者だなあとうっとりしちゃうかもしれないけど。
そういう励ましみたいなのは絶対言わないんだよね、これが。

明日は大事な打合せだ、というと「君はこういう失敗をよくするから
気をつけなさい」と言いだすし。

なんかメールを送ると「内容はともかくセンテンスが長くて読みずらい。
他の仕事相手にもこういうメールなの? 心配です」と、半日
凹むような返事が返ってきたり。

実際に役立つアドバイスもたくさんあるし、教育的指導のたまものだ!と
後日心の中で手を合わせるようなことも多いんだけど。

たまには褒めてほしいというか「こういうところは得意なんだから、うまく
いかしたら?」的なポジティブなひとことを言われてみたいな~とふと思う。
時々でもいいから。

前に、家の事関連でも似たことを思ったことがあって。
「あなたは私の欠点やできてないことばかり言って、できていること、
得意なことについては何も言わないね」とキレ気味に訴えたことがある。

すると彼は普通に「できていることは、ちゃんとしてるだから何も
言わなくてもいいわけでしょう? 問題があるところはなんとか
してほしいから言うわけで」と当たり前のことのように言っていた。

正論なんだけど、別に私褒められて伸びる子、とかおこがましいこと言うつもり
ないけど、自分に自信がないからこそ、なんか、そういう感じが続くと
いいところがないから、改善すべき点ばかり次々言われちゃうのかなーと
ちょっと複雑な気持ちになるのです。悲しいとかヤダとかじゃないけど、
自分を肯定!みたいな健全な人に対峙する場合は、そういうのって
弱味になりやすいっていうか、なんかねー悩むよねー。

で、彼本人はすごーく自信家(笑)。
木村拓哉と同居してるつもりで、それはそれで平気なんだけど。
嫁にも自信をシェアできないものかしら、とちょっと言いたい(笑)。

でもたぶん、ほめ上手な人が私の相手だったら、何を言われても
「またかい!」みたいに、結構冷めちゃうかもしれない。
こういう「普段はなにかというと叱られている」相手から、数か月に
1度でも「いいじゃん」と言われるとそれはそれで嬉しかったり。
by tohko_h | 2009-07-03 17:15 | drops of my days

a0079948_13595465.jpg
「サムシングブルー」
飛鳥井千砂
4つの「サムシング」を身に
つけて嫁ぐ花嫁は、幸せに
なるといわれている…そんな
おまじない、サムシングフォー。
サムシングオールド(古いもの)
サムシングニュー(新しいもの)
サムシングボロウ(借りたもの)、
そしてサムシングブルー、
青いものを、ひとつ。


そんなロマンティックなタイトルと言い、作家さんの美しいペンネームといい
てっきり甘いラブロマンス的な小説だと思って手にしたらビックリすることだろう。
いきなり28歳ヒロイン・梨香の失恋シーンから物語は始まるんだから。
イラストレーターの恋人が描いた時計の絵(実際の壁掛け時計のとなりに
飾っていた)とか、ちょっとした言葉の行き違いとか、決定打はないけど
ダメになっていく描写がすごくリアル。ドラマに出てくるような派手な恋愛じゃ
なくて、毎日電車に乗って会社に行って時々は友達と飲んだり買い物して、
みたいな普通のどこにでもいるような女性が普通に恋をして失恋したんだな、と
導入部からすっかり感情移入させられてしまう。

そんな梨香のポストに届いた結婚式の招待状。失恋直後っていうタイミングで、
しかも、高校時代大好きだった彼氏と、同じく高校時代の多くの時間を共に
すごした親友の結婚式だというので、更に落ち込みは深くなる…私と別れて
いつから、彼女と??
しかも「皆でお祝いしよう」と、新郎新婦のために、高校時代一緒に
運動会の実行委員をつとめた仲間たちが集結することに…

話はシンプル。
※失恋した女の子が、元彼の結婚式に動揺する。
※昔の仲間と会う機会が増え、高校時代のことをあれこれ思い出す
(回想シーンも丁寧に描かれている。実行委員として一緒に活躍した
仲間たちも結構な人数いるんだけどちゃんと描き分けられていて、
作者の達者ぶりが感じられます。マンガなら6人の男女を描き
分けるのはまあ絵柄でなんとかなるかもだけど、文章でそれって
難しいものです)
※結婚式の日が近づいてくる・・・

そんな日常の心の揺れや小さなエピソードの積み重ねが自然で、
私だってこんなことあったらこういう行動しちゃうに違いない、とか
自分もこんなこと言われたらやっぱりこんな風に落ち込むだろうな、とか、
押し付けがましい話じゃないのに、すごく納得させる力のある小説でした。

読後感も爽やか。恋愛とか仕事とかその他もろもろを普通に頑張る
普通の女性がヒロインでこんなに面白い小説になるんだ!と目から
ウロコ的な(初めてなんとなく読んでみた作家さんだったし)1冊でした。

で、私の一番尊敬している&信頼している書評家さんがこの本に
ついて描いた文章が、こちら。

藤田香織さんのレビュー
by tohko_h | 2009-07-03 14:01 | reading

心変わりを責めないで

3週間前に、髪を切った。
それまでは毎日長い髪をひとつにくくって、シュシュだのゴムだのが
手放せなかったのが、肩の上までカットしたのですっきりしました。

が、ボブにしたのと一緒に、パーマを軽くかけたら・・・

毎朝、寝癖に苦しむ日々が始まりました。
外に微妙にハネちゃうし、朝シャン自然乾燥だと昔のソバージュっぽく
なっちゃうし。
手持ちの服のうち結構似合わないもの(柄モノブラウスなどなど)が
増えて・・・

ちゃんと技術がある人だったら毎朝可愛くふんわりとさせられる
はずだけど、自分、不器用ですから・・・!

