人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

通販番組(外国人が紹介する派手系)でおなじみのマジックブレット。
a0079948_13474458.jpg


「みじん切り」「おろし」 「混ぜる」「砕く」「挽く」「ホイップ」など、食材を
細かくする系の作業はおまかせの賢いツール!

例えば…大根おろしって、つかれるよね! 肩コリの原因のひとつかもしれないと
思いませんか? そこの奥様、お嬢さん(みのもんたが憑依しちゃったよ…)!
そんなとき、適当にカットした大根をマジックブレットに入れてガーっとやれば
あっというまにできあがり。私は、最近、大根おろしとごまだれでお肉と豆腐の
冷やしゃぶをひとりでちまっと食べることが多いです。ヘルシーっぽいでしょ
意外と。

もちろん豆腐つながりで、豆腐をがーっとやってしまえば、それは素敵な
白和えとかにもなるし!

あるいは「おっと、パン粉を買い忘れてるけどフライが食べたいぞ!」って時。
棚に古いパンが残ってたりしたら、適当にちぎってこちらにINしてガーッ!
ついでにパセリとか入れとくとプロっぽい揚げ物になるよ(笑)。

カレーのときは玉ねぎなど野菜類をガーっとこれで細かくして圧力鍋使えば
時間をかけずできあがっちゃうし。


それより何より、モデルさんや美人タレントさん気取りで(笑)「朝はフレッシュな
フルーツをジュースにしていただいてるの」という生活が、庶民な私にも送れる
のです。

凍らせたバナナの輪切りとヨーグルトでスムージー風、とか。
ちょっと熟れすぎた桃をそのままガーっとジュースにしたりとか。
グレープフルーツは果肉を包む白い薄皮(ここが体にいいらしい)ごと
どろっとしたジュースにして飲めるし!←グレープフルーツのジュースは
物凄くお通じにもいいのです。最近、絶好腸なんです、朝(笑)。

というわけで、我が家では毎日マジックブレットフル稼働中です。

その隣には、すっかり最近おとなしい精米機が鎮座されてます・・・(勿論
お米は食べてるんだけどやはり忙しいとつい精米済みのものを買ってしまうの)。
by tohko_h | 2011-06-21 13:46 | favorites

「菜種晴れ」山本一力

a0079948_22401525.jpg
「菜種晴れ」 山本一力
最近、書店をうろついてハシゴまでしても、
読みたい本が無くて手ぶらで帰宅することが
割と多くて寂しい。そこで「読んだことの
ないジャンルの本に手を出し読書の守備範囲、
拡大してはどうだろうか」と、今まで殆ど
読んでこなかった(「澪つくし料理帖」除く)
時代小説を何か…と手にとった1冊です。


千葉の菜種農家の娘が、江戸の大きな油問屋の跡取りとして幼女に出されて
からの人生を描いた女性の一代記もの。
ヒロインの二三(ふみ)は、賢くてしつけの行き届いた素直でまっすぐな
少女でありながら、日舞の先生や店の者たちに特別な存在だと思わせる
何かを持ったカリスマ性のある少女。途中までは、彼女が恵まれた環境の
中で伸びやかに育っていく様子を江戸の街の姿を背景に生き生きと描いた
感じのお話になっています。ところが、油問屋を襲ったつらい運命が
彼女に襲い掛かり、苦難とのおいかけっこのような日々が始まるのだった…

前半のヒロインが若木のように健やかに育っていく様子とそれを見守る
周囲の大人たちの愛情の注ぎ方は読んでいてなんだか元気がでる明るいトーン。
後半、いきなり運命が転げ落ちてからの展開のどんよりっぷりとのギャップが
すごいです。そこを乗り越える力強い姿こそ作者が描きたかったところなの
かもしれませんが、その…今の言葉で言うと「あ、不幸が来る」という悲劇フラグが
分かりやすくて「またヒロインが…ううう」と、つらい出来事が起こる前から
読んでいるほうはすでにつらくなっているという感じです。でもつらくなりつつも
最後まで一気に読んでしまったのでした。

そしてこの物語の第2の主人公は天ぷら。
ヒロインは、千葉の実家で幼児のころから母直伝で天ぷらの揚げ方を習って
いたという達人でもあり、江戸の大店の幼女になった後もその腕前を披露し
養父母を助けたりします。このてんぷらを揚げるシーンが、ものすごく、
おいしそうなのです…食べていておなかのへる1冊だったのは間違いありません。
by tohko_h | 2011-06-20 22:38 | reading

a0079948_17393581.jpg
「ファミリーポートレイト」 桜庭一樹
ママの名前は、マコ。誰よりも美しくて
旅先では直ぐに男の人に抱かれてしまう。
娘の私は、コマコ。つまらないちっぽけな
それでもママの人生には不可欠な…
パズルのピースみたいな女の子。ふたりは
何かから逃げるように旅を続ける…。
桜庭作品で、父と娘を描いた問題作「私の男」
と対になるのがこのお話ではないだろうか。


こちらは、母と娘が主題になっている。砂漠の中の皆が養豚業を営む街とか
老人しかいない雪の中の村とか、どこか幻想的な世界のなかを
母娘がさまようのが第1部である。

それにたいして、娘のコマコが物語の中心に躍り出る第2部では、東京の具体的な
地名が出てきて、いきなり舞台はせまくなり、物語は生々しくなる。
幻想から現実へ。
夢のような世界からリアルな東京へ。
母から娘へ。
章とともにリレーされるあれこれの落差に戸惑っていると、あっけなくそっけなく、
物語にはピリオドが打たれていて「あれっ?」っていきなり終わった印象。

確かに人生はどこで区切れるものでもなく、流れる水のように続き、いきなり
どこかで断ち切られるものではあるけれど。そのばっさりぶりにびっくり。
1000ページの長い物語の結論ってことで、何かものすごく意義深いものが
出てくるのかと思って身構えて読んだら、ふっと終わった感じ。なので、濃厚な
長編を読んだときの「1冊まるごと飲み込みました!」という満腹感の代わりに
「私、何やってたのかな」と夢から覚めてぼんやりするような変な読後感でした。

このヘンな脱力感、15歳の時に「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
(村上春樹)を読み終えた直後と似ています。あまりにも遠い世界に連れていかれた
せいで、脳内時差ボケにやられちゃったのかもしれません。作家の力ってすごいな。

とか書いてると、絶賛してるみたいですが、実はさほど好きなタイプの本じゃなくて。
幻想的な不思議な世界で自由でさびしい人たちが演じている芝居を見せられてる
みたいなちょっと遠くで進んでいくお話…でもその遠さにものの見事に引きずられて
疲れるまで読まされたので、物語としてはすごいできばえの1冊なんだと思う。
by tohko_h | 2011-06-19 17:38 | reading

a0079948_9403914.jpg


これ、使ったらこの模様が消えると思うと悲しくてなかなか
おろせそうにないシャドウ…でも奇麗に重ねるとパールっていっても
ギラギラしないし本当に上品! シャネルスーツのボタンがモチーフだ
そうです。
a0079948_9405438.jpg


このままの色だとおてもやんチークだけど、キレイにふわっと載せると
乙女語でいうところの「バラ色のほほ」いっちょあがり。
a0079948_9411468.jpg


更にゴールドのフェイスパウダーなんてどうするんだ。と言われそうですが
バラ色チークの上に重ねると美肌効果あり。明るく透明感のある肌美人ぽい人に
なれます(笑)。
a0079948_9412662.jpg


シャドウをひとつ買いにいったはずがなぜこうなるのだ私よ。
by tohko_h | 2011-06-18 09:41 | shopping

最近、直属の上司とモテさん、という、公私それぞれに於いて
いないと困る人たちから立て続けに
「人の言うことを真に受け過ぎ。ある程度取捨選択して聞き流したり
スルーしたりすることを覚えないと」みたいなことを言われた。

確かに最近の自分の弱点はそこだなーと思う。
指摘されて腑に落ちたというか「なるほど!」と思った(これは
真に受けてもいいことだと思った(笑))。

小学校の時、ドッヂボールがヘタで、うまい子がうらやましかった。
ボールのほうを正面向いて、胸の前でガっとボールをキャッチする
その堂々とした戦いぶり、すごい!と思いながら、キャーキャー
逃げ回っているタイプだった。

今こそ、そういう、適当に逃げるときは逃げる的な感覚が私には必要だ。
今の自分はヘタクソなのに正面でボールを受けようとして顔でキャッチ
してるみたいなまぬけさ満載なところがあるので。
by tohko_h | 2011-06-17 16:29 | drops of my days

乳がん検査をしました。

左乳がちょっと痛かったし、そろそろ1年以上経つので検診へ。

私が行ってるところはその場ですぐに結果を教えてくれるので…
大丈夫だったようです。
意味無く痛いときって、コーヒーのカフェインが関係あるとかで
コーヒーを控えるといいよって言われましたが、私は珈琲派だし
毎朝会社でコーヒー飲んでメールチェック→お昼の後にコーヒー→
残業のときもコーヒー、という感じで日常にコーヒーを食いこませて
いるので、なんとも難しいところ。

フレーバーティーでも冷やしてみるかな。

しかし大体どこでも都内だと1万円ちょっと取られるんだよね。
なんとかこれを6000円とか、飲み会我慢すれば行けるくらいの
お値段にしてもらえないものだろうか。30代の女性の死因として
ものすごく多いと言われている乳がん。全員が検査をすべき、と
いう現実に対して、高いよねー。もちろん特殊な装置も必要だし
誰でもするものじゃないからニーズの数からいってそれくらいの
コストが妥当なのかもしれないけど。というわけで、ワンピースを
買ったつもり、で、34歳のあたりから検査しています。
by tohko_h | 2011-06-16 18:04 | drops of my days