というわけで、明後日またヘアサロンに行ってストパをかけます。
いよいよホントに宮崎あおい風ボブになってしまう予定(内巻きにする
長さの余裕がないから難しい感じだけど)。

てことで、あっけなく20日ちょいでストレート復活です。
by tohko_h | 2009-07-03 12:00 | drops of my days

こっそり秋田美人

Yahoo!縁結び - ウラ県民性診断 性格から見たウラ県民性は……秋田県タイプ


ウラ県民性診断

秋田といえば美人の産地で有名ですが…ウラだと関係ないしねー
ちっ。
それにしてもこの性格、地味な感じで面白くない!
でも「お酒はいけるクチ」は否定できない・・・

でも、初対面の人には、結構関西出身だと思われがちです。
標準語でしゃべってるのに・・・なんでだろうね??
あと、高校時代、モテない私を心配していた男友達のひとりに
「お前は関西の大学に行け! たぶん箱根こえたほうがモテる」と
言われたこともあります。関西受けする何かがあるのかな。
・・・今だと、そう思われるのが光栄です(笑)。
by tohko_h | 2009-07-02 17:29 | drops of my days

秋葉原でふくふく。

先日、秋葉原で打ち合わせをしてきました(おお、マンガ編集者らしい
書きだしだ(笑)!)。
打ち合わせ前にお昼食べておこう、というわけで、丸福珈琲店
秋葉原カフェに行きました。
a0079948_9424695.jpg


ヨドバシカメラの4F奥、という微妙なロケーションですが、割と落ち着ける。
照明も少し落とし気味だし。
で、名物であり、小林カツ代さんも大好きだというホットケーキを
食べました。メープルシロップとはちみつが選べますが私は
王道メープルで。
a0079948_9425752.jpg


子供のころ、喫茶店とか不二家とか外で食べるホットケーキは分厚いのに
うちのは、生地が広がるままに薄くて、クレープとホットケーキの中間くらいで、
ちょっと物足りないなーと思いつつ食べてた(風味は文句なくおいしかったけど)。
あのころの私がこれ見たら興奮するだろうな、と思いつつ冷静に切って
食べてみたら…味は、子供のころに食べた「ホットケーキ」にすごく似ていた。
素朴であとをひかないさらっとした甘さと柔らかさ。

というわけで、お店に入る前にヨドバシ店内のブランド売り場でちらっと見た
ミュウミュウのお財布のことは忘れて、打ち合わせに頭を切り替えつつ
美味しくいただきました。
by tohko_h | 2009-07-02 17:22 | eating&drinking

2大殺し文句

2009年後半戦に突入。
そして、夏のセール開幕!

本日はおなじみ池袋でも、わくわく新宿伊勢丹でも、
シックな丸ビルエリアでもなく、なぜか渋谷へ。
ちょっと最近お気に入りのショップがあるのでつい。

そこで雨の季節だし、軽いしということで合革のバッグを見てました
(普段使いにはリアルな革より便利だよね)。
※ちなみに子どものころ、親が気合入れて牛革の高いランドセルを
買ってくれたけど、クラリーノのほうが軽いし劣化しないしキレイなの。
で、妹のときはそれにしてもらってて、羨ましかったり…

ちょっといいなーと思って見ていると、店員さんが寄ってきてひとこと!

「それ、A4余裕(で入るサイズ)ですよ!」

うう、それは殺し文句。
ちょっとしたプリント(クリアファイルにはさんだものとか)とか雑誌が
入るので、仕事バッグとしては、その大きさであってほしいの。

あるいはちょっとマチのあるタイプのバッグ見てると

「これ、1泊旅行くらいならいけちゃいますよ」

それも、グッときます。旅行は実際に行く予定なくても
それくらい入る、といわれると安心するものね。

というわけで、殺し文句にコロっとやられて、
ミニボストンとざっくりトートをお買い上げ!

おしゃれなクラッチとか小さなハンドバッグとは無縁な私です
(ああいうバッグって運転手とか荷物持つ使用人がいないと無理だよね。
口紅と携帯とハンカチしか入らないような。叶姉妹とかならメンズが
荷物持ってくれるから大丈夫っぽい(笑))。

ついでに「白似合いますね」と言われて久々に白いブラウスまで、購入。
今年はなんか馬鹿みたいにデニムとかブルー系のスカートを多く
買ってるので、白×ブルーの爽やかコーディネイトにチャレンジしよっと。

・・・以上の戦利品を手に帰宅。
家の玄関を開けた瞬間、旦那氏が帰宅していたことが分かったので
(居間のあかりがついていた)玄関脇の自室に荷物をそのまま放り込んで、
さも残業してました、風に居間に続く扉をあけました(笑)。
by tohko_h | 2009-07-01 23:32 | shopping