目標・クールな顔。

クリスタライジングトニック@AYURA
汗やべたつき、それによる毛穴の開きを引き締めて肌を整える化粧水。
お風呂上りにシューってするとすっきりするし、化粧の上からでもシューって
できるので、この夏、節電による暑い東京を生きるためにはなかなか便利そう。
眠い時は洗顔後にシュってすると目が覚めます。
ボトルのイメージを疑わないしゅわしゅわ感。
a0079948_9394296.jpg

by tohko_h | 2011-06-15 09:40 | favorites

よつ葉は幸せの証。

a0079948_94263.jpg

池袋西武地下のソフトクリーム屋さんは、現在、北海道のよつば乳業(学生時代
給食がそれでした)のお店だったりします。
塩キャラメルパフェを満喫。

この濃さが北海道なんだよね~。
近所のスーパーのソフトクリームすら濃厚だった記憶がよみがえりました。
by tohko_h | 2011-06-14 09:42 | eating&drinking

同級生交歓的銀座ナイト

うりぴーさんと久しぶりに会ってきました。
おフランス帰りなので(楽しい旅の様子は彼女のブログで!)、フレンチもなー、
でも彼女も私もワイン好きだしなー、ということで、ワインの豊富なスペインバル
マルコナ@銀座に行ってきました。

こちらのお店、以前最初に行ったきっかけは「新橋のあるお店が20時からしか予約
できなかったので、その前に1軒軽くどこか行きたいね」と、ぐるなびクーポンの
生ハム半額サービスにつられて行ったらハマったという…

新橋に限りなく近い銀座、ですね。久しぶりに来ました!

この日は、ワイン4種飲み比べセットでお店にワインのセレクトを任せて
(何かボトルを頼むよりグラスでいろいろ出会えた方が楽しいし!)
凄く爽やかで香りだけが甘い(味はあくまでもすっきり系)ロゼから
スタート!でした。

イワシのマリネ。青魚って好き嫌いが分かれるのか、「遠慮して頼めない」と
言う人もいますが、私はむしろ頼んでくれてありがとう派。しめサバとかも
大好きな方だし…こうしてワインに合うところも素敵です。
a0079948_9281683.jpg


生ハム盛り合わせ。この日はカウンター席だったので、目の前に
生ハムの大きな脚がドーンとおかれていて、それを眺めながら食べると
いっそうフレッシュさと味わい深さを体感できてほれぼれ。
a0079948_9283042.jpg


スペインバルで必ず頼むオイルのなかでニンニクと具材がぐつぐつ…の
アヒージョ。いつも大抵、エビかマッシュルームか悩むんだけどここでは
ミックスも用意されていて嬉しかった!
a0079948_9284510.jpg


そしてポテトサラダ。なぜかここのポテトサラダってハマる味。何か特別な
マヨネーズ使ってるのかなあ、それともビネガーの効かせ方が絶妙だから?
a0079948_9285844.jpg


シメは雑炊風にしました。こちらのお店、パエリアもおいしくて、毎回最後の
お米料理どっちにしたらいいか凄く悩むんですよねー。次回はパエリアか(笑)。
a0079948_929108.jpg


うりぴーさんと私は正真正銘の同学年。
団塊ジュニアと呼ばれ、人数が多いことで知られる(スターといえばイチロー!
ジャニーズだと稲垣吾郎ちゃんが同学年←同学年だからちゃんづけいいよね(笑))。
スポーツもしててワインの知識も豊富で…と私の知らない世界をいっぱい知ってる
うりぴーさんの話はいつまでもぼへーって聞いてたくなるくらい面白いんです。
でも「これ知ってるの!」ってひけらかす感じとは真逆で、本当に楽しいんだよ、
スキなんだよ、風に話をしてくれるので…お人柄で話の面白さも倍率ドン!
なので、本当にいつ会っても楽しいんです。

そんな私たちの愛するものは、ワインにおいしいものに…伊勢丹。そして大丸の
酒とワインのフェスティバル(笑)。この日は、大丸のフェスティバルネタでかなり
盛りあがり、お互い、お店の配置を既に暗記していることに話していて気づき
そのリピーターっぷりをたたえ合いました(笑)。

というわけで、よかったらまた遊んでください!!!
by tohko_h | 2011-06-13 09:29 | eating&drinking

14500⇒11500

a0079948_9385933.jpg

3000円オフ。池袋西武の靴売り場で地味にパンプス割引始まってた。
爽やかなベージュのサンダルとか欲しかったのにゴツい靴につい手出しを…
でもこれにバレリーナ風のビリティスのチュチュスカート履いたら大人のコスプレが
楽しめる気がするの(笑)。
by tohko_h | 2011-06-12 09:38 | shopping